FC2ブログ

記事一覧

MOROHAのアフロが映画初主演『さよなら ほやマン』オールキャスト、ポスタービジュアル、場面写真、特報を一挙解禁

【ニュース】
人気アーティスト MOROHA のアフロが初主演を務め、家族の再生を描いた映画『さよなら ほやマン』。この度、オールキャスト、ポスタービジュアル、場面写真、特報予告映像を一挙解禁!!
主人公のアキラを演じるのは大人気バンド「MOROHA」の MC として知られるアフロ。音楽好きの若者から絶大な支持を得る MOROHA には著名人の熱烈なファンも多く、これまでドラマシリーズ「宮本から君へ」(真利子哲也監督)のエンディングテーマ(MV は行定勲監督)や、映画 『アイスと雨音』(松居大悟監督)では劇中に登場する形で熱のこもったパフォーマンスを繰り広げたことも記憶に新しい。制作側からの熱烈オファーと、 映画の熱いメッセージ性に深く共鳴し、自分がやらねばと運命を感じて『さよなら ほやマン』で映画初主演を決心した。





そして、今回発表されたオールキャスト。本作のヒロインで、都会から石巻の島にやってくるワケありの漫画家・美晴を演じるのは呉城久美。NHK 連続テレビ小説や大河ドラマに数々出演し、舞台「裏切りの街」や櫻井翔主演のドラマ「大病院占拠」などで注目される若手実力派が、初のヒロイン役に挑んだことについて「大切な作品に出会うことができました」と語る通り、 充実の一作だったことを窺わせる。主人公のアキラの弟のシゲルを演じるのは、本作が俳優デビューとなる黒崎煌代。2022 年に実施された役者オーディション“レプロエンタテインメント 30 周年企画『主役オーディション』” で合格を勝ち取り、趣里主演の 2023 年度後期の NHK 連続テレビ小説「ブキウギ」に大抜擢された、いま最も注目される新星だ。本作では、生まれつき障がいを抱えながらも明るく生きるシゲルという難役に挑み、そのピュアな輝きで観客を魅了する。本作が俳優デビュー、映画初出演となったことについて、「とても誇らしく、有り難いなという気持ちでいっぱい」と語る。さらにフレッシュな次世代のスターたちに加え、津田寛治、松金よね子 といったベテラン名優陣が、若者たちを見守る島の住民に扮して作品世界に豊かな厚みを与える。

コメント全文
昨年の夏、私はこの大切な作品に出会うことができました。映画に関われる喜びにみちみちた日々は、紛れもなく人生一番 の幸せな時間で、なんだか生き返った気がしました。何度でもあの夏に戻りたくなって、いまだに寂しくなることもありますが、 『さよなら ほやマン』があの時間をちゃんと残してくれてるんだろうと思うと、すごくほっとします。どうか沢山のひとに届きます ように。
呉城久美 (高橋美晴役)

映画『さよなら ほやマン』阿部シゲル役の黒崎煌代と申します。本作は宮城県・網地島の方々の多大なるご協力のもと制作されました。約三週間の撮影期間ずっと島民の皆様の暖かさに感動していました。そんな暖かさで満ちた島の雰囲気がそのまま作品に投影されているように思います。また、本作は私の映画デビュー作であり、今後の活動の原点とも言える作品です。それが「さよなら ほやマン」だということがとても誇らしく、有り難いなという気持ちでいっぱいです。庄司監督の魂を先頭 に色んな方々の魂が込もった作品となっています。私も込められる限り込めました。是非、劇場で観ていただきたいです。よろしくお願いします!
黒崎煌代 (阿部シゲル役)


もがくような熱量が、主演のアフロはじめ、今作のキャストとスタッフにはあった。その熱量が役柄と一体となってこの映画に魂を宿らせたのだと思う。3 週間にわたる宮城・網地島での合宿生活は奇跡的なエネルギーと出会いに満ち、ラストシーンを撮り終えた際には、登場人物たち同様に、監督である私も自分の人生を取り戻せた気がした。とても晴れやかだった。「理屈 に合わなくても、無茶苦茶でも、誰に何と言われても、まずは自分のやりたいことをやる」それこそが人生の輝きを取り戻すきっ かけになると私は信じている。この映画が“もがいてみる勇気”を観た人に与えられたのなら最大の喜びである。最後に、ふるさとを育み、そして奪った美しい宮城の海に、この映画を思いっきりぶつけたい。感謝と畏怖を込めて。
庄司輝秋 (監督・脚本)


そして NHK「あまちゃん」「いだてん」の音楽を担当した大友良英が劇伴を担当。さらに、エンディングテーマは、日本 の伝説的なバンドである BO GUMBOS の名曲「あこがれの地へ」であることが発表された。


本作が長編デビューとなる庄司輝秋監督。「ふるさとを育み、そして奪った美しい宮城の海に、この映画を思いっきりぶつけ たい」とコメントで語る通り、故郷・石巻への熱い想いを胸に、宮城県石巻市網地島オールロケ撮影で挑んだ本作。撮影が終 わる頃には「登場人物たち同様に、監督である私も自分の人生を取り戻せた気がした」と、渾身の一作であることを窺わせる。 製作を手掛けたのは、『ぐるりのこと。』(橋口亮輔監督)『だれかの木琴』(東陽一監督)『蝶の眠り』(チョン・ジェウン監督)などのシグロと、『岸辺の旅』(黒沢清監督)『子供はわかってあげない』(沖田修一監督)『土を喰らう十二ヵ月』(中江裕司監督)などのオフィス・ シロウズ。良質な映画を多く世に送り出してきた両社の初タッグにも注目が集まる。

解禁となったポスタービジュアルは、ほや漁師の主人公アキラと弟のシゲルが大漁旗を持って跳ねているエネルギッシュな一枚。「ぼろっぼろだけど最高の愛」と書かれたコピーには、この兄弟と漫画家の出逢いがある奇跡を起こし、家族の再生 を描いてゆく様が想像される。デザインを手掛けたのは『岬の兄妹』(片山慎三監督)や、現在大ヒットを記録中の『リバー、流れ ないでよ』(山口淳太監督)など邦画作品のビジュアルにも定評のある三堀大介(Siren Inc.)。

さらに 30 秒の特報予告(https://youtu.be/GfddjuXZxH8)では、パソコンのモニターに向き合った兄弟が、何やら映像をアップしている様子が。大友良英の劇判音楽を背景に、島に現れた青髪の漫画家や謎の着ぐるみを纏ったキャラクターなど、断片的な映像が繋ぎ出さ れてゆく。世界に届く「ほやマン」とは一体何なのか...。続報にご期待ください。


出演:アフロ(MOROHA) 呉城久美 黒崎煌代
津田寛治 / 澤口佳伸 園山敬介 / 松金よね子
監督・脚本:庄司輝秋 音楽:大友良英 
エンディングテーマ:BO GUMBOS「あこがれの地へ」(EPIC RECORDS)
アニメーション:Carine Khalife 
企画:山上徹二郎 押田興将 
製作プロデューサー:山上徹二郎 押田興将 小田桐団 波多野文郎 アソシエイトプロデューサー:新井真理子 キャスティングプロデューサー:鈴木俊明 ラインプロデューサー:山上賢治 助監督:髙野佳子 撮影・照明:辻智彦 録音・ 整音:小川武 美術・装飾:澤野五月 編集・カラリスト:鯉渕幹生 VFX:竹内一歩 音響効果:中村佳央 衣裳:宮本茉莉 ヘアメイク:櫻井安里紗 演出応援:七字幸 久 野本史生 撮影応援:古屋幸一 漫画作画:山田菜都美 制作担当:柳橋啓子
製作:シグロ/オフィス・シロウズ/Rooftop/ロングライド 制作プロダクション:シグロ/オフィス・シロウズ
宣伝:ロングライド 
配給:ロングライド/シグロ
【2023年/カラー/5.1ch/106分】
後援 石巻市 文化庁芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
©2023 SIGLO/OFFICE SHIROUS/Rooftop/LONGRIDE
11 月 3 日(金・祝 )公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ