FC2ブログ

記事一覧

映画『ふたりのマエストロ』8月18日公開 日本版予告編、ポスタービジュアルを6月21日、世界音楽の日に解禁

【ニュース】
最悪の間違いによって互いの心と向き合うことになった父と息子の物語を描いた『MAESTRO(S)』が、邦題『ふたりのマエストロ』として8/18(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開が決定致した。「世界音楽の日」の6月21日に日本版予告編とポスタービジュアルを解禁

ぶつかり合いながら道を模索するふたりは、渾身のタクトで自らの音楽を再び輝かせる!
父も息子も、パリの華やかなクラシック界で活躍する指揮者の親子。父・フランソワは、輝かしいキャリアを誇る大ベテラン。息子のドニは指揮者として才能を発揮し、今や飛ぶ鳥を落とす勢い。ある日、父へ一本の電話が。それは夢にまで見た世界最高峰 ミラノ・スカラ座の音楽監督就任の依頼だった。しかし、ドニは父の偉業を素直に喜ぶことができないでいた。翌日、ドニにスカラ座の総裁から呼び出しが。なんと父への依頼は、息子への依頼の誤りだった。ドニは父に真実を伝えなければいけない苦渋の選択を迫られるーーー。

『コーダ あいのうた』製作陣が贈る、ふぞろいな家族の再起の物語。主人公を演じるのは『ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール』で実生活でも夫婦であるシャルロットと共演・監督を果たしたイヴァン・アタル。ピエール・アルディティやミュウ=ミュウなどフランスを代表する名優たちが家族の葛藤を見事に描き出す。監督は俳優としても活躍するブリュノ・シッシュ。プロデューサーにはアカデミー賞作品賞受賞『コーダ あいのうた』のフィリップ・ルスレらが参加。




ライバルである指揮者の親子が並び立つ日本版ポスタービジュアル解禁
ポスタービジュアルは息子・ドニと父・フランソワが指揮棒を振るい、対立する親子の関係性を体現している。「父が生涯をかけて掴んだオファーは息子宛の誤報だった」と添えられたコピーから、親子に起きた重大な事件と緊迫感を感じさせる。世界最高峰 ミラノ・スカラ座の豪華絢爛、大迫力の熱い演奏シーンを期待させるビジュアルとなった。


最悪の不協和音は、やがて圧巻のフィナーレへーー!日本版予告編解禁




予告編はドニの授賞式に現れないフランソワがテレビで息子の姿を見ているシーンから始まる。周りからドニの活躍を祝福されるも、フランソワは無関心。そんな折にミラノ・スカラ座から音楽監督就任の依頼の電話が!しかし実は誤報で、息子・ドニはスカラ座の総裁から「父ではなく自分への就任依頼だった」と知らされるーー。
これから始まるミラノでの生活を心待ちにし浮き足立つフランソワと、父に真実を伝えなければと苦悩するドニの対比的な姿が描かれ、「僕は父さんの望む息子じゃない」と発言するドニに父が頷く衝撃なシーンも。親子の揺れゆく感情と共にモーツァルトの「フィガロの結婚 序曲」や「ラウダーテ・ドミヌム」などクラシックの名曲が流れる。不協和音が鳴り響く父と息子が、依頼間違いをきっかけに互いの心に向き合った時、圧巻のフィナーレへ向かう高揚感が残る至福の予告編となっている。


監督:ブリュノ・シッシュ
出演:イヴァン・アタル、ピエール・アルディティ、ミュウ=ミュウ、キャロリーヌ・アングラーデ、パスカル・アルビロ、ニルス・オトナン=ジラール
2022/フランス/原題:MAESTRO(S)/88分/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:松岡葉子  <PG12>
配給:ギャガ/宣伝協力:ミラクルヴォイス
(c) 2022 VENDOME FILMS - ORANGE STUDIO - APOLLO FILMS
※HP、Twitterは情報解禁と同時に公開
8月18日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下、シネ・リーブル池袋 ほか全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

カテゴリ