FC2ブログ

記事一覧

アイヒマン最期の舞台裏を描いた映画『6月0日 アイヒマンが処刑された日』予告、ポスタービジュアル、場面写真を一挙解

【ニュース】
第二次世界大戦時、ナチス親衛隊中佐としてユダヤ人の大量虐殺に関わったアドルフ・アイヒマンは、終戦後逃亡しブエノスアイレスに潜伏していた。しかしイスラエル諜報特務庁により、1960年に捕らえられ、61年12月に有罪が確定。

全ての訴状で有罪となったアイヒマンの処刑は、イスラエルの死刑を行使する唯一の時間の定めに基づき、1962年5月31日から6月1日の日が変わる真夜中に執行された。処刑後アイヒマンの遺体を焼却するため、秘密裏に焼却炉の建設が進められる。宗教的・文化的にも火葬を行なわないイスラエルで、この世界史の大きな節目に深く関わることとなった焼却炉を作る工場の人々、そこで働く13歳の少年、アイヒマンの刑務官、ホロコーストの生存者である警察官、市井に生きる人々を通して、これまで描かれることのなかったアイヒマン最期の舞台裏がドラマチックに描かれる。



この度解禁するのは、「アイヒマンを死刑に処する」というラジオ放送に耳を傾ける人々を捉えた映像から始まる予告映像(https://youtu.be/BxP8b6awSNQ)。処刑が迫るアイヒマンが散髪する様子や、彼を監視する警察官のひきつった表情、ナチス戦犯の為に宗教的に火葬をしないイスラエルが秘密裏に焼却炉の製作を進めていたことなどが映像で明かされ、歴史的瞬間を迎えるまでのイスラエルの人々の緊迫した空気感が伝わってくる。アイヒマンの最後を見届けた男の「僕は歴史に触れ、歴史が僕に触れた」という言葉も印象深い。これまで描かれることが無かった“アイヒマン最期の日々”を、史実を基に様々な視点から知ることができる貴重な本作の一端を垣間見ることができる予告映像となっている。



併せて解禁されたポスターは、「描かれることのなかったアイヒマンの最期の舞台裏を今、あなたが目撃する。」というキャッチコピーとともに、塀の中を歩くアイヒマンのシルエットや、彼の“最期”に深く関わることとなった人々が配され、当時の空気感を閉じ込めたようなビジュアルとなっている。場面カットでも、アイヒマンを監視する警察官や、焼却炉の製作に携わった人々など世界史の大きな節目の一瞬一瞬を切り取ったシーンが並んでいる。
 
さまざまなナチスを題材にした映画が公開され、アイヒマンに関しても多くの映画が作られてきたが、裁判の様子や逮捕されるまでを描いた作品が多い中、本作は彼が捕まってから処刑されるまでを丹念に映し出し、処刑後どうなったか、その歴史的瞬間が市井に生きる人々を通してドラマチックに描かれる。ぜひ大きなスクリーンで確かめて頂きたい。

配給:東京テアトル
© THE OVEN FILM PRODUCTION LIMITED PARTERNSHIP
9月8日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ