FC2ブログ

記事一覧

『トランスフォーマー/ビースト覚醒』中島健人×藤森慎吾トランスフォーマー愛溢れる2人の熱演!日本語吹替版本編映を像解禁

【ニュース】

中島健人が主人公のノアを、藤森慎吾が新トランスフォーマー・ミラージュを熱演!
豪華声優陣集結! 日本語吹替版本編映像を解禁

日本語吹替版には、人間側の主人公のノア役を中島健人、ヒロインのエレーナ役を仲里依紗、ノアの相棒的存在でシリーズ初登場のトランスフォーマー“ミラージュ”役を藤森慎吾、またシリーズで不動の人気を誇るオプティマスプライムの声を過去シリーズに引き続き、玄田哲章が、シリーズ初登場のゴリラ型のトランスフォーマー“オプティマスプライマル”の声はTVアニメシリーズに引き続き子安武人、ほかにも高木渉、柚木涼香、本田貴子、ファイルーズあい、武内駿輔ら豪華声優陣が参戦し、日本語吹替版の演出を伝説的アニメシリーズ「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」を担当してきた音響監督・岩浪美和が務めることも明らかとなり大きな注目を集めた。


1990年代を舞台にトランスフォーマーたちの新たな物語を描く、新シリーズの幕開けとなる本作。日本語吹替版では人間の主人公・ノアの声に中島健人、そしてノアの相棒となるトランスフォーマー・ミラージュの声に藤森慎吾が抜擢。中島は今作でシリーズ初登場となる動物型のトランスフォーマー“ビースト”の原作となるTVアニメ「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」シリーズを幼少期から愛するほどのトランスフォーマー好きで、藤森も映画「トランスフォーマー」シリーズのかねてから大ファンであることにくわえて生粋の車好きで今回抜擢されたミラージュの変形前であるポルシェは別型でありながらも所持していたことがあるなど、それぞれシリーズへの思い入れやキャラクターへの共通点で“トランスフォーマー愛”溢れる面々の揃うキャスティングが実現した。

中島は「ファンとしてはこの機会に立ち会えること、そしてこの作品に参加させていただける事が、何よりも幸せなので、テンションが今から上がっています。皆さんに完成版をとにかく観て頂きたいと思っていますし、この作品をきっかけに、自分も“進化”という意味で“トランスフォーム”できる様に、頑張っていきたいと思います!」と語り、藤森は「キャラクターの説明文に“トランスフォーマーには、珍しくおしゃべりで、お調子者のムードメーカー。チャラく見えるが、実はとても仲間思い。”と僕に合わせて書いてくれたのかなっていうくらい(自分の)イメージにピッタリなキャラクターだったので、楽しく演じさせていただきました!」とやる気と自信に満ちたコメントを寄せていた。

そんな2人による日本語吹替版の演出を務めたのは、TVアニメシリーズでも演出を務めた岩浪美和音響監督。今作のみならず、「スパイダーマン:スパイダーバース」シリーズや「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」といった大ヒット人気作を手掛ける実力者である岩浪だが、「健人くんは大きなご自分の私物のメガトロンのフィギュアをマイクの横において、メガトロン様に見守られながら正義の味方をやっていました」とお気に入りのキャラクターとともに気合をいれてアフレコに挑んだ中島の姿を振り返り、またその仕上がりを「もちろん、お芝居もとても良かった!」と太鼓判!藤森に関しても「僕は藤森さんのお芝居をプライベートで見に行ったことがあって知っていたので、(ミラージュ役に藤森を、という)話を聞いたときは全然問題ないですね、と思っていました」とかねてから注目していた存在であったことを明かし、その演技力についても申し分ないとのコメントを残している。
そこで、熱量溢れる2人によるノアとミラージュの出会いのシーンをとらえた日本語吹替版本編映像も到着。車から変形するトランスフォーマーを初めて目の当たりにし動揺しながらも果敢に立ち向かおうとするノアを中島が、またそんなノアを警戒するどころか、オートボットらしからぬ親しみやすさとユーモアでマイペースにしゃべり倒し、しまいには友達になろうと語り掛けるミラージュを藤森が熱演。中島と藤森それぞれの魅力がキャラクターとマッチし、2人の演じるノアとミラージュによって紡がれていく物語の展開が気になってしまうワンシーンとなっている。

日本語吹替版にはこの2人のみならず、ヒロインのエレーナの声に仲里依紗、オプティマスプライムにはシリーズを通して同役を演じてきた玄田哲章や、ビースト役にはTVアニメシリーズで活躍していた声優が続投するなど、豪華キャスト陣が勢ぞろい。

鑑賞した方々からは「吹替めっちゃ最高!アニメと同じ声優を使っているのも嬉しいし、中島健人も仲里依紗も藤森慎吾も上手かった!」、「『トランスフォーマー/ビースト覚醒』の吹き替えはマジで優勝!」、「ケンティーは吹替うまくてイケボだし、藤森はハマり役でミラージュが大好きになった!」と絶賛のコメントが続出しており、TVアニメシリーズからの熱狂的なファンはもちろん、縦横無尽に画面で大迫力バトルを展開する映像を存分に楽しみたい映画ファンにも必見の日本語吹替版にも注目だ。




監督:スティーブン・ケイプル・Jr. 『クリード 炎の宿敵』(18)
製作:ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ『トランスフォーマー』シリーズ、スティーブン・スピルバーグ『ジュラシック・パーク』、マイケル・ベイ『トランスフォーマー』シリーズ
出演:アンソニー・ラモス 『イン・ザ・ハイツ』(21)、ドミニク・フィッシュバック 『ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償』(21)
吹替キャスト:中島健人(ノア役)、仲里依紗(エレーナ役)、藤森慎吾(ミラージュ役)、玄田哲章(オプティマスプライム役)、子安武人(オプティマスプライマル役)
配給:東和ピクチャーズ
©2022 PARAMOUNT PICTURES. HASBRO, TRANSFORMERS AND ALL RELATED CHARACTERS ARE TRADEMARKS OF HASBRO.©2022 HASBRO
大ヒット上映中

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ