FC2ブログ

記事一覧

『卒業 ~Tell the World I Love You~』「皆さんの期待を裏切りません。」主人公演じたバースのインタビュー映像を解禁

【ニュース】
主人公のケンを演じたバースのインタビュー映像が到着。一番難しかったシーンを聞かれ「(雨の)橋の上のシーン」と答えたバース。「撮影時間も⻑くて、雨にも濡れて、とても寒かった。貴重な経験をした」と語るように、このシーンは、本作のクライマックスのひとつ。ドラッグの密売組織から完全に足を洗うため、最後の決戦に臨んだボンだが、大人数を相手に絶体絶命の窮地に立たされたところに、ケンが命懸けで助けに来るシーンだ。過去に出演してきた学園ドラマと大きく異なる脚本や撮影環境にも関わらず、「集中して精一杯リアルに演じた」という。「毎回入念にリハーサルをして演技を確認してから撮影に挑んだ」だけあって、「自分の持って いるスキルはすべて出し切った」と言い放つ。
最後は「皆さんの期待を裏切 りません。どんな世代も楽しめる映画です」と自信いっぱいに締めくくった。




バース、インタビュー映像の日本語翻訳全文


Q:出演を決めた理由は?

バース:今まで演じたことのない役柄で、挑戦になると思いました。今までは学園 BL ドラマに出演していたけど、この映画ではだいぶキャラが違います。

Q:今まで演じてきた役との違いは? 

バース:仕草や話し方がまったく違うし、今回はアクションもありました。もともと自分は可愛い系の顔つきだから、銃を扱ったり、険しい顔で演技をするのは難し かったです。

Q:パースとの共演について 

バース:パースとはよく共演するけど、今回は映画だったから⻑期間一緒でした。パースはいい子だし、撮影はとても楽しかったです。共演シーンが多かったので、 2 人で演技の相談をして監督に提案したりもしました。最初はお互い恥ずかしかったけど、事前に演技のワークショップも受けて、上手く演じられたと思います。

Q:ポット監督と仕事をした感想 

バース:ポット監督は楽しい人でした。役者の意見をいつも聞いてくれる人です。でも面白い人でもあります。僕たちが真剣に演技をしているのに、ふざけたりしてる時もありました。

Q:一番難しかったシーンは? 

バース:(雨の)橋の上のシーンです。撮影期間も⻑くて、雨にも濡れて、とても寒かった。人数が多くて、アクションもあったのでなかなか難しかったです。貴重な経験をしました。撮影は翌朝まで続いたし、カーチェイスもして、今まで出演した学園ドラマと違ってとてもリアルな演技になったと思います。

Q:映画とドラマで演技の違いは?

バース:ドラマの撮影はカメラが 3 台で、映画のカメラは 1 台で⻑回しをします。⻑回しの撮影だったので、集中して精一杯リアルに演じました。ドラマの時と違ってメイクはせず、ほぼ素顔で演じていました。⻑回しなので演技を間違えると最初から撮り直しになるのが大変でした。ほぼ全シーンが⻑回しなので、間違えると毎回やり直しで、だから毎回入念にリハーサルをして、演技を確認してから撮影に入りました。ドラマは 3 台のカメラで同時に撮影するので映画とはまた雰囲気も違いました。

Q:印象に残っているシーンは? 

バース:一番楽しくて好きだったのは、街中でのカーチェイスのシーンです。車間距離を取りながら撮影するのが難しかったし、初めて銃を撃つ演技をしたので、どうすればかっこよく見えるか考えたり、夕方から次の日の朝までいろんな角度から撮影をして、ドローンなどのあらゆる機材が撮影には使われていました。この映画は本当に様々な角度から撮影して編集されました。

Q:自分のどんなスキルを見せられましたか? 

バース:自分の持っているスキルはすべて出し切りました。アクションをはじめ、様々な感情も表現しました。今までに見せたことのない演技ばかりだったと思います。

Q:映画の挿入歌について

バース:僕の歌は 3 曲のうちの 1 曲で「Something Between Us(僕たちの間には)」という曲です。歌手のメオ・ジラサックさんにプロデュースしてもらえて 嬉しかったです。映画の雰囲気にぴったりの曲になりました。僕はメオさんにケンのキャラクターを説明して、ケンらしい雰囲気の歌い方など一緒に考えてもらいまし た。

Q:本作の見逃せないポイント 

バース:僕もパースも今までとは違うキャラクターで、これまでに見せたことがない姿なのでとても新鮮だと思います。キャストとスタッフが全力で感動的な映画を作 り上げました。『卒業 ~Tell the World I Love You~』ぜひ映画館でご覧ください!朝から晩まで全力で頑張った僕の初めての映画です。皆さんの期待を裏切りません。若者の視点で描かれたどんな世代も楽しめる映画です。



また、撮影現場の過酷さ伺わせるメイキング写真や、撮影の合間のホッとさせる笑顔のオフショットも公開!!


監督・脚本:ポット・アーノン 『バンコク・ラブストーリー』
出演:バース(スラデット・ピニワット)、パース(タナポン・スクムパンタナーサーン)、ネット(シラホップ・マニティクン)
原題:Tell the World I Love You/107 分/タイ/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル/字幕翻訳:林完治/字幕監修:高杉美和/配給:ギャガ GAGA★ 
©2021 FLIM GURU CO. LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
8 月 25 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ