FC2ブログ

記事一覧

映画『バービー』興行収入1位スタート!! メイキング映像を特別解禁


【ニュース】
『君たちはどう生きるか』『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』など既に年間のTOP10 の興行収入を記録している大作がひしめく中、週末の興行収入は3日間で1.9億を突破し(初週3日間興行収入 190,939,600円、動員126,916人)堂々の1位を記録。劇場には10代後半から20代の女性が中心に映画館に訪れ、都内の劇場では公開初日は満席となる劇場が続出!映画は絶賛の嵐。すでに「アカデミー賞間違いない傑作!」という声も出ており、主演のマーゴット・ロビー、ライアン・ゴズリングの演技を称賛する声に加え、「想像を超える面白さ!」「まさかバービーで涙するとは…」「文句なしのエンタメ作品!」など、これまでの映画『バービー』の想像を超えていく賞賛の声があふれており、2023年の見逃せない1本になりそうだ。

さらに、興行収入の構成比率において東京ではなんと2023年に公開されたワーナー・ブラザース映画作品の平均の200%を記録。トレンドに敏感な若年層の動員を中心に息の長い興行になりそうだ。

また、映画「バービー」関連商品の完売が続出し、映画版のドールは、発売から10日足らずでメーカー在庫ほぼ完売となっている。OPIが発売したバービーとケンをイメージした9色のネイル商品は7月1日に発売し約1か月で完売、またアパレル商品も絶好調で、ZARAは発売後約1か月、クロックスのコラボ商品は、発売後約2週間で完売するなど映画以外でも大ヒットとなっている。

さらに、コラボレーション雑貨を多く取り扱う「PLAZA」では、全店舗での大型プロモーションを行い、商品は予測より120%の売れ行きで、プロモーション第2弾の開催を願う声が後を絶たない状況となり、まさに日本中がピンク一色になっている。




CG一切なし!大好評の可愛いすぎる“移動シーン”、メイキング映像を特別解禁
どんな自分にでもなれる完璧で<夢>のような毎日が続く“バービーランド”で暮らすバービーとボーイフレンド(?)のケン。ある日突然身体に異変を感じたバービーは、原因を探るためケンと共に〈悩みのつきない〉人間の世界へ! 世界中で一時塗料が不足するほど“ピンク尽くし”で作られた巨大セットや、アカデミー賞衣装デザイン賞受賞デザイナーが手掛ける衣装の数々など、こだわり抜かれたビジュアルや世界観でも話題沸騰!!

メガホンを取ったのは、本作で女性監督作品として史上No.1の興行成績を達成したグレタ・ガーウィグ。キャスト陣には主人公バービー役のマーゴット・ロビー、ケン役ライアン・ゴズリングら豪華実力派スターが勢ぞろいし、ビリー・アイリッシュ、デュア・リパ、ニッキー・ミナージュら世界的人気アーティストたちの楽曲で彩られたサウンドトラックも大ヒットを記録している。

すでに映画を観た日本の観客からは、SNSを中心に「ユニークな発想と玩具特有のポップな世界観が最高」「マーゴットのバービーもライアンのケンもハマりすぎ」「見終わっても興奮と感動と衝撃が冷めやらない。久々に完璧と思える映画を見た」など、大絶賛の声が続々!「こんなに笑って泣いて元気が出る映画ってめったに無いのでは」「最後のバービーの選択に号泣」「予想してなかったけどボロボロ泣いた」など、予想外の展開やバービーの決断に思わず感動するファンも後を絶たず、世界に続き日本でもピンク旋風が吹き荒れている。



この度そんな本作の大ヒットを記録して、お気に入りシーンに挙げる観客も多い、バービーランドと人間界を行き来する際の可愛すぎる“移動シーン”のメイキング映像を特別公開!!
「移動シーンの撮影は、最高に満足のいくものだった」とグレタ監督も確かな手応えを明かしているこちらのシーン。2つの世界を行き来する際には、バービーの愛車であるピンクのコルベットを始め、船、キャンピングカー、自転車、スノーモービル、ロケットなどさまざまな移動手段が使われる。船に乗る時はセーラー服、ロケットに乗る時は宇宙服といったように、乗り物が変わるたびに背景やバービーたちの衣装がチェンジ。
「箱ごとにシーンが入っているの。バービーとケンにシーンを通過させて、次の箱のシーンに行くというようにしたかった」とグレタ監督が語るように、ひとつひとつのシーンがそれぞれ美しい絵画のように映し出されている。

さらにこれらのシーンではCGを使わず、演劇の舞台表現を参考に、セットと舞台装置を用いて撮影を実施した。たとえば水の上をボートで進むシーンでは、布にセロハンを貼って水のきらめきを表現したり、背景の絵はスタッフが実際にロープを引っ張って動かしたりと、マーゴット・ロビーも撮影の裏側を説明しながら思わず笑ってしまうほど、その作業はどこまでもアナログだ。ケン役として本シーンにも登場したライアン・ゴズリングは、「昔の無声映画の表現方法を使っていた。カレル・ゼマン監督作品のようだ」と、アニメ・特撮の巨匠の名前を出しながら興奮気味に撮影を振り返っている。

ほかにもメイキング映像には、こだわりのセットの中で楽しそうに撮影に臨むマーゴットやライアンの貴重な姿や、人間世界でのバービーの持ち主サーシャ役のアリアナ・グリーンブラット、バービーを生み出したマテル社のCEO役のウィル・フェレル、本作の美術を担当したのサラ・グリーンウッド(『アンナ・カレーニナ』『美女と野獣』など)のコメントも登場。映像の中でグレタ監督が「映画『バービー』の舞台は大胆かつ繊細に、ぶっ飛んだ世界にしたかった。観る人にはただ楽しんでもらいたい!」と語るように、観客を楽しませる要素がふんだんに詰まった本作は、ぜひ映画館でじっくり堪能してほしい。



キャスト:マーゴット・ロビー「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」、ライアン・ゴズリング「ラ・ラ・ランド」、シム・リウ「シャン・チー/テン・リングスの伝説」、デュア・リパ、ヘレン・ミレン「クイーン」
監督・脚本:グレタ・ガーウィグ 「レディ・バード」「ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語」
脚本:ノア・バームバック「マリッジ・ストーリー」
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン「ハリー・ポッター」シリーズ「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
公式サイト:http://barbie-movie.jp
大ヒット上映中

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

カテゴリ