FC2ブログ

記事一覧

映画『6月0日 アイヒマンが処刑された日』最重要ナチス戦犯 アドルフ・アイヒマン処刑までの最期の舞台裏がドラマチックに描かれる 9月日本公開

【ニュース】
最重要ナチス戦犯のアドルフ・アイヒマン処刑までの最後の日々を、史実を基に描いたヒューマンドラマ「June Zero」が邦題『6月0日  アイヒマンが処刑された日』として 9 月 8 日 (金)より日本公開することが決定した。

第二次世界大戦時、ナチス親衛隊中佐としてユダヤ人の大量虐殺に関わっ たアドルフ・アイヒマンは、終戦後逃亡しブエノスアイレスに潜伏していた。しかしイスラエル諜報特務庁により、1960 年に捕らえられ、61 年 12 月に有罪が確定。
全ての訴状で有罪となったアイヒマンの処刑は、イスラエルの死刑を行使する唯一の時間の定めに基づき、1962 年 5 月 31 日から 6 月 1 日の日が変わる真夜中に執行された。処刑後アイヒマンの遺体を焼却するため、秘密裏に焼却炉の建設が進められる。宗教的・文化的にも火葬を行なわないイス ラエルで、この世界史の大きな節目に深く関わることとなった焼却炉を作る工場の人々、そこで働く13歳の少年、アイヒマンの刑務官、ホロコーストの生存者である警察官、市井に生きる人々を通して、これまで描かれることのなかったアイヒマン最期の舞台裏がドラマチックに描かれる。



本作で監督・脚本を務めたのはグウィネス・パルトロウの弟のジェイク・ パルトロウ。これまで『マッド・ガンズ』(14)、『デ・パルマ』(15)などを監督してきた彼にとって初の外国語作品となる。イスラエルで取材を進める中、「実際に焼却炉を作った人の息子をインタビューしたのがきっかけでこの物語が生まれたんです。火葬を行わない文化・宗教において、それが実行された事実に興味を覚えました」とストーリー作りの発端を明かす監督は、共同脚本にイスラエル出身のトム・ショヴァルを迎え、ヘブライ語で脚本を完成させた。イ スラエルとウクライナで撮影された今作は、監督の強いこだわりにより、スーパー16mm フィルムで撮影された。



監督:ジェイク・パルトロウ 
脚本:トム・ショヴァル、ジェイク・パルトロウ
2022 年/イスラエル・アメリカ/ヘブライ語/105 分/ヨーロピアン・ビスタ/カラー/原題:JUNE ZERO/日本語字幕:齋藤敦子 
配給:東京テアトル 宣伝:ロングライド 
© THE OVEN FILM PRODUCTION LIMITED PARTERNSHIP
9月8日(金)より TOHO シネマズ シャンテほか全国公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ