FC2ブログ

記事一覧

タイBLドラマのスターたち競演 青春映画 『卒業 ~Tell the World I Love You~』より、パースインタビュー映像が到着

【ニュース】
本作は生き別れた母親を探すため、幼馴染で同級生のタイの家に居候しながら、奨学金で中国への留学を目指す優等生ケン。留学に向けた試験も迫るある日、集団から袋叩きにされている⻘年、ボンを目撃し、思わず助けてしまう。薬の密売組織から足を洗いたいボンは、組織から制裁を加えられていたのだ。荒々しくも優しいボンとの出会いは、平穏だったケンたちの日常を大きく揺るがす。本来なら出会うはずがなかった正反対 のケン、ボン、そしてタイ。彼らを待ち受ける未来は?

まるで子犬のように愛らしい優等生、主人公のケンを演じるのは、タイの BL ドラマ「Gen Y The Series」で一躍有名となったバース(スラデッ ト・ピニワット、Instagram のフォロワー数 139 万人)。同作から成るタイの人気アイドルグループ、SBFIVE のセンターでもある。不良の⻘年、 ボン役には、日本でも大ヒットした BL ドラマ「ラブ・バイ・チャンス」で主演を務めた大人気俳優、パース(タナポン・スクムパンタナーサーン、 Instagram フォロワー数 311 万人、X(旧 Twitter) フォロワー数 122 万人)。ケンの親友で居候先で幼馴染のタイ役は、人気 BL ドラマ 「Bed Friend」で主演を務めたネット(シラホップ・マニティクン、Instagram フォロワー数 131 万人)が演じる。そのほかにも、個性豊かで今旬な若手俳優たちが脇を固める。



この度、麻薬の運び屋から足を洗おうともがく⻘年ボンを演じたパースのインタビュー映像が到着
「子供の頃からいつかこんな役をやるのが夢だった」と語る本作に出演するきっかけは、「(ケンを演 じた)バースに誘われてオーディションを受けたこと」と意外なエピソードを告白。そのバースとの演技については「息の合った芝居ができる俳優のひとりです。アクションやイチャつく シーンの演技のタイミングがいつも絶妙でした!バースの演技は自然でとても楽しかった」と演技 の掛け合いはパーフェクトだったようだ。
また、一番難しかったシーンを問われて「一番難しくて挑戦的だったのは(バース演じる)ケンを助 けるために駆けつけ、7 人にボコボコにされるシーンです。アクションの手順を覚えるのもとても難しかったです」と答えたパース。「僕の映画初出演作です。迫力のアクションも満載の映画なので、ぜ ひ劇場で観てもらいたいです。今までに見たことのない僕の姿が見られます」とインタビューを締め 括り、Instagramフォロワー数311万人、X(旧Twitter) フォロワー数122万人いるパース のファンはもちろん、ファンでなくても、大人気俳優たちが全精力を注いで作り上げた⻘春ドラマに期待が高まる。

さらに今回の映像には、先日解禁した挿入歌「The Reason Iʼm Not Going Back(僕が戻らない理由)」のミュージックビデオのメイキングシーンも入っている。本編の傷だらけの顔と全く異なる、美しいパースの顔を拝めると本 国タイでも話題になった MV だ。
ボコボコにされても、夜 19 時から翌朝 4 時まで雨降らしの中でずぶ濡れで撮影しても爽やかな笑顔を絶やさないオフショットや、バイクの撮影シーンのメイキング写真も解禁された。



パースのインタビュー映像の日本語翻訳全文

ボン役のパースこと、タナポン・スクムパンタナーサーンです。ボンは麻薬の運び屋をやっていて、ぶっきらぼうなキャラクターです。

―自分とボンが似ていると思う部分は? 

僕はおとなしい性格なので、そこはボンとはかなり違うと思います。それ以外の部分は似てるとも似てないとも言えないですね。麻薬の運び屋を見たことがないので(役作りする上で)そこは調べました。「麻薬の運び屋」というキャラを常に意識して演じていました。

―出演を決めた理由は? 

バースに誘われて、やる気満々でオーディションに挑みました。子供の頃から、いつかこんな役をやるのが夢でしたが、なかなか機会がなくて、今回初めて学生ではないアクションもある役を演じました。

一番感動したシーンは? 

一番感動したのは銃で撃ち合うシーンです。ケンを連れて逃げながら、ニックと撃ち合いました。ニックは車で、僕は一日中バイクに乗って撮影して、色んな角度 から撮影した大がかりなシーンでした。最初はバイクに乗りながら僕が銃を撃ちましたが、監督がバースに撃たせるよう途中から変えました。ドローンを使ったりして様々な角度から撮影されました。このシーンの撮影には 2 日間かかりました。

―番難しかったシーンは 

僕にとって一番難しくて挑戦的だったのは、後半のシーンです。とても複雑なシーンだったので、撮影前に気持ちを集中させました。僕がケンを助けるために駆けつけ、7 人にボコボコにされるシーンです。顔を足で踏まれたり...。ニックとその仲間たちや、リーダーのソンクラーンがいて、自分のキャラクターを維持するよう心がけて演じていました。アクションの手順を覚えるのも、とても難しかったです。このシーンは夜 19 時から撮影して、翌朝の 4 時に終わりました。これまでは学生役 が多く、喧嘩シーンの撮影は短かったんです。だけど今回は 1 人で 7 人に向かっていくアクションの手順を覚えました。とても難しかったです。

―バースと共演した感想

バースは感情表現がうまくて、ケンをとてもリアルに演じていました。演技の掛け合いがうまくいって、息の合った芝居ができる俳優のひとりです。アクションやイチャつ くシーンなどの演技のタイミングがいつも絶妙でした!バースの演技は自然でとても楽しかったです。

―ポット監督と仕事をした感想 

ポット監督は、僕がセリフを言う前にいつもフォローしてくれました。僕の最初の撮影シーンでは、声に力がこもってなかったんです。でも監督が各シーンの撮影前に、役の気持ちを説明してくれて。セリフの読み合わせもしました。その前のシーンの説明もしてくれて、常に気にかけてくださいました。とても仕事しやすく楽しかったです。監督の過去作も観ていたので、今回のアクション映画は正直意外でした。

―映画の挿入歌について

挿入歌は 3 曲あって、ソンクラーンが 1 曲目を、2 曲目が僕で、3 曲目をバースが歌っています。作詞・作曲は歌手のベスパさんで、彼の曲を子供の頃から聴いていたので、一緒に仕事ができて嬉しかったです。「The Reason Iʼm Not Going Back(僕が戻らない理由)」という楽曲で、ボンの気持ちを表現しています。とても綺麗な曲です。ぜひ聴いてください。

―本作の見逃せないポイント

僕の映画初出演作ですし、これまでとまったく違うキャラクターです。90 年代のような雰囲気があって、現代では珍しい映画だと思います。迫力のアクションも満載の映画なので、ぜひ劇場で観てもらいたいです。今までに見たことのない僕の姿が見られます。ボンをよろしくお願いします。




監督・脚本:ポット・アーノン 『バンコク・ラブストーリー』
出演:バース(スラデット・ピニワット)、パース(タナポン・スクムパンタナーサーン)、ネット(シラホップ・マニティクン)
原題:Tell the World I Love You/107 分/タイ/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル/字幕翻訳:林完治/字幕監修:高杉美和/配給:ギャガ GAGA★ ©2021 FLIM GURU CO. LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
8 月 25 日(金) 公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ