FC2ブログ

記事一覧

映画『緑のざわめき』松井玲奈演じる異母姉のストーカー役・岡崎紗絵オフィシャルインタビューが到着

【ニュース】
きっと全部、自分に折り合いをつけるための旅
生き別れた異母姉妹が手を取り合って、自らの力で居場所を切り開いていく姿を描く
女優を辞め、東京から生まれ故郷のある九州に移住しようと福岡にやってくる主人公・小山田響子役で、主演映画『よだかの片想い』や、 NHK 大河ドラマ「どうする家康」でのお万役でも存在 感を示した松井玲奈が出演。響子の異母妹であり、彼女をストーカーする菜穂子役を、 『mellow』でヒロインを演じた岡崎紗絵、同じく響子の異母妹で佐賀の集落に暮らす少女・杏奈 役を、オムニバス映画『21 世紀の女の子』でも夏都とタッグを組んだ倉島颯良が演じる。

その他、響子の元カレ・宗太郎にダンス&ボーカルユニット「ONE N' ONLY」の RAP&ダンサーの草川直弥、菜穂子の友人・絵里に『忌怪島/きかいじま』での熱演も記憶に新しい川添野愛、響子の親友・保奈美に『蒲田前奏曲』の松林うらら、杏奈に思いを寄せる透に『草の響き』の林裕 太、村に住む長老にカトウシンスケ、杏奈の伯母・芙美子に黒沢あすか等、フレッシュな若手や実力派が集結した。


この度、菜穂子役を演じた岡崎紗絵のオフィシャルインタビューが到着した。



松井玲奈さん演じる異母姉をストーキングする役と知り、どう思いましたか?
影のある役は演じたことがなかったので、初めての挑戦でした。台本や撮影を通して悩みつつでしたけど演じることができ、嬉しくてやりがいもあり光栄でした。

異母姉をストーキングする心理は理解できましたか?
初めは読んだだけでは難しいところがあったんですが、監督とお話を重ねていくうちに段々と理解が深まりました。お姉さんへの憧れを超えて、「お姉さんみたいになりたかった」とか、「一緒に住んでいたらどうだった」とか、嫉妬みたいなものにも変わっていく、”愛と憎悪”に似たようなものを感じました。

 
菜穂子役を演じるにあたり、何を大事に演じましたか?
心の揺れ動きは繊細だなと思ったので、そこの疑問は無くしてやりたかったです。監督と密にお話をし合いながらやりました。

監督が、菜穂子についての資料を作ってくれたそうですが、助けになりましたか?
すごく助けになりました。菜穂子はストーカーとかはしているけれど、友達だとかは普通にいて、社会生活は普通にできている子なので、そこのバランスは悩んだところではありました。「ストーカー」という言葉だけだと、「陰で、自分の殻にこもって、人との関わりはない人」とも取れるのかなと個人的には思うのですが、監督から頂いた資料を読んでそういうこともなく、普通に菜穂子として生活しているんだなと想像するきっかけになったので、ありがたかったです。
 
松井玲奈さん演じる響子をストーキングするというのは、演じていて難しかったですか?
そこまでに至る心理だとかが当たり前に経験はなかったけれど、松井さん自身が知りたくなるようなミステリアスな部分、神秘的な部分がある方だったので、そういう対象として見るのはすごくやりやすかったです。「そう思うだろうな」と理解できたので。ストーカーをしてしまうのは、過去の色々があるからというのが深くあると思ったので、監督と話して知れたし、母親との関係性のコンプレックスや家庭のことを考えつつやっていけば、理解できるかと言われたら難しいですけれど、演じていてそこまで難しいところはなかったと思います。
 
倉島颯良さん演じる異母妹・杏奈との関係性はいかがでしたか?
杏奈と直接的に関わるのは最後のシーンだけだったんです。お姉さんに対する気持ちで動いていた菜穂子なので、ぽっと妹が現れると嫉妬の対象になってしまう。関わり方は難しかったです。お姉さんに対する思いよりも、杏奈ちゃんに対する気持ちの方が難しかったです。お姉ちゃんが杏奈ちゃんといい感じで関わっているのを見て嫉妬していたし、自分も杏奈ちゃんからしたらお姉さんだと思うとまた変わってきたりして、そこは難しかったです。
颯良ちゃんは、(共演シーンが少なく)会っていないからこそ、作品と繋がるところがあって、「どんな子なんだろう」というのを掻き立てられました。杏奈もそうですけれど、まっさらで、目がすごく綺麗で、優しくていい子でした。
 
佐賀・福岡での撮影はいかがでしたか?
自然がすごく豊かでした。ロケーションが綺麗な場所が多かったです。神秘的で画になる場所ばかりだなと思いました。特に最後のシーンの海の前の鳥居だとか、木が生い茂っている場所は、印象的でした。
 
完成した映画を観ていかがでしたか?
なんて心の動きに寄り添った繊細な作品なんだろうと思いました。それぞれの「肯定されたい」という気持ちを感じました。それぞれに生活があって、それぞれ理想だったり願いがあって、欠けた部分を持っている3人が、完璧じゃないし、それぞれ揺れている感じが、共感できる部分もあればそうでもない部分もあるけれど、人間っぽいなと思いました。
 
本作の見どころはどこだと思いますか?
観た方々それぞれ思うことも違う作品だと思うんですけれど、3人姉妹が孤独感など色んなものを抱えていると思うんです。でも、辿ればみんな繋がっていて、その繋がりをすごく求めていて。3人が出会った時に出てくる反応は見どころだなと思います。2人だったらそうはならなかっただとか、3人だからこそというところもあると思います。そういう心の動きに注目して観てもらいたいです。
 
 
読者にメッセージをお願いします。
私が行っていないロケ地もあって、完成した作品を観たら、ダイナミックで自然豊かな場所での撮影が多かったです。そういう自然のダイナミックさと、3姉妹が揺れ動く繊細さが、違ったように見てとれるのは、劇場での大画面ならではだと思います。そういう環境だとか場所の力を借りながら撮影したので、その空気感を一緒に感じて頂ければと思います。
 
 


 
 
菜穂子役:岡崎紗絵 プロフィール
1995年11月2日生まれ。愛知県出身。
2015年より俳優として実績を重ね、代表作ではドラマ「教場Ⅱ」、「ナイトドクター」、「オールドルーキー」等、話題作に出演。「花嫁未満エスケープ」では主演を務めた。映画では、今泉力哉監督の恋愛群像劇『mellow』(20)でヒロイン役を好演。近年の出演作に『名も無い日』(21)、『シノノメ色の週末』(21)がある。


松井玲奈 岡崎紗絵 倉島颯良 
草川直弥(ONE N' ONLY)川添野愛 松林うらら 林裕太 
カトウシンスケ 黒沢あすか
監督・脚本:夏都愛未    
プロデューサー:杉山晴香 / 江守徹 
撮影:村松良  照明:加藤大輝  音楽:渡辺雄司   
配給:S・D・P  製作:「緑のざわめき」製作委員会
2023年/日本/カラー/4:3/Stereo/115分 ©Saga Saga Film Partners
文化庁「ARTS for the future!2」補助対象事業
9月1日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

カテゴリ