FC2ブログ

記事一覧

松坂桃李、仲里依紗、錦戸亮ら本音ダダ漏れ!?『離婚しようよ』配信記念イベント

【イベント】
全世界独占配信中のNetflixシリーズ『離婚しようよ』の配信記念イベントが、6月26日に都内会場にて行われ、主演を務める松坂桃李をはじめ、仲里依紗、錦戸亮、板谷由夏、山本耕史、古田新太らキャスト陣に加え、本作で共同脚本を務めた事でも話題となっている脚本家の宮藤官九郎と大石静の 2人も会場に駆けつけ、イベントでは作中でも何度か登場した討論会形式で行う、「YES or NOで答える!”生”公開討論!!!」を実施した。
 
登壇者は、作品にまつわる質問にYesかNoの手持ちパネルで回答頂き、さらに、会場の皆様も一緒に、トータライザーにてご回答。集計結果を発表し、場内一体となって盛り上がりをみせた。
 

ステージ上には、劇中、大志とゆいが暮らすマンションの部屋が再現されており、カーテンが開かれた瞬間、満席の客席から「「おぉ!!!」」と感動の声が。そんな中、主演の松坂桃李をはじめ、仲里依紗、錦戸亮、板谷由夏、山本耕史、古田新太、宮藤官九郎(脚本) 、大石静(脚本)らキャスト・スタッフが登壇した。



女性にだらしなく能天気で、世間知らずのまま育った愛媛の三世議員・東海林大志役を演じた松坂は「こんな紹介のされ方、初めてです(笑)」と他にはないクセ強な役柄について苦笑いしつつ、9話まであるエピソードの内、2話までを鑑賞した来場者に向かい「いかがでしたか?」と投げかけると、場内からは割れんばかりの盛大な拍手が。「相当ポンコツな役。これを世界配信でやっていいのかな?」と不安にも感じていたそうだが、「愛されるキャラになれになれば、と思い切って演じました。こんなに面白い作品を日本だけでなく世界に届けられて嬉しいです。」と笑顔でその喜びを明かした。



国民的な人気女優・ゆい役を演じた仲は「当て書きのような作品で、エゴサした時に、これYouTubeの時の仲じゃん?というコメントも見つけたりしていました。お嫁さんにしたいNo.1の女優さんなんて、そんな肩書き、役じゃないともらえないしプレッシャーもありました。自分の中の“国民的”をイメージしつつ、家での“素のゆい”と使い分けて演じています。」と女優役という難しい役どころを演じた撮影を振り返ると、松坂も「脚本が面白い分、ハードルも高くて…このシーンどう演じるんだろう?商品のパッケージみて泣くって何!?」と、仲が演じる女優・ゆいが、いつでもどこでも、なにを見ても涙が出る、という驚異の設定秘話について触れると仲は「撮影の時、古田さんが大竹しのぶなら出来るよ、プレッシャーをかけてきて…もう無理!!と思いながら頑張りました(笑)」と女優魂を感じさせる撮影エピソードを明かしていた。



そんなゆいと親密な仲になる色気ダダ漏れの自称アーティスト・加納恭二を演じた錦戸は「こういう場、久しぶりで緊張します。楽しめれば、と思っているのでみんなも楽しんで」とにこやかな様子で挨拶。しかし、東大卒でありながらパチスロで生計を立てる色気だだ漏れの自称アーティスト、という濃厚すぎるキャラ設定には現場でも苦労したようで「一体どうやれば…?と手探りで演じていました。どうか、そう見えますように、とお願いしながらでしたね(笑)」と苦労した役作りのエピソードを披露。そんな錦戸に対し仲は「一番むずかしい役じゃないかなって。いないから、こんな人!!」と思いっきり断言し、そんな様子に場内からも笑いが起きていた。
 
不甲斐ない大志の尻を叩き離婚協議を進めていく敏腕弁護士・印田薫を演じた板谷は「脚本を読んだ時に感じた面白い!というのがそのまま映像になっています。ぜひ楽しんでほしいです」と来場者に向けて言葉を投げかける。そんな板谷とがっつり撮影に挑み、大学生時代の回想シーンの撮影まで実際に二人で行ったという古田新太は、うさん臭いが腕は立つ、ゆいの担当弁護士・石原ヘンリーKを演じた。「大学生、やばいな~と思ったけど(笑)」と当時を思い出し苦笑いする板谷に対し「板谷さんとロケしたシーンは見どころのひとつ。俺はノリノリで演じました(笑)」と古田にしか演じることのできない個性あふれる大学生役に自信をのぞかせ、場内をわかせていた。
 
大志の対立議員候補・想田豪役を演じた山本は「(自身は)3話目からの登場だけど、インパクトのある事をぶち込んでくる役です。自分以外、誰ができるんだろう?と思うくらいワクワクしました。大胸筋もすごいのでお楽しみに」と本編への期待値がさらに高まるコメントを。さらに、今回、共同脚本を担った宮藤は「まず筋書きを決めて、その後はプロデューサーが大石さんとの振り分けを決めてくださったんです。3P書いたら大石さんに送って、大石さんからも3P書いたら送ってもらって、という形式でした。」と交換日記のような形で書き進めていった制作秘話を明かすと、大石も「本当にそうでちょっとずつ書いて行きました。面白いこと書きたいけど無理!ってなる所は“宮藤さんよろしく!!”って投げたりして。でも、宮藤さんがノッてると行替えもないからよく分からない所もあったり…ヘンリーKの所とかは本当に分からなかった(笑)」と大石から宮藤へまさかの暴露が。宮藤も宮藤で「色気ダダ漏れは全部大石さん!東大出でパチスロなんて分かんない!!(笑)」とお互いの本音が明かされ、出演者も来場者も、まさかの暴露大会に大きな笑いが起きていた。
 


今回は作中でも何度か登場した討論会形式で行う「YES or NOで答える!”生”公開討論!!!」を実施!来場者もトータライザーで参加したこの討論会。まず最初に「大志は秘書に何度も「絶対にするな」と言われますが、人にダメと言われるほど反対のことをしたくなる。YESかNOか。」という問が表示されると、来場者約300名の内138人がYESと選択。実際に大志役を演じた松坂は「破った後のことを考えると…NOですね。平和にいきたいから」と実直な人柄が分かる回答を。続いて「作中のゆいと恭二のような運命的な出会いを信じるか。」という問が。これには、235人の来場者がYESを選択した一方で、恭二と親密な関係になっていく仲は「NOに決まってます!」と明言。「運命は自分で作るもの。すべて自分の努力次第です。」とかっこいい回答に場内から拍手が沸き起こっていた。さらに、恭二役を演じた錦戸も「NO」を選択。「憧れはあるけど、自分を守るためにも冷静でいたいです」と明かし、劇中とは真逆な結果になる一幕も。続いて「大志の愛媛愛に負けないくらい、愛するものがあるか?」という問いに場内の来場者は半数を超える268人がYESを選択。多くの来場者と同じくYESを選択した松坂は「恥ずかしいけど家族です。最近子供も生まれたので、YESです」と明かすも、同じく家族を持つ宮藤がまさかのNOを選択。「家族いるけどNOにしちゃった…。これ、YESにしてもいいですか…?(笑)」と途中で回答を変えるまさかの自体に場内にも大きな笑いが起きていた。他にも、「敏腕弁護士の板谷演じる印田薫と、うさん臭いが腕は立つ、古田演じる石原ヘンリーK、どちらに弁護してもらいたい?(YES=印田さん/NO=ヘンリーK)」という質問や「山本が演じる想田豪と大志のようなライバルと呼べる人はいるか?」という問いが投げかけられ、それぞれ盛り上がりを見せていたが、舞台挨拶も終盤に。
 

最後に、松坂は「夢のようなキャスト、脚本家でものすごく素敵な作品になっています。どんどん!どんどん!!どんどん!!!楽しくなっていくんです。好きなタイミングで2周でも3周でも観てほしいと思います」と作品を熱列アピール。仲もあわせて「みなさんの愛が詰まった作品です。何度も何度も愛してくれる作品になると嬉しいです。最後に、かしこみ、かしこみ~!」と劇中ドラマ「巫女ちゃん」の決め台詞を決める姿も。宮藤は「プロデューサーから、ラブストーリーを、と言われた時に“離婚”から始まる物語なら書けるかも、という事でスタートしました。たくさん見どころのある作品なので、ぜひ観てください」と企画の始まりを振り返りながら挨拶を締めくくり、大石は「宮藤さんについていけるか、ハラハラしながらでしたが、やってよかった、と幸せな気持ちになりました。役者さんたちの、今まで観たことのないお芝居もぜひ味わってください」と個性豊かな俳優陣が、かつてないユニークな役柄を演じた作品への想いを明かし、大盛りあがりの中、舞台挨拶は幕を閉じた。
(オフィシャルレポート)


出演:松坂桃李、仲里依紗、錦戸亮、板谷由夏 織田梨沙、神尾楓珠、少路勇介、矢沢心、守屋麗奈、高岸宏行、前原滉
尾美としのり、池田成志、山本耕史、高島礼子、竹下景子、古田新太
監督:金子文紀、福田亮介、坂上卓哉
脚本:宮藤官九郎、大石静
エグゼクティブ・プロデューサー:高橋信一(Netflix)
プロデューサー:磯山晶、勝野逸未
制作プロダクション:TBSスパークル
製作著作:TBSテレビ
Netflixにて全世界独占配信

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ