FC2ブログ

記事一覧

山本晋也監督30年ぶりの新作映画が始動! 制作支援をクラウドファンディングにて開始! 監督よりコメントも到着

【ニュース】
エイズ、ハンセン病、原発放射能問題...。常に社会問題に向き合ってきた山本晋也監督が新たに選んだテーマは新型コロナウィルス問題である。本作ではコロナを患ったという噂を立てられた一軒家を舞台に集落から孤立し、差別を受ける家族が社会に立ち向かうヒューマンエンターテイメントである。脚本は、今年「夜明けまでバス停で」でキネマ旬報ベスト・テン日本映画脚本賞などを受賞した梶原阿貴。撮影は今秋から開始される。

この度、制作支援のクラウドファンディングを 8 月 5 日(土)AM7:00~開始する。エンドロールにお名前を記 載、完成披露上映会のご招待など様々なプランが用意されている。


山本晋也監督からのコメント動画【https://youtu.be/pT6QvJoqp_c】も到着


山本晋也監督コメント

山本晋也です。ご無沙汰しております。何十年かぶりに映画を撮ることになりまして、どういう脚本にしようか、どういう内容にしようか、いろいろ迷ったのですがコロナのパンデミックをテーマにしないわけにはいかないと思いました。(コロナは)したたかに生きてますよね。第 9 波とか、第 10 波とかどんどん増えていっても死なな いんだから。田舎の町ののんびりした農家家族にコロナがポンと入ってきたらどうなるのか。誰でも気にはなる と思うのです。そういう映画を作るのですが、僕のテーマである“清く正しく厭(いや)らしく”。これをテーマ にして映画にします。おもしろいですよ。

【あらすじ】
2020 年春。とある地方の村で 60 年以上暮らす永野家に、東京の大学に通う孫娘が帰省する。孫娘が持ち込んだ コロナウィルスが家族に感染したという噂が、村中で広まったことから、一家全員が隔離生活を送ることになる。閉塞空間の中で、ストレスは極限に達し、そのうち各々の秘密や嘘が露呈する。村八分にされた永野家は地域住 民から受ける差別にどう立ち向かうのか―

企画詳細
監督:山本晋也 脚本:梶原阿貴 プロデューサー:小林良二 撮影監督:倉本和人 助監督:平川弘喜 制作・配給:渋谷プロダクション
監督:山本晋也

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ