FC2ブログ

記事一覧

スペイン発 リベンジホラー映画『PIGGY ピギー』9月公開!予告映像も到着


【ニュース】
殺すか、見殺しか。
もうPIGGY<子ブタ>なんて呼ばせない。
スペインの田舎町。ティーンエイジャーのサラはクラスメイトからの執拗なイジメに苦しんでいた。両親や弟からも理解されず、家の中でも居場所を見つけられないサラはヘッドホンに頭をうずめて自分の気持ちを閉じこめる日々を送っていた。

ある日、あまりの暑さにひとりで地元のプールへと出かけたサラは、怪しげな謎の男と、3人のクラスメイトと鉢合わせてしまう。再びクラスメイトたちのイジメの標的となるサラ。しかし、その帰り道、恐ろしい現場に遭遇する。それは、血まみれになった3人のいじめっ子たちが、謎の男の車に拉致され、連れ去られるところだった…。
スペイン・ゴヤ賞受賞の短編“Cerdita”を基にしたカルロタ・ペレダ長編初監督作品。2018年、300以上の国際映画祭に出品され、フォルケ賞やゴヤ賞など90以上の賞に輝いた、カルロタ・ペレダ監督の同名短編作品を長編化。自らも子を持つ母親であることから監督は「いじめの問題は私の中で常に伝えたいテーマだった。」と語る。

警察や親たちに真実を打ち明けて捜査に協力するべきか、あるいは沈黙を貫いて自分を守るべきか、サラは究極の決断を迫られる。





監督はTV業界でキャリアを積んだ実力派で、初監督の短編映画『The Blondes』は世界各国137以上もの映画祭に出品されたカルロタ・ペレダ。
主演のラウラ・ガランは主に舞台で経験を積み、テリー・ギリアム監督『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』(2018年)で長編初出演を果たす。本作『PIGGY』ではスペインのアカデミー賞と呼ばれる名高いゴヤ賞で最優秀新人女優賞を受賞。サラの母親役にはペドロ・アルモドバル監督作、『トーク・トゥ・ハー』(2002年)、『抱擁のかけら』(2009年)、『私が生きる肌』(2011年)などに出演し、超人気テレビシリーズ「Aída」で主演を務め、スペインテレビアカデミー賞を受賞した“スペインで最も愛される女優”のカルメン・マチ。

映画祭出品/受賞歴
・2022 年サンダンス映画祭正式出品作品
・2022 年ファンタスティックフェスト ホラー長編部門:最優秀作品賞受賞
・2022 年シッチェス映画祭メリエスドール賞受賞(最優秀長編映画賞) 
・2023 年ゴヤ賞 最優秀新人女優賞

この夏、最もブルータルなリベンジホラーが上陸する!!



監督・脚本:カルロタ・ペレダ 
出演:ラウラ・ガラン、カルメン・マチ、リチャード・ホームズ、ピラール・カストロ 他
2022 年/スペイン/スペイン語/99 分/カラー/PG12/配給:シノニム、エクストリーム ©MORENA FILMS-BACKUP STUDIO-FRANCESA
2023年9月22日 (金) 公開



関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ