FC2ブログ

記事一覧

Netflix映画『ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと』8月3日世界独占配信決定! 赤楚衛二がゾンビパンデミックで大喜び!? ティザーアート解禁

【ニュース】
主演 赤楚衛二×石田雄介監督 Netflix映画『ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~』が2023年8月3日(木)に世界独占配信が決定した。
Netflixシリーズ「今際の国のアリス」の麻生羽呂原作、高田康太郎作画で月刊サンデーGX(小学館)にて好評連載中の「ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~」がNetflix映画として実写化! 「今、私たちの学校は...」、『アーミー・オブ・ザ・デッド』など数々のゾンビヒット作品を送り出してきたNetflixが次に世に送り出すのは、笑いとスリルが交差する新感覚ゾンビ映画だ。


ブラック企業に勤める天道輝(アキラ)は連日の徹夜、上司のパワハラ、理不尽な仕事に憔悴し、「死んでいるように生きる」日々を過ごしていた。ある朝、街はゾンビで溢れ、見慣れた景色はすっかり荒廃していた。それを目にしたアキラから出たのは「もう、今日から会社に行かなくてもいいんじゃね!?」という歓喜の叫びだった。それから彼は持ち前のポジティブさを発揮し、「部屋の大掃除をする」、「べランピングをする」など、「ゾンビになるまでにしたい100のこと」をリスト化し、ひとつずつ実現していく。誰もが持っている「やろうと思えばいつでもできるから、いつかやろう」と先延ばしにしているようなささやかな夢や目標を、ゾンビからの攻撃をかわしながら叶えていくアキラ。絶体絶命の状況の中で人生を謳歌する彼はやがて、仲間と共に更に大きな夢を求めて旅立つ。



街中にゾンビが溢れるという絶望的な状況を、「もう会社に行かなくていい!」という逆転の発想でポジティブに生き生きとサバイブする主人公のアキラを、注目の若手俳優・赤楚衛二が演じ、追加キャストとして白石麻衣、栁俊太郎、北村一輝などが出演することが解禁されると早くも各国のゾンビファンから注目を集めた。

待望のティザーアートと本作の配信日が解禁!!
解禁となったティザーアートは、赤楚衛二演じるアキラが、大量のゾンビをバックに歓喜の叫びを全身で表現する姿。ブラック企業に勤めるアキラは、連日の徹夜、上司のパワハラ、理不尽な仕事に憔悴し、「死んでいるように生きる」日々を過ごしていたが、ゾンビで溢れた街を目にしたアキラから出たのは「もう、今日から会社に行かなくてもいいんじゃね!?」という喜びの声だった。そんな彼の気持をカラフルでポップに表したティザーアートとなっている。


さらに、本作の配信日も8月3日(木)に決定!ストレスフルな現代社会を生きる人々に贈る爽快ゾンビコメディ、Netflix映画『ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~』に期待が高まるばかりだ。


原作:麻生羽呂・高田康太郎「ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~」(小学館「サンデーG Xコミックス」刊)
出演:赤楚衛二、白石麻衣、栁俊太郎、市川由衣、川﨑麻世、早見あかり、筧美和子、中田クルミ、ドロンズ石本、中村無何有、谷口翔太、佐戸井けん太、北村一輝
監督:石田雄介
脚本:三嶋龍朗
音楽:出羽良彰 
音楽プロデューサー:千田耕平
撮影監督:河津太郎 美術:江口亮太 
アクション監督:下村勇二 録音:田辺正晴
サウンドデザイン:石坂紘行 編集:臼杵恵理 撮影:田中悟 GAFFER:櫻井えみ 装飾統括:髙出裕介 装飾:高橋光 岩井健志 スクリプター:小林加苗 VFXスーパーバイザー:Jeffrey Dillinger VFXプロデューサー:髙玉亮 赤羽智史 スタイリスト:纐纈春樹 ヘアメイクディレクション:須田理恵 特殊メイクディレクター:梅沢壮一 テクニカルディレクター:石田記理 助監督:吉川祐太 制作担当:大熊敏之
製作:NETFLIX エグゼクティブ・プロデューサー:高橋信一(Netflix) プロデューサー:森井輝 ラインプロデューサー:中島勇樹
制作協力:Plus One Entertainment 企画・制作プロダクション:ROBOT
©麻生羽呂・高田康太郎・小学館/ROBOT 2023年8月3日(木)Netflixにて世界独占配信開始
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ