FC2ブログ

記事一覧

ベン・アフレック×ロバート・ロドリゲス監督『ドミノ』冒頭5秒、既に、騙されている 10月公開

【ニュース】
娘を探す刑事は、その鍵を握る‘絶対に捕まらない男’を追い、現実と見紛う世界に踏み込む。
次々に、はまっていくどんでん返しのドミノの連鎖。 ラストに待ち受けるのは、想像の 3 周先を行く驚愕のラスト! 必ず、もう 1 度観たくなる、世紀のアンリアル・エンターテインメント!!

ベン・アフレック×ロバート・ ロドリゲス監督がタッグを組み、公開されるやいなや、瞬きさえも許さないその挑戦的なストーリーと革新的な映像で一気に話題を浚った最新作 『HYPNOTIC』(原題)の日本公開タイトルが『ドミノ』に決定、ギャガ、ワーナ ー・ブラザース映画の配給で、10 月 27日(金)より全国公開。日本公開および邦題決定と共に、ポスタービジュアルと、最新映像を含む特 報映像が日本解禁された。

どんでん返しのドミノの連鎖!!

最新映像を含む予告映像では、冒頭、「何も信じるな」というナレーション と、【音も】【声も】【見るものすべて】というテロップ。そこに、フロントガラ スから飛び出す人、派手に転がる車など大迫力のカーアクション映像。
続くシーンでは、ベン・アフレック演じるローク刑事が同僚と、屋上に駆け上がり、犯人らしき男を追い詰めるも、男が発した「犯人は奴(ローク)だ」という言葉に反応した仲間の警官が、なぜか、ロークに銃を向ける。驚くロークを尻目に、男は、迷いもなく屋上から飛び降りる。が、下をのぞき込むと男の姿は見当たらない・・・。何が起こっているのか。 その答えのヒントとして、「脳をハッキングしている」「「ドミノ計画」と呼ばれている」という物語の鍵が告げられる。

「冒頭 5 分で、あなたは騙される」「どんでん返しの最高傑作誕生」と、興味をそそるあおりを受け、続く怒涛の衝撃は、町が勝手に動き、折れ曲がった地面が天に追いかぶさるという圧巻のシーン。「これは現実じゃない」という叫びが響き、倒れはじめたドミノの歯止めの効かない絵に、崩れ落ちる街のイメージが重なっていくー。 すべてが意味深で、挑戦的なストーリーと、圧倒的な映像体験を予感させる。
      
次々に、はまっていくどんでん返しのドミノの連鎖。ラストに待ち受けるのは、想像の 3 周先を行く驚愕のラスト。必ず、もう 1 度 観たくなる、世紀のアンリアル・エンターテインメント!

また、合わせて日本版ポスタービジュアルも初公開!静かに決意を固めたようにも、思いつめたようにも見える表情で中央に立つ、主演ベン・アフレック。バックには、複雑に並べられたドミノのコマ。かかげられたキャッチコピーは、「ひと押しで<世界>は崩れ出す」。倒れゆくドミノと、崩れ行く〈世界〉と関連を匂わせる。タイトル、ドミノが表すものは何なのか。娘を探す刑事 VS‘絶 対に捕まらない男‘の戦いの行方は?踏み入っていく〈世界〉とは? 構想20年、ロバート・ロドリゲス監督が仕掛ける〈世界〉から目が離せない。


原題:HYPNOTIC|94分|アメリカ映画|英語|カラー|シネスコ|5・1chデジタル|字幕翻訳:松浦美奈 G 提供・配給:ギャガ、ワーナー・ブラザース映画 
© 2023 Hypnotic Film Holdings LLC. All Rights Reserved. 
10月27日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ