FC2ブログ

記事一覧

『東リベ2』キャストたちが想いを語る特別映像を解禁

【ニュース】
『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-/-決戦-』後編「-決戦-」が、公開を迎え、本編映像+キャストたちが想いを語るコメント特別映像が解禁された。
キャスト陣の熱き想いがほとばしる!!
 “仲間”、“未来”、“リベンジャーズ”へのあふれる想い―。圧倒的な熱量と魅力を詰め込んだ特別映像だ。



解禁された映像では、本編映像とともに北村匠海をはじめ、山田裕貴 吉沢亮 眞栄田郷敦 清水尋也 高杉真宙 間宮祥太郎らがそれぞれの想いを語っている。



タケミチ(北村匠海)&千冬(高杉真宙)のアクションシーンでは、火蓋が切られた廃車場での決戦において、思わず闘いの中で敵である芭流覇羅(バルハラ)の勢いにおされ、怖気付いて逃げようとしてしまうタケミチを相棒である千冬が力ずくで奮い立たせる様子が描かれている。当時の撮影現場において北村は「真宙くんはかなりガッツがある。本番で化けるタイプ」と芝居をする上では普段とは違う一面があることを明かし、高杉は「匠海くんの背中に守られてる感がすごくて、「立て相棒」っていうセリフを言えることが嬉しかったですね。」と振り返り、役どころさながらのバディ関係を築いていることが垣間見える。
 
ドラケン(山田裕貴)と半間(清水尋也)、No.2同士による対決では前作を超えるドラケンの強さはもちろんのこと、クールでミステリアスだった半間の感情むき出しで暴れまくる姿が見ることができる大迫力なシーンに仕上がっている。山田は「結構思いっきりワーってやってるように思えますけど、繊細で緻密なんですよ。その辺を(清水くん)は受け取ってくれました。」と迫力満点なアクションシーンの中にある、考えられたキャラクターの心情や動き、そしてそれを清水と共有できたことを明かしている。半間と同様に暗躍していた前作からアクションシーンなど本格的に活躍するキサキ(間宮祥太朗)を演じた間宮は「周りとのギャップみたいなものは出るなと思っていたので、シンプルに演じた印象です。」と振り返り、キサキが持つ異質な存在感を見事に演じきっている。
 
今の俳優界を代表する同年代キャストが、新たな“仲間”とともに再び集結した映画『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-/-決戦-』。そんな作品についての想いを問われると、人気漫画が原作であり、多くのファンからの期待を背負う、大作と位置付けられる作品へ参加できた<経験>。切磋琢磨し合う同世代の“仲間”との<繋がり>、<時代の象徴>となる作品であること。キャスト・スタッフ全員が色々なことを積み重ね、アツい想いで作り上げたこと。撮影の日々が青春だったこと。そして見てくれる人たちにとって刺激になってくれたら嬉しいと各キャストが想いを馳せている。


東卍崩壊の危機をもたらす、かつての親友同士の壮絶な戦いがついに始まった。 マイキーは敵の芭流覇羅に寝返った場地を連れ戻すために。芭流覇羅にいる一虎は東卍をぶっ潰し、マイキーを殺すために。マイキーの兄・真一郎の死により壊れてしまった東卍結成メンバーたちの絆。
「もう、誰も死なせたくない!」 それぞれの想いを受け止め、タケミチは、明るい未来のため、最悪の結末を止められるのか! そして、もう一度ヒナタを、仲間の未来を救えるのかー。


原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社『週刊少年マガジン』KC) 
監督:英勉 
脚本:髙橋泉 音楽:やまだ豊
主題歌:SUPER BEAVER「グラデーション」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
出演:北村匠海 山田裕貴 杉野遥亮 今田美桜 鈴木伸之 眞栄田郷敦 清水尋也 磯村勇斗/永山絢斗 村上虹郎 高杉真宙/間宮祥太朗/吉沢亮
配給:ワーナー・ブラザース映画
©和久井健/講談社 ©2023 映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編」製作委員会
前編:『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-』大ヒット公開中
後編:『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-』6月30日(金)公開


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ