FC2ブログ

記事一覧

『カメラ、はじめてもいいですか?』手島実優・村山優香・中村守里・根矢涼香がミトのカメラ仲間役に決定!ドラマオリジナルキャラクターも登場

【ニュース】
個性豊かなレギュラーキャストを一挙解禁! ミトの家の隣に住むカメラマン・綿矢チサトを演じるのは、女優・手島実優。手島は近年では、映画「猫は逃げた」(2022 年)で浮気相手役を熱演し大きな話題となったほか、監督を安川有果が、脚本を城定秀夫が手掛けた映画「よだかの片思 い」(2022年)に出演するなど、ひときわ存在感のある演技で今注目を集めている若手女優。そんな手島が演じるチサトは、主人公・ミトにカメラの奥深さを教えたり、時には風邪をひいたミトを看病したりと、ミトのお姉さんのような存在でありミトの 憧れる存在。チサトを慕うミトと、ミトを妹のようにかわいがるチサトの掛け合いは必見!

ミトと同じ高校に通う、大のカメラ好きの高校生・音海モア役を演じるのは、女優・村山優香。人気特撮ドラマ「ウルトラマンデッカー」(2022年/テレビ東京)でヒロインを務めたほか、短編映画「お雛様のヘアカット」(2022年公開)でヒロイン役を演じ、ローマ国際映画祭で最優秀女優賞、ニューヨークムービーアワードおよびイギリス・ロンドンムービーアワードで女優部門 銀賞を受賞するなど、ネクストブレイク必至の若手女優。村山演じるモアは、カメラを語りだすと止まらなくなってしまうほど のカメラ好きで、学校でカメラを持ち歩くミトに話しかけたことがきっかけで、ミトのカメラ友だちに。常に明るく元気に振舞うモア 役を熱演する村山に期待が高まる。

同じくミトの同級生で、モアのカメラ友だちの高校生・毒島(ぶすじま)リン子役を演じるのは、女優・中村守里。中村は、本作のメイン監督・上村奈帆が手掛けた映画「書くが、まま」(2019年公開)の主演を務め、新進気鋭の若手監督とアーティストが集まる映画祭「MOOSIC LAB 2018」にて、当時15歳と本映画祭最年少の主演でありながら最優秀女優賞を受賞し大きな反響を呼んだ。2023年9月公開予定の「まなみ100%」にて主演を演じることが決定しており、現在話題沸騰中の若手女優。そんな中村が演じるリン子は、モアとは打って変わって落ち着いた雰囲気を持つものの、モアに負けないほどのカメラ愛を持っている少女。ミト・モア・リン子の高校生3人組のフレッシュな掛け合いは見逃せない。

そして、ミトたちが住む町のカメラ店「ヤエガシカメラ」の店員・八重樫(やえがし)ナギ役を演じるのは、女優・根矢涼香。 根矢も中村と同じく、本作のメイン監督・上村奈帆の手掛けた青春ドラマ「根矢涼香、監督になる」(2020年公開)で主演を務め、公式Twitterで全話公開された際には累計10万回以上再生され世間で大きな話題を集めるなど、迫真の演技で観る人を惹きつける演技派女優。そんな根矢が演じるナギは、店に遊びに来るミト・モア・リン子に世界各地のお茶を振舞ったり、初心者のミトにカメラのことを優しく教えたりと、高校生たちのお姉さんのような存在であり、自身もカメラ歴8年の生粋のカメラ通。まさにハマリ役といえる根矢の演技にも注目だ。



綿矢チサト役/手島実優コメント
綿矢チサトを演じました、手島実優です。
 全くのカメラ未経験者である自分を、ファインダーの先の世界へ、出演者の皆さんやスタッフの皆さんに連れて行っていただきました。
いつでもあたたかい現場で、のびのびとお芝居ができました。カメラは、その人がどんなまなざしで世界を見つめているかが写真に残る、素晴らしいツールだと知りました。
カメラを通して、今までよりもっと世界が明るく、優しくなっていく、すてきな女の子たちの物語です。是非お楽しみください!


音海モア役/村山優香コメント
出演が決まった時は、とても人気な作品でその実写という事で、いかに音海モアになりきれるかが少し不安でした。でも、私自身写真を撮る事が好きだったのでとても嬉しかったです。役作りで髪の毛を明るくするのもワクワクでした。実際に現場に入り、モアちゃんを演じるにあたって、セリフに専門用語が沢山あったり、ハイテンションぶりにクランクアップまで慣れなかったです笑
でも、自分の好きな事にここまで熱中できるのはとても素敵だなと尊敬しながら演じていました。それぞれ個性的なキャラクターが揃っていて、クスッと笑ってしまうような作品になっているところかなと思います。そして、カメラ好きな方にすごく共感していただけたら嬉しいです。また、カメラに興味が無い方にもカメラ始めてみようと思っていただけると、更に嬉しいです。
全12話是非ご期待ください! 宜しくお願い致します。


毒島リン子役/中村守里コメント
出演が決まった時は、上村監督にまたお会い出来ると思うと嬉しくてたまらなかったです。現場でも沢山の再会があり、テンションが上がりました。ちょっぴり二面性を持つリン子は、演じていてだんだんそのキャラクターに引きづられて行ってしまう程突き抜けたものを持つ子で した。リン子のおかげで自由に動き回ることができ自分でもとても面白かったです。また、カメラが私にとって気になる存在になっていきました。カメラで一瞬を収めることの魅力。そんなことを感じながらキャストの 皆さんと短くて濃い青春を送った気分です。
ご覧になる皆さんも是非ご一緒に楽しんで観ていただけたら嬉しく思います。


八重樫ナギ役/根矢涼香コメント
このドラマは、好きなことに一歩踏み出す時のワクワクや不安に寄り添ってくれる物語だと思います。キャラクターそれぞれの写真に対する向き合い方も、あぁわかるなあって、沢山共感していました。私も8年近くフィルムで写真を撮っているのですが、この作品を通してカメラへの愛がより深まったように感じます。自分の日常を愛おしむ行為だなあと。私がいただいた八重樫ナギという役は、カメラ屋さんの店員としての知識もあって、皆の相談役として周囲をよく見ている人。カメラについて改めて学んだり、隣にいる人の背中を押すような話し方をして演じるように心掛けました。「カメラ、はじめてもいい ですか?」に関わることが出来て、本当に幸せでした。
ありがとうございました。


演技派俳優陣がドラマオリジナルキャラクターとして出演決定
雑誌の編集長・藤野恭子(ふじの・きょうこ)役を、ドラマ「ドラゴン桜」(2021年/TBS)、「マイファミリー」(2022年/TBS)、 「ワカコ酒」シリーズ(BSテレ東)など、数々の大人気ドラマにレギュラー出演し、存在感のある演技をみせる女優・山田キヌヲが演じる。また、原作では語られていないミトの父親・池田聡(いけだ・さとし)役を、映画「とんかつDJアゲ太郎」(2020年 公開)や「ちひろさん」(2022年公開)などの人気映画に出演するほか、ドラマ「監察医 朝顔」(2019年/フジテレビ)にレギュラー出演するなど、数々の作品に出演し名バイプレーヤーとして知られる俳優・斉藤陽一郎が演じる。2人が物語にど のように関わっていくのか? 山田と斉藤の役どころにも期待が高まる。


藤野恭子役/山田キヌヲコメント
20年前、デビュー作でキョウコというカメラマンを演じました。当時はまだフィルムカメラが主流で、シャッターを押しフィルムを巻き上げるあの感触が好きでした。うまく撮れてますように...と願いながらジリリっと。藤野恭子役で出演が決まったと聞いた時にはご縁を感じずにはいられませんでした。人生は選択の連続。勇気を出してシャッターを切りフィルムに焼き付けた瞬間の積み重ねのようで、編集者として一人の人間としていかにあるべきか、恭子の生き方に私自身考えさせられる部分も多々ありました。カメラや写真が好きな方も、そうでない方も老いも若きも関係なく、全12話、楽しんでいただけたら幸いです。


池田聡役/斉藤陽一郎コメント
カメラを通して成長していくかわいい娘。そして、そんな娘を通して成長していく家族の物語に心が温かくなりました。ご存知 の通り人生は選択の連続です。それは世界を切り取る瞬間に押すシャッターにも似ています。時に厳しい現実を見せられる時 もありますが、いつかきっと自分が見たい景色に出会えるのだと思います。主人公のミトは勿論、私たち家族の成長も楽しんで いただけたらうれしいです。ちょっぴりウザいお父さんを演じるにあたり、あまりにも違和感なく自然に現場に入れたのは、ココだけの話です。



【出演】田牧そら 手島実優 村山優香 中村守里 根矢涼香/山田キヌヲ 斉藤陽一郎
【原作】原作:『カメラ、はじめてもいいですか?』(しろ/少年画報社 月刊ヤングキングアワーズ連載中) 【脚本】 上村奈帆
【監督】上村奈帆、山嵜晋平、ウエダアツシ、山城達郎
【プロデューサー】重富浩二(BS松竹東急)、佐藤友彦(BBB)、小美野昌史(LONDO BELL) 
【製作著作】BS松竹東急
【制作】 BBB
【制作協力】LONDO BELL
©BS松竹東急
2023年7月3日(月)スタート 毎週夜10時30分放送(全12話)
BS松竹東急(BS260ch/全国無料放送)
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ