FC2ブログ

記事一覧

ウェス・アンダーソン監督『アステロイド・シティ』US先行公開で『ラ・ラ・ランド』以来の興収平均最高記録

【ニュース】
『アステロイド・シティ』US先行公開で『ラ・ラ・ランド』以来の興収平均最高録、ウェス・アンダーソン監督作品史上第2位となる、3日間で1劇場あたり13.2万ドル(およそ1,872万円:1ドル=141円換算)の大記録を取得した。
 
アメリカでの予告編公開直後に国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks」でトレンド1位を獲得し、すでに日本でも注目が集まっている本作。監督は、『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)でアカデミー賞(R)4部門を受賞し、『犬ヶ島』(18)でベルリン国際映画祭銀熊賞受賞。その独特な世界観で観客を魅了しつづける天才監督、ウェス・アンダーソン。原案はウェス監督と盟友ロマン・コッポラの共作。脚本はウェス監督が単独で務め、彼特有の世界観に満ちたファン必見の一作となっている。


キャストには、ウェス監督作品ではおなじみの、ジェイソン・シュワルツマン、エドワード・ノートン、ティルダ・スウィントン、エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォーらに加え、スカーレット・ヨハンソン、トム・ハンクス、マーゴット・ロビー、マヤ・ホーク、スティーヴ・カレルなど豪華キャストたちが共演する。
 


第76回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品、6分間のスタンディング・オベーションを浴びて注目を集めた本作が獲得した3日間の1劇場当たり平均13.2万ドルという数字は、ウェス監督作品では、2014年に『グランド・ブダペスト・ホテル』での史上最高記録20.2万ドルに次ぐ記録。劇場公開された作品全体で見ても、2016年の『ラ・ラ・ランド』以来の最高記録となった。
 
先行公開にあたって、SNSでは本作への熱い感想が続々と到着。「ウェス・アンダーソンの魔法を「アステロイド・シティ」で目の当たりにした。ただの娯楽ではなく、映画の傑作だ!」「『グランド・ブダペスト・ホテル』以来のウェス・アンダーソンの最高傑作は間違いなく『アステロイド・シティ』だ」「『アステロイド・シティ』は面白くて、知的で、洗練されていて、信じられないほどスタイリッシュな映画であるだけでなく、彼の最高傑作の1つでもある」といった声が溢れている。
 

監督・脚本:ウェス・アンダーソン(『グランド・ブダペスト・ホテル』『犬ヶ島』『ムーンライズ・キングダム』)
配給: パルコ ユニバーサル映画
2023年9月1日(金)日本公開予定
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ