FC2ブログ

記事一覧

塚本晋也監督 映画『ほかげ』第48回トロント国際映画祭センターピース部門へ正式出品が決定

【ニュース】
この度、11月25日(土)よりユーロスペースほか全国にて公開する塚本晋也監督の最新作『ほかげ』が、9月7~17日(現地時間)にて開催される第48回トロント国際映画祭センターピース部門への正式出品が決定した。先日発表された第80回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門への出品に続き、北米最大の国際映画祭への参加となる。


第48回トロント国際映画祭は現地時間9月7日(木)~17日(日)に開催。プラットフォーム部門に本作にも出演している森山未來が主演を務めた近浦啓監督『大いなる不在』、スペシャル・プレゼンテーション部門には是枝裕和監督『怪物』が選出されている。また、スタジオジブリの最新作『君たちはどう生きるか』が邦画として初めて同映画祭のオープニング作品に選ばれたことでも注目を集めている。

塚本晋也監督は、デビュー作『鉄男』以来、『鉄男Ⅱ BODY HAMMER』(92)、『東京フィスト』(95)、『BULLET BALLET/バレット・バレエ』(98)、『双生児』(99)、『六月の蛇』(02)、『ヴィタール』(04)、『KOTOKO』(11)、現在各地で9年目のアンコール上映中である『野火』と数多くの作品をトロント国際映画祭に出品してきた。前作の『斬、』に続き、5年ぶり12作目となる。今回出品される「センターピース部門」は、昨年までは「Contemporary World Cinema部門」と名称されており、世界中の映画祭で高い評価を受けた作品、カナダや世界の才能による待望のプレミア作品、影響力のある巨匠の最新作を紹介するショーケースの場となる。出品に際し、塚本監督は「ヴェネチア映画祭に続き、北米でのプレミア上映となるトロント映画祭にお招きいただき、光栄に思います。コロナの時期を経て、作品が集中してしまい、アジアからの作品はかなり本数を絞って招待したと聞きましたので、姿勢を正して望みたいと思います。北米の皆さんに、この終戦直後の物語がどういう風に届くのか、見届けさせていただきたいと思います」とコメントし、映画祭での観客の反応に期待を寄せた。また既報の通り、本作は第80回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門にも正式出品されている。



出演:趣里/塚尾桜雅 河野宏紀/利重剛 大森立嗣/森山未來
監督/脚本/撮影/編集:塚本晋也
助監督:林啓史 音楽:石川忠 音響演出:北田雅也
製作:海獣シアター 配給:新日本映画社
2023年/日本/95分/ビスタ/5.1ch/カラー
©2023 SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER
公式サイト:http://hokage-movie.com
11月25日(土)公開


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ