FC2ブログ

記事一覧

ケチな棺桶職人と、夢見る栗売りの孤独な二人の人生を描いた『Zgodbe iz kostanjevih gozdov』が、邦題を『栗の森のものがたり』として10月日本公開! 5本の特報映像を一挙解禁

【ニュース】
イタリアとユーゴスラビアとの国境に位置する広大な森を舞台に、ケチな棺桶職人と、夢見る栗売りの孤独な二人の人生を幻想的に描き出した、新鋭グレゴル・ボジッチ監督の大人のための寓話『Zgodbe iz kostanjevih gozdov』が、邦題を『栗の森のものがたり』として 10 月 7 日 (土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開となることが決定した。

貧困と諦め、そして美しい栗の木々だけが残された小さな村...。家を飛び出した一人息子、戦争から戻らない夫、あとに残され悲しみに包まれた見知らぬ二人が出逢った。
時は 1950 年代。かつては安息の地と呼ばれ、息を呑むような美しさを誇った栗の森に囲まれた、イタリアとユーロスラビアの国境地帯にある小さな村。第二次世界大戦終結後、長引く政情不安から人々の多くは村を離れ、または戻ってくるはずもない家族や隣人をただ待ち続ける。老大工のマリオは、家を出たまま戻らない一人息子からの連絡を待ち続け、投函することのない息子宛の手紙に思いを綴っては引き出しにしまう。栗売りのマルタは、戦争から戻ってこない夫からの手紙と数枚の写真を唯一の手掛かりに、現在住んでいるであろうオーストラリアに旅立つ決意だ。そんなある日、マルタとマリオは出逢い、互いの身の上を語りながら、その境遇を思いやる。そしてマリオはマルタにある提案を持ち掛けるのだが...。


フェルメールやレンブラントに影響を受け、チェーホフの短編にインスピレーションを受け描かれた絵本のような世界。スロヴェニアの新鋭グレゴル・ボジッチ監督が手掛けた至高の映像美!

公式特報





監督・脚本・編集を手掛けたのは、本作が長編デビューとなるスロヴェニア出身の新鋭グレゴル・ボジッチ。2019 年のトロント国 際映画祭でプレミア上映されるや大喝采を浴び、スロヴェニア国際映画祭では最優秀作品賞、監督賞、男優賞、撮影賞、観客賞など 11 部門を独占。2020 年に開催されたなら国際映画祭では、コンペ作品の中で「最も美しい」と評され審査員特別賞に輝いた。

フェルメールやレンブラントといったオランダの印象派の画家に影響を受けたというボジッチは、35mm とスーパー16mm フィ ルムを駆使し絵画のような風景を切り取る。使い古しの洗面器にピッチャーや果物、箒や靴、洗濯カゴや紙くずまで何もかもが優し い光に照らされ、ゆっくりと時が流れる森の日常を、陰影深く描き出した独特の映像美。何気ない日常生活のワンシーンさえも最初から最後まで美しい。

賭け事が大好きで、病弱な妻にも辛らつな言葉を浴びせる老大工マリオ役に、イタリアの名優マッシモ・デ・フランコヴィッチ。70 以上の作品に出演し、多数の賞を獲得。現代映画界を代表するメソッド・アクターとしてその名を馳せている。お金を貯めて「栗の森」を離れようと気を揉む最後の栗拾いマルタ役には、クロアチアで活躍するイヴァナ・ロシュチッチ。「最もセクシーなクロアチア女性スター」にランクインする魅力的な人気俳優でもある。人生を重ね深みある顔に、神々しささえ感じられるマリオの妻ドーラ役に、イタリアの名女優として 200 以上の演劇や映画に出演する演技派、ジウジ・メルリが扮した。音楽は、アイスランドのヘクラ・マグヌスドッティル。幽玄なテルミンの音色で彼らの喜びや悲しみ、喪失感の無常さを詩的に表現した。また、馬車に乗る若い女性二人が シルヴィー・バルタンの名曲「アイドルを探せ」を唄い、踊るシーンはあまりに愛おしく観客の心にいつまでも残るだろう。
ロシアの文豪アントン・チェーホフの短編小説にインスピレーションを受け、人生の機微を甘くほろ苦く描いた本作。生と死の境界 線は曖昧で、森の中で遭遇するものは現実なのか妄想なのか...。すべてのカットに美が宿る映像美で魅せる、すでに古典の趣さえ 漂う成熟した珠玉作。この秋、スロヴェニアから届いたメランコリックな大人の寓話が、深い余韻を約束する。


スロヴェニア国際映画祭2019 最優秀作品賞・監督賞・男優賞・撮影賞・観客賞・作曲賞・メイクアップ賞・音響賞・編集賞・デザイン賞・衣装賞受賞 なら国際映画祭2020 審査員特別賞受賞
スプリット国際映画祭2020 スペシャル・メンション受賞
シネ・イースト国際映画祭2020 批評家賞受賞
タリンブラックナイト国際映画祭2019 長編作品賞受賞
トロント国際映画祭2020 ディスカバリー・アワード作品賞ノミネート/なら国際映画祭2020 作品賞ノミネート/スプリット国際映画祭 2020 作品賞ノミネート/上海国際映画祭2020 観客賞ノミネート/ゲント国際映画祭2020 最優秀作品賞ノミネート/グラスゴー国際映 画祭2020 観客賞ノミネート/エルサレム国際映画祭2020 最優秀初監督作品賞ノミネート/ポーランド・ニューホライゾン国際映画祭2020 グランプリ ノミネート/インド国際映画祭2019 作品賞ノミネート/サンパウロ国際映画祭2019 作品賞ノミネート/K3国際映画祭2019 長編作品賞ノミネート


監督:グレゴル・ボジッチ 脚本:グレゴル・ボジッチ、マリーナ・グムジ 撮影:フェラン・パラデス 編集:グレゴル・ボジッチ、ベンジャミン・ミルゲ、ジュゼッペ・レオネッ ティ 音楽:ヘクラ・マグヌスドッティル、ヤン・ヴィソツキー 
出演:マッシモ・デ・フランコヴィッチ、イヴァナ・ロスチ、ジュジ・メルリ、トミ・ヤネジッチ
原題:Zgodbe iz kostanjevih gozdov 英題:Stories from the Chestnut Woods 日本語字幕:佐藤まな 字幕協力:なら国際映画祭 提供:クレプスキュール フィルム、シネマ サクセション 
配給:クレプスキュール フィルム
[2019年/スロヴェニア・イタリア/イタリア語・スロヴェニア語/カラー/82分/ビスタ]
© NOSOROGI - TRANSMEDIA PRODUCTION - RTV SLOVENIJA - DFFB 2019
2023 年 10 月 7 日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ