FC2ブログ

記事一覧

SF映画『JOURNEY』限定劇場公開決定!ポスタービジュアル、場面写真を解禁

【ニュース】
弱冠21歳にして(制作当時)「SKIPアワード賞2022」、2023年に は欧州最大の日本映画祭であるドイツ「ニッポン・コネクション」にエントリーを果たし、凱旋した霧生笙吾による長編監督第一作 『JOURNEY』が劇場公開決定。2023年10月21日(土)~池袋 シネマ・ロサにて限定劇場公開。ポスタービジュアル、場面写真解禁にあわせて霧生監督からのコメントが到着した。

『JOURNEY』は脚本・監督・製作を務めた霧生笙吾が、2022年 武蔵野美術大学の卒業制作でありながら、早くも同年7月に開催さ れたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022における国内コンペティション長編部門に入選。見事、才能ある次世代映画作家に贈られ る「SKIPアワード賞」の栄冠に輝いた。2023年6月にはドイツで 開催される「ニッポン・コネクション」にて上映され、国内外問わず、その独自の映像感覚を高く評価された。

脚本・監督を務めた霧生笙吾は、大学在学中に制作した約20分の短編にて、「亡くなった母親が骨壷 として家に戻り、火葬の際に焼け残った母親の銀歯を取り出す」という物語で描いた“肉体が朽ちていくことへの恐怖”をより発展させ、脚本を構想。“肉体と意識の隔たり”を“壮大な宇宙"と"親子2世代の 継承"というモチーフで描いた、三部構成が連なる全編60分のアブストラクトSF詩篇が誕生した。今回解禁されたポスタービジュアルでは、主人公・慶次が肉体を喪失していく過程の旅(ジャーニー)で、意識を構成する自我と父親とが連鎖する模様が隠されている。

このたび、池袋 シネマ・ロサにて10月21日(土)~劇場公開が決定。 ポスタービジュアル、場面写真解禁にあわせて霧生監督からのコメントが到着した。

脚本・監督・編集:霧生笙吾のコメント
はじめて長編作品を手掛けるにあたり、自分自身、映画が好きになったルーツである「SF映画」の実現を目指し、世界観を構築していきました。本作では、男女を中心とした「世代間のつながり」という小さな単 位と自我と意識、時を司る宇宙といった大きな事象とを重ねて、SFの持 つ壮大さを最小単位で描いています。
今回の池袋 シネマ・ロサでの上映は、私にとって初めての劇場公開となります。多くの人に自分の作品、存在を知覚していただき、たくさんの意見を聞きたいです。


応援コメント (敬称略/順不同)

河合真也(プロデューサー) 
『JOURNEY』を初めて観た時、自分が20代前半で『THX1138』に出会った時の感覚に近い何 かを感じた。人間の肉体と精神はどういう形で存在しているのか。文明の進化、テクノロジーの恐るべきスピード。宇宙へ旅行に行けるようになりつつある今、大きな俯瞰から見ると、人間の 存在とは何なのだろうと考えたくなる。

黒坂圭太(アニメーション作家) 
『JOURNEY』に登場する人物や風景は、みな絵画の様に凍結している。だからこそ彼等が動いた時の 衝撃度は背筋に稲妻が走るが如くである。ストーリーやキャラクター以前の原初的な興奮、長回し フィックスショットの中で揺らめく光と影、ラスト近くに樹木の下で語らう二人が紡ぎ出す時間軸 は、官能的でさえある。それは正に「もうひとつのアニメーション表現」なのだ。霧生監督の切実な る“映画愛”に拍手を送りたい!



【キャスト】宮﨑良太、伊藤梢、森山翔悟、みやたに、山村ひびき、廣田直己
【スタッフ】脚本・監督・編集:霧生笙吾、撮影:蔡融霖、照明:奥田夏輝/林崎征大、録音:井口暁斗、美術:成 田大喜、整音:鈴木昭彦、宣伝デザイン:富永諒、宣伝:滝澤令央、宣伝協力:武蔵野美術大学、配給:Cinemago
劇中曲|ピアノ曲「愛の夢(三つの夜想曲)第三番・変イ長調『おお、愛しうる限り愛せ』
2023 |日本|カラー|シネスコ|DCP|60分
『JOURN
(C)JOURNEY 2023/Cinemago
2023年10月21日(土)より池袋 シネマ・ロサにて限定劇場公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ