FC2ブログ

記事一覧

映画『高野豆腐店の春』藤竜也×麻生久美子、親子喧嘩勃発!!本編映像を解禁


【ニュース】
昭和、平成そして令和と時代を跨ぎ、『愛のコリーダ』(1976)や『龍三と七人の子分たち』(2015)、最新作『それいけ!ゲートボールさくら組』(2023)と活躍し続ける藤に今年注目が集まる!三原光尋監督。渾身のオリジナル脚本に惚れ込んだ藤は、出演を熱望。『村の写真集』(2004)、『しあわせのかおり』  (2008)に続き、藤竜也×三原監督の3度目のタッグとなり、自身の代表作とするべく撮影に挑んだ。

藤竜也演じる辰雄の娘・春役には、今や日本映画に欠かせない女優となった麻生久美子。麻生は藤の主演作『猫の息子』(1997)への出演以来、本作で 26 年ぶりに共演し、すれ違いながらも互いを思いやる親子役を演じる。そして、偶然の出会いから親しくなる独り身の老婦人・中野ふみえ役を中村久美が演じ、辰雄が心惹かれてゆく淡い恋模様も描かれる。


この度解禁された映像では、春が恋人を辰雄に紹介しようとするのだが、大人げなく逃げ回る辰雄に遂にキレた春。
毎日二人っきりで仕事 をして食事をして共に生活をしていた二人。キレた春の空気を辰雄はもちろん瞬時に感じ取り、春のご機嫌を取ろうと必死。厚揚げを揚げて いる春のもとに「おぉ、いい塩梅に揚がっとるの~」と普段は褒めたりなんぞしないのに、わざとらしく胡麻をする辰雄。返事もせず、不機嫌そう にどこかへ行く春。毎朝の儀式、豆腐作成後にしぼりたての豆乳を飲む二人。「ええ季節じゃ。すぐに熱うなんど」と大き目の声で話す辰雄。「そうじゃね」とかろうじて返事はしてくれたものの、これ以上会話は続けさせないと言わんばかりに立ち上がり、店の外をのぞきに行く春。


そして、2 人っきりの食事シーンでは、「春は瀬戸内のタイを楽しめとはよう言うたもんじゃ。いや~好物じゃ~」と盛り上げようとするも、「ごちそうさ ま」と春はそそくさ食事を終え、すぐに退席してしまう。その後も、商品を陳列している春に辰雄が近づいていくと、春は入れ違いに店の中へ。いい加減しびれを切らした辰雄は「会うよ!とりあえず会うけ、日取り決めとけ」と告げる。「ほんまに?」と嬉しそうな春。「こんな毎日が続いた ら窒息してわしは死ぬわ」と敗北宣言。なんとも微笑ましい心温まる親子喧嘩のシーンとなっている。


藤 竜也 麻生久美子 中村久美
徳井優 山田雅人 日向丈 竹内都子 菅原大吉 / 桂やまと 黒河内りく 小林且弥 赤間麻里子 宮坂ひろし
監督・脚本 三原光尋
製作:桝井省志 太田和宏 プロデューサー:桝井省志 土本貴生 山川雅 撮影:鈴木周一郎(JSC) 照明:志村昭裕 録音:郡弘道 美術:木谷仙夫 編集:村上雅樹(JSE) 音楽:谷口尚久 タイトルデザイン:赤松陽構造 助監督:金子功 小村孝裕 アシスタントプロデューサー:吉野圭一 
企画・製作プロダクション:アルタミラピクチャーズ 
配給:東京テアトル 
製作:アルタミラピクチャーズ/東京テアトル 助成・文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
©️2023「高野豆腐店の春」製作委員会
8月18日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ