FC2ブログ

記事一覧

『シック・オブ・マイセルフ』目を背けたくなるほどの強烈な承認欲求を描くメディケーション・ホラー!!10月13日公開

【ニュース】
『SICK OF MYSELF(英題)』の日本語タイトルが『シック・オブ・マイセルフ』に決定し、10月13日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほかにて全国順次公開される。この度ティザービジュアルも解禁された。


アメリカでスマッシュヒットを記録。監督の次回作はA24製作
目を背けたくなるほどの強烈な承認欲求を描く異色の“セルフラブ”ストーリー
現代を生きる女性たちの心を掴んだ『わたしは最悪。』が記憶に新しい北欧ノルウェー・オスロから、破滅的な自己愛を映し出した異色の“セルフラブ”ストーリーの怪作が誕生。少なからず誰もが持つ承認欲求を切り口に、何者にもなれない主人公が嘘や誇張を重ね、人に注目されるための術を追い求めるあまりに自身を見失っていく様を、シニカルにそして極端なまでにコミカルに映し出す。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で絶賛されると、欧米を中心に世界の映画祭を席巻。アメリカでは小規模公開に関わらずスマッシュヒットを記録し拡大上映されたことでも大きな話題を呼んだ。脚本・監督を務めたクリストファー・ボルグリは本作が長編 2 作目。早くも次回作『Dream Scenario』がA24 製作×ニコラス・ケイジ主演×『ミッドサマー』アリ・アスタープロデュースで製作されることが発表され話題を呼んでいる今後注目の新鋭。度が過ぎ滑稽なまでの自己顕示欲を全身で体現するのは現在北欧を中心に話題作への出演作が続く注目の俳優クリスティン・クヤトゥ・ソープ。彼女の病的なまでの自己顕示欲はどこまで膨れ上がっていくのか。そして嫌悪を感じるほどに剥き出しで暴走する自己愛が彼女を誘う先にあるのは、幸福か、あるいは―。現代に巣食う羨望、嫉妬や欲望の「その先」を描いた寓話的ホラーが誕生した。



解禁されたティーザービジュアルのデザインは、数々の映画の宣伝美術を手がける大島依提亜の手によるもの。クリスティン・クヤトゥ・ソープ演じる主人公シグネが謎の薬を口にしようとするシーンを切り取っている。この薬はとある副作用を引き起こすことで知られているが、シグネはなぜそんな危険物を自ら体内に取り入れようとしているのか?柔らかい色合いとポップなデザインの中に、不穏な要素が隠されている。「最狂の承認欲求モンスター誕生。」のキャッチコピーと相まって、シグネが引き起こすただならぬ展開を予感させるデザインに仕上がった。
 

 
【ストーリー】
シグネの人生は行き詰まっていた。長年、競争関係にあった恋人のトマスがアーティストとして脚光を浴びると、激しい嫉妬心と焦燥感に駆られたシグネは、自身が注目される「自分らしさ」を手に入れるため、ある違法薬物に手を出す。薬の副作用で入院することとなり、恋人からの関心を勝ち取ったシグネだったが、その欲望はますますエスカレートしていき――。
 

脚本・監督:クリストファー・ボルグリ
出演:クリスティン・クヤトゥ・ソープ 、エイリック・セザー、ファニー・ベイガー 
2022年|ノルウェー・スウェーデン・デンマーク・フランス| 97分 |COLOR |ノルウェー語・英語|原題:SYK PIKE|字幕翻訳:平井かおり 
配給:クロックワークス
© Oslo Pictures / Garagefilm / Film I Väst 2022
10月13日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほかにて全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ