FC2ブログ

記事一覧

映画『蟻の王』「この国に同性愛者は存在しない」とされていた、過酷な時代に恋に落ちた詩人と青年 ポスタービジュアルを解禁 11月10日公開


【ニュース】
イタリアの名匠ジャンニ・アメリオ監督の最新作にして、第 79 回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され独立賞 5 部門を受賞した『Il signore delle formiche』(原題)を『蟻の王』の邦題で 11 月 10 日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、 YEBISU GARDEN CINEMA、アップリンク吉祥寺ほか全国順次にて公開することが決定した。

カンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞した『小さな旅人』(92)、ヴェネチア国際映画祭の金獅 子賞受賞の『いつか来た道』(98)、2004 年の『家の鍵』はヴェネチア国際映画祭で 3 部門受賞、 米アカデミー賞外国語映画賞のイタリア代表作品に選出されるなど、ヨーロッパを代表する名匠ジ ャン二・アメリオ。人と人の繋がりを、時に冷徹に、時に繊細に描き続けてきたアメリオ監督が選んだ 題材は、同性愛者の存在すら認められなかった時代に恋に落ちた、実在した詩人で劇作家のアルド・ブライバンティとその教え子を巡る史実、“ブライバンティ事件”にインスパイアされた、“人間の尊厳”を問い直す、魂を揺さぶる物語。5月のイタリア映画祭でプレミア上映され、正式公開が待ち望まれていた作品だ。

1960 年代、イタリア・ポー川南部の街ピアチェンツァに住む詩人で劇作家、蟻の生態研究者でも あるアルド(ルイジ・ロ・カーショ)は、教え子の若者エットレ(レオナルド・マルテーゼ)と惹かれ合い、ロ ーマに出て共に暮らし始める。しかしエットレの家族は二人を引き離し、アルドは逮捕、エットレは同性愛の“治療”で電気ショックを受けさせられるため矯正施設に送られてしまう。世間の好奇の目に晒されながら裁判が始まった。新聞記者エンニオ(エリオ・ジェルマーノ)は熱心に取材を重ね、不寛容な社会に声を上げるのだが...。

ファシスト政権下のイタリアでは同性愛者は存在すら認められず、それを禁ずる法もなかったものの、その一方で“教唆罪”という犯罪が成 立、1968 年にアルド・ブライバンティは、若者をそそのかした「教唆」の罪に初めて問われて逮捕され、裁判になった。これに、小説家のアルベルト・モラヴィアやウンベルト・エーコ、映画監督のピエル・パオロ・パゾリーニ、マルコ・ベロッキオら芸術家たちが強く反対の意を表明、 世に激しい議論を巻き起こし、のちに“ブライバンティ事件”と呼ばれた。アメリオは製作の動機を「今も存在する“異なる人”に対する憎悪に立ち向かう勇気を与えたい」と語っている。主演アルドを演じたのは、『輝ける青春』『夜よ、こんにちは』『いつだってやめられる』シリー ズ等で知られるイタリアが誇る名優ルイジ・ロ・カーショ。本作での演技を「ブライバンティの複雑さと弱さを驚くほど繊細に表現してい る、卓越した演技」(londonmumsmagazine)と絶賛されている。アルドとの愛を貫き通そうとするエットレ役には、『若者のすべて』のアラ ン・ドロンを彷彿とさせる、新星レオナルド・マルテーゼを抜擢。その全身全霊の演技を、アメリオは「映画の奇跡」と称した。また、裁判のゆくえを見守る新聞記者エンニオ役には、カンヌ国際映画祭主演男優賞受賞歴を持つエリオ・ジェルマーノが扮し、映画により一層の深みを与えている。



解禁されたポスタービジュアルは、アルドの切なげな表情とエットレの美しくも儚げな横顔が目を引く写真に、キャッチ コピーの「愛と誇りだけは、誰にも奪えない。」が象徴的に映えるものになった。


監督・脚本:ジャンニ・アメリオ
脚本:エドアルド・ペティ、フェデリコ・ファバ 編集:シモーナ・パッジ 撮影:ルアン・アメリオ・ウイカイ 美術:マルタ・マッフッチ 
出演:ルイジ・ロ・カーショ、エリオ・ジェルマーノ、レオナルド・マルテーゼ、サラ・セラヨッコ
2022 年/イタリア/イタリア語/ビスタ/カラー/Dolby Digital/140 分 映倫:G
原題:Il signore delle formiche 英題:Lord of the Ants 字幕翻訳:吉岡芳子
配給:ザジフィルムズ 後援:イタリア大使館、イタリア文化会館 
11月10日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ