FC2ブログ

記事一覧

映画『トゥ・クール・トゥ・キル ~殺せない殺し屋~』三谷幸喜氏から賞賛コメントが到着!!新たに場面写真も解禁

【ニュース】
三谷幸喜脚本・監督作『ザ・マジックアワー』をリメイクした中国映画『トゥ・クール・トゥ・キル ~殺せない殺し屋~』が7月8日(土)より TOHO シネマズ シャンテほかで公開する。この度、公開を直前に控え、本作をご覧になった三谷幸喜氏より賞賛コメントが到着!併せて、新場面写真も解禁された。

個性的なキャラクターやテンポの良さで人気の劇作家・三谷幸喜が 2008 年に脚本・ 監督を務めた映画『ザ・マジックアワー』を喜劇集団・開心麻花(カイシンマーファー)のメンバーたちが新たにリメイクした本作。中国国内では、7 カ月に渡って上映されるという異例のロングランとなり、2022 年中国映画興行収入ランキング第 3 位にランクイン!これまでに中国でリメイクされた日本映画で最もヒットした『鍵泥棒のメソッド』の興行収入を大幅に更新し、日本映画のリメイク作品としては歴代 1 位の好成績を記録している。本作では、監督をはじめ俳優や制作陣の多くが喜劇集団・開心麻花に所属。開心麻花は、 舞台からテレビ、映画に至るまで中国国民へ笑いを届けてきた圧倒的な人気を誇る中国一のコメディブランド。

この度、本作をご覧になった三谷幸喜氏より賞賛のコメントが到着!「あのシーンもこのシーンも、とても上手に再現されています。オリジナル通りのところもあれば、僕もびっくりするよ うな展開もあります。どっちが笑えるかと聞かれると、とても困ってしまう。どっちも面白いから」 と太鼓判を押す。また、「中国語ってコメディに向いている。台詞の意味は分からなくても、聞いているだけで笑ってしまう。皆さんもぜひ確認してみて下さいね」と本作ならではの面白さと見どころも明かしてくれた。


三谷幸喜氏 コメント全文
僕の作った「ザ・マジックアワー」が中国映画に生まれ変わりました。あのシーンもこのシーンも、とても上手に再現されています。オリジナル通りのところもあれば、僕もびっくりするような展開もあります。 どっちが笑えるかと聞かれると、とても困ってしまう。どっちも面白いから。でもどっちがお金がかかっているかと聞かれると、悔しいけど、中国版の方がかかってるんだよなあ。いいなあ、いいなあ、いいなあ。羨ましいなあ。それから、中国語ってコメディに向いている。これは新しい発見。 台詞の意味は分からなくても、聞いているだけで笑ってしまう。皆さんもぜひ確認してみて下さいね。



また、新たに解禁された場面写真からも、『ザ・マジックアワー』で佐藤浩市さんが演じた売れない役者・前田の役どころであるウ ェイが、伝説の殺し屋をノリノリで演じている姿やウェイを騙すミラン姉弟の様子などが切り取られており、本編でのドタバタぶり、個性&クセ強の雰囲気が伝わってくる。

これぞ、笑いあり、涙あり、ドタバタあり!と中国コメディのエッセンスが凝縮された、痛快無比なエンタテインメント・コメディの傑作!!





出演:マー・リー、ウェイ・シャン、チェン・ミンハオ、アレン・アイ、ジョウ・ダーヨン、ホァン・ツァイルン 
監督:シン・ウェンション
2022 年/中国/中国語/109 分/ビスタサイズ/5.1ch/原題:這個殺手不太冷静/英題:TOO COOL TO KILL /日本語字幕:本多由季/映倫:G
©New Classics Media
配給:JOYUP /ムーランプロモーション
配給協力:ギグリーボックス
7月8日(土)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ