FC2ブログ

記事一覧

映画『せかいのおきく』阪本順治監督、 NYアジアン映画祭にてスターアジア生涯功労賞受賞決定!黒木華、寛一郎、池松壮亮から祝福コメントも

【ニュース】
全国公開中の映画『せかいのおきく』の監督を務めた阪本順治が、 「ニューヨーク・アジアン映画祭」にて「スター・アジア・ライフタイム・アチーブメント賞(NYAFF Star Asia Lifetime Achievement Award)」を授与することが決定した。

「ニューヨーク・アジアン映画祭(NY Asian Film Festival)」は北米でもっとも由緒あるアジア系映画祭で、第 22 回を迎える今年は 7 月 14 日から 30 日まで開催。「スター・アジア・ライフタイム・アチーブメント(Star Asia Lifetime Achievement)賞」は、「スターアジア生涯功績賞」と翻訳され、「長年優れた作品にて、何世代にも渡 る映画製作者と観客に影響を与えてきた、特別な才能の人物に与えられる賞」として、名誉ある受賞となります。 過去には、ツイ・ハーク(2011 年)、ジャッキー・チェン(2013 年)、レオン・カーフェイ(2017 年)、ユエン・ウーピン (2019 年)、アン・ホイ(2021 年)など錚々たる映画監督たちが受賞しており、日本からは岩井俊二(2016 年)、原田眞人(2018 年)、清水崇監督 (2022 年)に続く、4人目の受賞となる。阪本順治監督は上映に合わせて渡米し、レッドカーペットへの参加や、『せかいのおきく』上映&QA に登壇する予定。

映画『せかいのおきく』は、江戸時代末期を舞台に、声を失った武家の娘おきくと雨宿りで出会った若者ふたりが過酷な青春を共に駆け抜ける...。厳しい現実にくじけそうになりながらも、心を通わせることを諦めない若者たちの 姿を描き出す恋と青春の物語。4/28 より劇場公開が始まると、主人公のおきくを演じた黒木華の心に迫る声なき演技に多くの称賛の声が寄せられるなど多くの映画ファンの心を鷲掴みにしており、現在も全国の劇場で公開中。
(劇場情報は公式サイト:http://sekainookiku.jp/ にてご確認ください)


阪本順治監督コメント

すべての作品にかかわっていただいた方々に、感謝します。私の経歴の中で、これほど多くのオリジナル作品を残せたのも、それを許してくれた製作者がいたからこそ、です。加えて、スタッフ、俳優たちが、私の暴挙や、あいまいさや、非論理的なふるまいにあきれながらも、まぁ、こんなやつでも神輿に担いでやるかと、常にそばにいてくれたからです。功績や貢献ということばには、実感もなく、気恥ずかしいばかりですが、これからも、順応と抵抗を繰り 返し、あちらこちらへと越境しながら、変わらず、やっていきます。最後に、私の監督作品を観続けてくださった観客 の皆さんにも、感謝です!

黒木華コメント

この度は、ニューヨーク・アジアン映画祭でのスター・アジア・ライフタイム・アチーブメント賞の受賞、おめでとうございます。
沢山の映画を撮ってこられた阪本監督の作品の一部を担えたこと、大変光栄に思います。『せかいのおきく』は、監督やスタッフさんのこだわりが詰まった、モノクロでありながら青春の色づきが見える美し い作品です。
そのおきくを演じることができて、大変嬉しく思います。また監督と新たな映画の時間を過ごせるよう私も精進したいと思います。
本当におめでとうございます!!

寛一郎コメント

阪本監督、この度はスター・アジア・ライフタイム・アチーブメント賞の受賞、おめでとうございます。 この作品に携われたものとして自分のことのように嬉しく思います。これからも価値のある作品を撮り続けてください。おめでとうございます!

池松壮亮コメント

我らが阪本順治監督、おめでとうございます! 長年において数々の意志を、記憶を、夢を、映画に刻み込み、そこから沢山の影響を受けてきた者の 1 人として、 心より祝福いたします。そしてその記念すべき作品で阪本さんと出会えたこと、改めてその幸運を奇跡のように嬉しく感じています。 これまでのフィルモグラフィーのそのひとつひとつに心から拍手を送ると共に、これからも、その生涯を賭けた手仕事を待ち望んでいます。
この度は本当におめでとうございます!


映画『せかいのおきく』は全国公開中

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ