FC2ブログ

記事一覧

玉森裕太、声優参加に「俺、大丈夫か…」不安とプレッシャーもあった 映画『マイ・エレメント』日本版お披露目イベント



【イベント】
ディズニー&ピクサー最新作、火・水・土・風のエレメントたちが暮らす世界を描く『マイ・エレメント』が 8 月 4 日の公開に先駆け、日本版キャストが登壇するお披露目イベントを実施。
7月4日、都内劇場にて行われた この日のイベントには、アツくなりやすくて家族思いの“火”の女の子・主人公のエンバーを演じる川口春奈、もう一人の主人公、涙もろくて心優しい“水”の青年・ウェイドを演じる玉森裕太、物語のカギを握る“風”のエレメント・ゲイルを演じる MEGUMI が登壇。会場となった TOHO シネマズ六本木ヒルズの正面入り口大階段を使用し、作品世界をイメージしたカラフルなカーペットで作られたマイエレ・カーペットでのフォトセッションを実施し、その後、劇場内に移動したキャスト陣、ディズニー&ピクサー作品に初参加した心境や自身の声優について語った。



『マイ・エレメント』日本版の完成披露を迎え、川口春奈は「こうして皆さんに観ていただけることを本当に嬉しく思いますし、どんな感想を持っていただけるのかなって今からわくわくしております。」とあいさつ。
玉森裕太は「まだ先にはなるんですけど、もう早く観ていただきたい! もう何度でもこの大きなスクリーンで観ていただけることを、楽しみに待っていただけたらと思ってます。」。
MEGUMIは「素晴らしい作品です! 大きなスクリーンで観ていただけるのは、私もそして、制作スタッフの方も本当に本当に嬉しいです!」と、それぞれがあいさつとともに日本版完成に喜びの声を寄せた。

ディズニー×ピクサー作品の声優に決まった時の心境を尋ねると、川口は「まさかという感じでしたね。もちろん素直に私がピクサーの世界に仲間入りできるんだっていう喜びと、声優は初めてで、日頃やってる仕事とは全く異なる仕事だと思うので、その辺の不安と嬉しさと楽しさ、楽しみな気持ちと、ワクワクしている気持ちと、いろんな感情が、わっときたと思ってます。」と、喜びと不安もあったと明かす。

収録現場では「もう何から何まで自分が想像してた物と違くて 『新しいチャレンジだ、これは』と思いながら、数日かけて収録させてもらったんですけど、その中でやっぱ楽しさとか大変さ難しさっていうのはいろんなのを感じながら目まぐるしく濃い時間だったなと思います。」と、当時を振り返った。

続いて、玉森は「まず『俺、大丈夫か…』と務まるかな…不安もプレッシャーもありました。でも全力で魂を込めて声を入れさせていただきました。」と、意気込みをみせていた。完成版については「もうストーリーももちろんなんですけど、この大きいスクリーンで観たときにも映像もすごく美しくて、何て言うんだろう、感無量って言葉が本当にあるんだなっていうぐらい。最後は拍手してました。ぜひ大きなスクリーンで何度でも観てもらいたいです!」としっかりアピール。

さらに自身の声の雰囲気について聞かれると、玉森は「自分の声ってちょっとなかなか聞きなれないっていうのも、未だにあるんですけど。でも、一生懸命やらせていただいたので、大丈夫だろうっていうような気持ちですかね。皆さんと一緒に楽しみにしていただきたいと思います。」と自信も垣間見えた。
(写真・記事 太田誠)


監督:ピーター・ソーン(『アーロと少年』) プロデューサー:デニス・リーム(『カーズ2』、『スター・ウォーズ エピソード 3/シスの復讐』)
日本版声優: 川口春奈(エンバー)、玉森裕太(ウェイド)、MEGUMI(ゲイル)、伊達みきお・サンドウィッチマン(ファーン)
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
©2023 Disney/Pixar. All Rights Reserved
8 月 4 日(金) 全国ロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ