FC2ブログ

記事一覧

映画『君は放課後インソムニア』森七菜、奥平大兼が笑顔で仲良しオフショット解禁

【ニュース】
本作は、森七菜と奥平大兼が演じる不眠症に悩む高校生が出会い、時間を共有していくことで 絆を深めていく様を丁寧に描いた⻘春感動作!「原作ファンも大満足!」「期待値の 100 倍良かった!」「ボロ泣きの感動作!」「最高の映画体験!」「本年度ベスト!」「多くの若者に観てもらいたい傑作!」「何回観ても新しい“ここ好き”が発見できる」「すぐに作品の世界に引き込まれた」「トキメキで満ち溢れている」「キャスティングが神ってる」など、絶賛のコメントが溢れている本作。また、先週末から公開された北村匠海主演『東京リベンジャーズ 2 血のハロウィン編 -決戦-』も、『君ソム』とは対照的ながらも、「⻘春」「友情」という共通項があり、その根源は、双方の脚本を担当した髙橋泉氏にたどり着く。『君ソム』の池田千尋監督とタッグを組んだ『スタートアップ・ガール ズ』(19)や、山田孝之主演の『凶悪』(13)のほか、漫画原作の実写映画化である『秘密 THE TOP SECRET』(16)や、『坂道のアポロン』(18)を手掛ける一方で、『ひとよ』(19)や、『朝が来る』(20)では心に重荷を抱えた家族の再生・葛藤をテーマにする脚本も書き上げてきた。



この度、髙橋氏に緊急インタビューを敢行。『君ソム』の魅力について語ってもらった。

Q: 原作「君は放課後インソムニア」を読まれた感想をお聞かせください。
髙橋: 写真のように一瞬が切なく切り取られていたり、開いたページから伊咲(いさき)と丸太 (がんた)が飛び出して来そうな瑞々しさがあったり。全編が生きることの静けさと輝きに溢れな がら、ユーモアが絶妙。



Q: 大人気漫画を実写映画化するにあたり、どのような点を意識して脚本を書かれましたか?
髙橋: 伊咲と丸太が楽しんでいるときだけじゃなく、悩んでいても苦しんでいても、その瞬間だっ て生きているんだということを意識して、筆圧を上げて書きました。

Q: 好きなシーン、好きなセリフがあれば教えてください。
髙橋: ここ、ということはないけど、二人の世界が広がっていくきっかけとなる、倉敷先生や白丸先輩とのシーンが好きです。



Q: 本作に限らず、森七菜さん、奥平大兼さんの印象をお聞かせください。
髙橋: 森七菜さんは、見ているだけで泣きそうになる切なさを含んでいる役者。奥平さんは、焦燥感をちゃんと体現出来る役者。
        
Q: 脚本制作において最も注意、意識されている点はどこでしょうか?
髙橋: 仕事の評価に繋がるための脚本ではなく、観た人の日常に繋がるための脚本を書くことです。



出演:森七菜 奥平大兼
桜井ユキ 萩原みのり 工藤遥
田畑智子 ⻫藤陽一郎 / 上村海成 安⻫星来 永瀬莉子 川﨑帆々花 でんでん MEGUMI 萩原聖人
原作:オジロマコト「君は放課後インソムニア」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中) 
監督:池田千尋
脚本:髙橋泉 池田千尋
主題歌:TOMOO「夜明けの君へ」 (ポニーキャニオン/IRORI Records)
企画・制作プロダクション:UNITED PRODUCTIONS 
製作:映画「君ソム」製作委員会 
配給:ポニーキャニオン
©オジロマコト・小学館/映画「君ソム」製作委員会
全国公開中

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ