FC2ブログ

記事一覧

映画の常識を凌駕する世界的傑作『悪い子バビー』10月公開!本ビジュアル、特報解禁

【ニュース】
第50回ヴェネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、その強烈で斬新な物語で全世界に衝撃と感動を与えた『BAD BOY BUBBY(原題)』が、タイトルを『悪い子バビー』として、2023年10月20日(金)より新宿武蔵野館にて公開することが決定し、併せて本ビジュアルと特報映像も解禁された。
 
スーツケース片手に、至る所で大暴れ……
世界イチ乱暴で無垢な男が、出会うものすべてを巻き込んでいく!
ヴェネチアをはじめ数々の映画祭で評価され、海外メディアも「感動的で静かな格別な物語だ。(Film Written Magazine)」「ワイルドで予測不能、世界的な傑作。(HeyUGuys)」「この妥協ない映画は、観るものの五感を刺激する。(The Gurdian)」と絶賛する『悪い子バビー』。20ヵ国以上で配給もなされた本作だったが、日本では『アブノーマル』というタイトルでVHSが発売されていたのみ。そんな”日本だけが取り残されている状況”に終止符を打つ、待望の初公開が決定した。

社会と隔絶され続け、地獄のような環境下で生まれ育ったバビー。解禁された特報映像【https://youtu.be/0pZmF0gGxuQ』では、外気を恐れ、なんとガスマスク装着状態で登場。外に出るや否や車と衝突しかける危機一髪な場面から、街へ出て聖歌隊や子供と笑顔で触れ合う姿や、ライブハウスでパフォーマンスをする様子も収められている。ビジュアルでは、”なんちゃって牧師”の装いでスーツケースとマイクを片手に佇むその凛とした表情も印象的。「奇妙で、無情で、過酷でも、愛に溢れた人生。」というコピーもあるように、バビーが様々な人や音楽と出会う旅の道程や、行く先々での出来事に期待が高まる内容となっている。


この男、狂人か、革命児か—?
全世界20ヵ国以上で配給され、圧倒的支持を集める小さな傑作。
過酷な環境で育ちながらも、多くの人々との出会い、そして音楽に導かれてバビーが自分自身を発見する旅。オランダ生まれオーストラリア育ちのロルフ・デ・ヒーア監督が脚本完成までに10年以上の年月を要した本作は、予算や技術などすべてにおいて映画制作の”普通”に囚われない。バビーが生まれて初めて触れる世界を観客もそのまま体験できるように、撮影監督は合計32名が代わるがわる参加。場面が変わるごとに異質な感覚を味わうことになる。そのほか「バイノーラルサウンド録音」で耳を刺激する音をリアルに再現するなど、一切妥協のない作品が出来上がった。小さな作品ながらもヴェネチア国際映画祭に出品された本作は、一夜にして観客を魅了し審査員特別賞ほか全3部門を受賞。その評判は瞬く間に各国へと広がり20ヵ国以上で上映、ノルウェーでは年間興行収入第2位にランクインする大ヒットを記録した。
母親に命じられるがまま、閉じこもって生きてきたバビー。彼が置かれている、目を覆いたくなるほどの悲惨な境遇に不安を抱きながらも、観る者を衝撃的な感動で包み込む、映画史上稀にみる傑作が30年の時を経て遂に日本初公開となる。


監督・脚本:ロルフ・デ・ヒーア
出演:ニコラス・ホープ、クレア・ベニート、ラルフ・コッテリル、カーメル・ジョンソン
製作:ドメニコ・プロカッチ、ジョルジオ・ドラスコヴィック、ロルフ・デ・ヒーア
撮影監修:イアン・ジョーンズ
編集:スレーシュ・エイアー
音響デザイン:ジェイムス・カーリー
音楽:グレアム・ターディフ
1993年|オーストラリア=イタリア合作|114分|カラー|スコープ
原題:BAD BOY BUBBY|R-18+
© 1993 [AFFC/Bubby Productions/Fandango] 
配給:コピアポア・フィルム
10月20日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ