FC2ブログ

記事一覧

永野芽郁「絶対に炎上させます!!」『御手洗家、炎上する』配信直前! 御手洗家、炎上イベント

【イベント】
7月6日、都内にて「配信直前!御手洗家、炎上」イベントを実施。イベントには、家族を奪われ復讐の炎を燃やす本作の主人公・杏子を演じた永野芽郁を筆頭に、陰鬱で自室に引きこもっている御手洗家の長男・御手洗希一役の工藤阿須加、その希一の弟で、兄とは対照的に御手洗病院を継ぐことを厳命されている医学生・御手洗真二役の中川大志、監督を務めた平川雄一朗監督ら豪華キャスト・監督が登壇した。



永野は「杏子は私が今まで演じてきた役の中でこんなに強い女性はいなかったんじゃな いかなと思うような女性で、実際に自分自身が杏子という人生を生きながら、こんなに自 分に自信を持てる人は素敵だと思いましたし、誇りに思いながらお芝居することができま した」。工藤は「希一は初めてのチャレンジな役でもあったので、難しかったですし、か なり悩んで試行錯誤しながら、監督とキャストの皆さんに支えられながら、僕自身 熱量は込められるだけ込めたつもりです」。中川は「本作は、ものすごくヒリヒリした展開が 続くのですが、そんな中で真二が出てくると、やっと一息できるような、そんな太陽のよ うな存在の男の子を演じ、でも実は家庭の中でもコンプレックスを抱えている、そんな真 二を演じました」とそれぞれのキャラクターを紹介しつつ挨拶した。

続いて作品を見た印象を聞かれた永野は、「本当に面白かったです!自分が出ているの で、冷静に見られない瞬間もあるのですが、現場であれだけ緊迫感があったものが、映像 になったら もっと緊迫感があって、いち視聴者として純粋に面白いと思いました!」と 話し、永野から「2人もちゃんと見ました?」と振られた工藤は「しっかり3話まで見ま した(笑)。監督も最初のシーンは拘っていたので、1話がすごく気になっていたのですが、絵もすごく面白いですし、臨場感や緊張感も本当に伝わると思います」。中川も「今 6話まで観ました(笑)。でも純粋に面白かったです!Netflix作品には、初めて参加さ せていただいたのですが、現場でも世界中に見ていただけることを頭に置きながら立って いたのですが、完成した作品を観たら、スケール感と映像の格好良さなどがギュッとつま っていまして、これは本当に世界の皆さんに見ていただきたいなと心から思いましたし、 なにより原作漫画のストーリーの組み立てが本当に素晴らしいので、これが実写化になる ことによって、よりリアリティが出るように取り組んでいたので、緊張感のあるドラマに なって良かったと思います」。監督は、「私もNetflixは初めてで、撮影が始まる前にNet flixの方に聞いたのですが、どこでお客さんが視聴をやめたかわかると聞いていたので、 継続視聴いただけるように作ったのですが、キャストの2人が3~6話で止まっていると聞 いて、大丈夫かなって思いました(笑)」と笑いを交えながら拘ったポイントについて語った。
MCから、それぞれ秘密を抱えているキャラクターを演じるにあたり意識した点を聞かれ た永野は「私は、御手洗真希子の家に家事代行とて働くことになるので、家事代行レッス ンは受けました。これまでプロの手さばきを生で見たことがなかったので、新たな発見が あって面白かったです。具体的には、掃除機のかけかたや床や机、ソファの拭き方など、 それぞれ工夫されてやっていて、勉強になりました」。工藤は「今回、外見的なもので言 うと監督とかなり相談をして、髭を生やすか生やさないかとか、目の開く大きさを開きす ぎないように意識したり、なるべく常に暗くいようと、普段の自分とは真逆で演じました(笑)」。中川は、「真二は持ち前の明るさとピュアさと、そこからくる少し抜けている部分がある、そんなチャーミングなキャラクターなので、そこは意識しつつ、真希子さんというとてつもなく強いお母さんからがいるので、その母から求められる理想の息子像や世間から求められる理想の息子像だったり、そういう所の狭間で揺れる、繊細さを持ち合わせている部分を大事に演じました」。とそれぞれが演じるにあたり大事にしたことを語った。

次に復讐相手である真希子を演じた鈴木京香との共演について永野は、「格好良かった です!京香さんが現場に入られるとすごく華やかになるし、普段はとても穏やかな方なん ですが、カメラがまわると一瞬で真希子さんになって、その時の目の色の変わり方がすごくて、飲み込まれてしまいそうになるので、負けないように対峙しました。本当にとても 尊敬できる方と共演できて光栄でした!」。監督も永野さんと鈴木さんのシーンで印象的 だったことについて「永野さんは“復讐の鬼”、京香さんは“本当の鬼”なので、その対 決が怖かったです。その怖さについては楽しんでもらえるかと思います」と本作の1番の 見どころであるポイントについてコメントした。


そして、鈴木と母親役として共演したことについて工藤は「やはり怖かったですね。観ていただければわかるのですが、僕の部屋に“あるご飯”が届くのですが、それが泣きそ うなくらい怖かったです。そのシーンは是非楽しみにしていてください」。中川も「とにかく杏子ちゃんとは違ったエネルギーの出力の仕方で、杏子ちゃんは内に秘めたエネルギ ーなのですが、お母さんは、パワフルにエネルギーを放出していくので、とにかく永野芽郁VS鈴木京香が半端ないです!男はみんなふたりの間で小さくなると思います笑」と鈴木 の芝居の凄みについて、振り返った。

そして本作は大炎上シーンから始まり、作品を通しても「炎上」が重要なキーワードということにちなみ、炎上トークコーナーでは、過去、未来も含め、いま燃えていることや燃やしたいエピソードを披露するコーナーに。
監督は「最近スポーツジムに行っていて、脂肪を燃焼させているのですが、クランクイ ン前に工藤さんにダイエットをしてくれとお願いしたのですが、劇中で杏子ちゃんがご飯 を食べさせていくことによって、どんどん太っていくんですね、そこも見どころです」と話すと、工藤は、「今と10Kgくらい違います!」と身体を張った役作りについて語り、中 川は「サウナです!ものすごく自分の中でブームで、ことあるごとに行っています。この 間もおじいちゃん達と一緒に入りました!」。工藤は「今日もですが、外がとても暑いな って思っていて、そっちの炎上のほうが心配だと思いました(笑)、ただ今自分でいう と、1番熱いのは、農業かもしれないです!」。永野は「辛いものです!本当に好きで、 美味しくいただけるマックスの辛さのものを1日に2食くらい食べています。中でも辛い ラーメンが好きで、撮影中も楽屋にガスコンロ置いて、自分の鍋を持っていって作ってい ました!」と彼女らしい炎上話を披露した。

さらにMCのから、この作品も来週の配信以降、視聴者の熱いコメントでSNSを大炎上さ せたいですね!と振られた永野は「はい、絶対に炎上させます!」とコメントすると、巨大LEDビジョンが、まさに大炎上の如く、燃え上がり、イベントの最後には永野から「す ごく一気見したくなるようなドラマになったかと思います。私自身、絶対的な悪ってないのだなと思いました。一人ひとりが自分の欲求に正直になったりとか、誰かを守るために 何かを犠牲にしながら乗り越えることだったりとか、すごく人間らしい人たちが溢れてい るドラマになっていると思います。だんだん暑くなってきましたけど、どこかちょっとヒ ヤッとする怖いシーンもありますので、是非楽しんでいただけたら嬉しいです!」と本作 の見どころを伝え、イベントは大炎上のまま幕を閉じた。
(オフィシャルレポート)



出演:永野芽郁
工藤阿須加 中川大志 恒松祐里
北乃きい 濱田マリ 小西桜子
吉瀬美智子 及川光博
鈴木京香
原作:藤沢もやし『御手洗家、炎上する』(講談社「KissKC」所載) 脚本:金子ありさ
監督:平川雄一朗 神徳幸治 エグゼクティブ・プロデューサー:髙橋信一
プロデュース:春名慶 プロデューサー:内山雅博 小林美穂 タイトルロゴデザイン:荘司哲郎(サリダス) 制作プロダクション:オフィスクレッシェンド 企画・製作:Netflix
2023年7月13日(木)Netflixにて世界独占配信開始
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ