FC2ブログ

記事一覧

主演吉村界人 映画『海の夜明けから真昼まで』著名人の応援コメント、コメント予告も到着



【ニュース】
8月4日(金)からアップリンク吉祥寺(東京)にて単独公開が決定した映画『海の夜明けから真昼まで』。先日公開された俳優 東出昌大、経済学者/起業家 成田悠輔、映画評論家 松崎健夫らに加えて、映画監督 内田英治、俳優 篠原篤、映画プロデューサー 安藤親広、作家 LiLyなど多彩な著名人からの絶賛コメントが到着。併せて、新たにコメント予告も解禁。
 
本作は、昨年月刊アフターヌーンで連載中の『ダーウィン事変』にてマンガ大賞2022大賞を受賞した”うめざわしゅん”原作の初の映画化作品。


昨年、インディーズ映画の登竜門とも言える、田辺・弁慶映画祭において、受賞作を劇場公開する「田辺・弁慶映画祭セレクション2022」にて、9月にテアトル新宿、10月にシネ・リーブル梅田にて今作監督の林隆行の他短編とのオムニバス映画『人間、この劇的なるもの』として4日間のみ限定公開され、テアトル新宿を2日間満席。4日間の上映にも関わらず600人を超える観客を動員した注目作。






絶賛コメント
痛い。
とても痛いよ。
全然キラキラしていないが、紛れもなく青春映画である。
若き俳優たちの熱演に心打たれました。
——— 内田英治 / 映画監督
 
十代の甥が上京した折、本作を観に劇場に連れて行きました。
鑑賞後、口をあんぐり開けた甥は一言、 「――すごかったね」と呟きました。
僕の用意したコメントも下記に記します。
 
冒頭から青年期特有の強烈な虚無感を想起させるショットに引きずり込まれる。
それに抗うことはほとんど困難だろう。
一体これは誰の体験なのか?
胸を掻き毟るほど苦しさが、愛おしく、懐かしくもあった。
 
どうでしょうか?
一人の若人の魂の呟きのほうが、何よりこの映画を物語っていると僕 は思います。
——— 篠原篤 / 俳優
 
そのトンネルの先には、あなたが忘れてしまった、純粋で無垢で傷だらけの青春があった。必見!
——— 安藤親広 / 映画プロデューサー
 
「分かるはずがない」とある登場人物は言った。
当事者間で何が起こっているのかは複雑性を帯び、分かりやすく解体して事実を提示することはない。
しかし、人の美しさが見える。
「分かるはずがない」のだが、その美しさに惹かれた。
——— 前信介 / 映画プロデューサー
 
クラスメイトの暴力的な善意が嫌だったと話すヒロインは、
ある男の暴力的な善意に救われ、ある男を暴力的な善意で救う。
羽音さんの生を感じないほどの美しき透明感、
上村侑さんの絶望から希望へと転じてゆく笑い声、
吉村界人さんの危うい瞬発力とラストの一言、
三者三様の演技が素晴らしい。
——— LiLy / 作家


家にもない、学校にもない居場所を探し、もがき、社会に翻弄されまいと歩みを続ける少女。
身体の中に溢れる今にも暴発しそうなものの表現の仕方がわからない少年。
自らの肉体と精神が社会の歯車の一部でしかないことに幻滅し、絶望する青年。
懸命に生きる三人が少しだけ互いに触れ合った時、我々は人間の大胆な優しさを目の当たりにする!
——— 小林竜樹 / 俳優
 
蝉の声、地方の港町。
どこにでもある風景に生きる3人の社会と馴染めない若者たち。
モチーフとなるトンネルの入り口と出口はとても明るい。
3人は光と影の狭間で愛の形を見出していく。
きっと明るい場所だけが希望ではなく暗い場所だから絶望でもない。
そんな幸せの多様性がありふれた町で描かれる違和感が無駄のない演出と相まって心地良い。
監督とは旧知であるが、昔から変わらないピュアで映画愛溢れる作品を見れたことがとても嬉しい。
——— 安井達郎 / モデル・俳優
 
台詞一つ一つが心にそっと置かれるような感覚になった。
それはこの世の中のどこかに 取り残されたしまった一人だけでも、
せめて救えるように、と思ったこの映画だからなのかな、と思えました。
別現場でご一緒させて頂いた林監督、羽音さん。
あの時とはまた違ったお芝居と存在感、そして素敵な作品でした。
——— 兵頭功海 / 俳優
 
自分は「普通」だと思い込んで生きている人々の異常さ。
「普通」から外れてもなお、生きようと足掻く人の尊さ。
こんな素敵な人間たちを目の当たりに出来て、一緒に悩めて、喜べる瞬間が得られるから、
私は映画が好きです。
——— 東出昌大 / 俳優
 
光が、音が、波が、影が、そして終われない生が流れていく。
ひさびさに映画でただの完璧な時間に遭遇した気がする。
——— 成田悠輔 / 経済学者・起業家
 
人生は手探りだ。正しい答えなど存在しない。
この映画ではトンネルや灯りのない部屋、或いは、夜の高架下といった"暗がり"を描いている。
それは「人生が前方不良なものである」と示唆しているかのようなのだ。
他方、光の射す在処も意図的に描かれている。 暗がりを抜けてゆく道程こそが最も暗い。
だが、憂うなかれ。 その先にあるは、光の射す場所なのである。
林隆行監督は若者たちの歩む姿を繰り返し描いている。
それゆえ、暗がりを抜けてゆくプロセスにこそ、人生にとって重要な何かがあるはずだと言わんばかりなのだ。
——— 松崎健夫 / 映画評論家

CAST・STAFF・CREDIT
吉村界人 羽音 上村侑
遠藤留奈 若林時英 櫻井健人 三浦獠太 林裕太 山﨑翠佳 栗林藍希 さくら / カトウシンスケ
監督・脚本:林隆行
原作:うめざわしゅん「海の夜明けから真昼まで」(「一匹と九十九匹と」所収)
製作:ARARAT・SKALY・kigo inc.|プロデューサー:松原史和・加島貴彦・松井優・羽染達也|ラインプロデューサー:大門剛|
音楽:加藤久貴|音楽プロデューサー:濱野睦美|撮影:安岡洋史|照明:織田誠|美術:中村三五|装飾:室井彩香|
衣装:石谷衣|ヘアメイク:七絵|アクションコレオグラファー:高槻祐士|編集:中村幸志朗|VFX:KASSEN|音効・整音:渡辺寛志|
キャスティング:田中裕也・大橋優衣|助監督:土田準平|制作担当:石賀康寛|デザイン:南浦ソウスケ
制作プロダクション:ARARAT
宣伝・配給:「海の夜明けから真昼まで」製作チーム・ARARAT
2022 / 日本 / 77分 / カラー / アメリカンビスタ/ ステレオ
©️「海の夜明けから真昼まで」製作チーム・ARARAT
公式HP:https://umino-yoake.com/
8月4日(金)よりアップリンク吉祥寺 他順次公開予定。

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ