FC2ブログ

記事一覧

重岡大毅主演 映画『ある閉ざされた雪の山荘で』中条あやみ 岡山天音 西野七瀬 堀田真由 戸塚純貴 森川葵 間宮祥太朗ら新キャスト、特報映像を解禁

【ニュース】
本作の主人公・久我和幸を演じるのは重岡大毅。ジャニーズ WEST のメンバーとして活動しながら、数多くの映画やドラマに出演し、確かな 演技力を発揮。映画単独初主演となる本作では、オーディションに参加する俳優の 7 人の中で唯一、異なる劇団から参加した“部外者” である久我を熱演。原作からはキャラクター性が異なる主人公を、“重岡ならでは”の表現に落とし込み、見事に演じ切った。



先日、映画化が発表された際には、重岡の周りに目元を赤い線で隠された人物たちが描かれたクリエイティブが解禁され、その正体にも注目が集まっていたが、この度、共演に中条あやみ、岡山天音、西野七瀬、堀田真由、戸塚純貴、森川葵、間宮祥太朗ら新キャストを発表!同世代の今をときめく人気俳優たちが大集結した。
特報映像では、彼らの役どころも明らかに!すでに明かされている重岡演じる【唯一の“部外者”の久我】以外の登場人物たちは皆同 じ劇団に所属する役者たちで、中条は【役を奪われた女優・中西貴子】を、岡山は【こじらせ怪優・田所義雄】、西野は【世間知らずのお嬢様女優・元村由梨江】、堀田は【勝気なワガママ女優・笠原温子】、戸塚は【優しい劇団リーダー・雨宮恭介】、森川は【圧倒的天才女優・麻 倉雅美】、間宮は【劇団のトップ俳優・本多雄一】と、一癖も二癖もありそうなキャラクターたちを演じることが明らかに。合わせて解禁となったティザービジュアルでは、「全員役者、全員容疑者」というコピーと相まって登場人物たちの意味深な表情が印象的に仕上がっている。また、主演の座をかけたオーディションへの招待状を手に持った、それぞれのキャラクター写真も公開された。

解禁に際し、追加キャストからのコメントも到着。飯塚監督が“もう一人の主人公”と表現するほど、作品の鍵を握る重要な役を演じた 間宮は、重岡が主演を務めることが出演の大きな決め手になったことを明かした上で、「バイタリティ溢れるシゲを中心に同世代のキャ ストが集まり、学園ドラマを彷彿とさせる和気藹々とした雰囲気で、楽しい日々になりました」と撮影の日々を振り返った。また、東野 圭吾原作ということで、「この複雑に入り組んだ構造を映像という表現で可視化していくんだな、これは中々難しい事に挑もうとしているなと率直に思いました」と作品全体の印象を語りつつ、「一度目は初見の味を楽しんで頂き、味を知ったからこその楽しみ方が二度三度ある作品だと思います」と自信を覗かせている。

また、自身も東野圭吾作品の愛読者であるという中条は、登場人物が全員役者と いう設定で、同世代のキャストが揃った現場について「それぞれ個性が出ていて本当に劇団員の空気感が出ていたと思います」と振り返り、更に、「ここでは誰が誰に何のために最高の嘘をついているのか。人の執念が集まっているこの山荘の中の世界を覗きに来てく ださい。」と作品をアピールしている。



中条あやみ/中西貴子(なかにし・たかこ)役

オファーを頂いた時は、以前から東野圭吾さんの作品を愛読していたので、
台本と小説を両方読みながら貴子をどう演じるのかを考えるのがとても幸せな時間でした。 キャストの皆さんと現場でお芝居をした時はそれぞれ個性が出ていて本当に劇団員の空気感が出ていたと思います。 原作と脚本でキャラクターの差が好きだったので、演じる時に少し勝手に貴子スパイスを入れて楽しんでいました!
重岡さんはとても興味深い人間です。笑 子供みたいに無邪気に笑う時もあれば何かを見透かした目をする時もあったり、かと思えば 宇宙と交信しているのかなってくらい同じ空間にいるのにいないみたいな瞬間もあったりして、 今まで見てきた人の中でも唯一無二な存在だなと思っています! そんなお人柄の重岡さんと同じシーンの撮影する時はとても学びになりました。
人がつく嘘にはいろんな嘘があります。
優しい嘘、
奮い立たせるために自分を騙す嘘、
誰かの気持ちを裏切ってしまう嘘、、
意識的にか無意識的にか人生でいろんな嘘をついてきた事があるのは私も
そして皆さんも同じなのではないでしょうか。 ここでは誰が誰に何のために最高の嘘をついているのか。人の執念が集まっているこの山荘の中の世界を覗きに来てください。


岡山天音/田所義雄(たどころ・よしお)役

それぞれの場所で活躍されている同世代の皆様と、狭い山荘の中で対峙して行く撮影は、四方八方に感情を揺さぶられる日々でした。
クセ強で難アリな田所をどう全うするか、皆様の在り方を反響させながら作って行く作業が楽しかったです。 歳の近い皆様に囲まれての撮影は久しぶりで、思い出も沢山できました。 何層にも折り重なったサスペンスに、監督によって鮮やかな彩りが添えられた本作を、是非、劇場でお楽しみいただきたいです。


西野七瀬/元村由梨江(もとむら・ゆりえ)役

最初にお話をいただいた際に、同世代で活躍されている俳優の皆さんとご一緒することが今までにあまりない経験だったこともあり、刺激になりそう、と楽しみでした。
基本的には 1 シチュエーションなので同じ場所での撮影も多く、控室も皆さんと一緒で、テレビを見たり、お家にいるような感じで楽しかったです。 私が演じた元村由梨江は、劇団水滸の中では後輩で、お金持ちで、劇団の活動を楽しんではいるものの、敢えて会話に参加しなかったり、心の内に秘め ていることが日頃からある、腹黒いタイプなのかなと思います。
台本で読むと難しい部分もありましたが、撮影時に監督から 1 シーンずつ丁寧に説明していただきながら撮っていくことができました。 完成した映画を観て、この作品は今までにない新感覚なサスペンスだと感じました。 ミステリー要素も多く、登場人物の関係性も散りばめられているので、考察も楽しみながら観ていただけたら嬉しいです。



堀田真由/笠原温子(かさはら・あつこ)役

役者でありながら、役者の役を演じることは自分自身にとってとても挑戦的な作品になるなと、戸惑いも感じましたが、『ある閉ざされた雪の山荘で』の小説を読んだとき、東野圭吾さんの描かれるミステリーエンターテイメント作品はキャラクターの輪郭が明確にある人物が多く、一癖ある彼女に自らの 息を吹き込んでみたいと出演させていただく思いが固まりました。
東野圭吾さん、そして飯塚健監督。 さらには、キャストの皆様ともご一緒させていただいたことがあったので幸せな再会に恵まれ、撮影はとても楽しい時間を過ごすことができました。 閉ざされた山荘で起こる事はお芝居なのか、リアルなのか?
散りばめられたトリックの違和感に気づく方はいるのでしょうか? 大きなスクリーンで真相を確かめてください。公開をお楽しみに!


戸塚純貴/雨宮恭介(あまみや・きょうすけ)役

東野圭吾さんが作られた中でも独特なミステリーの世界観と、試されているような緊張感はたまらなく興奮します。
僕たちは日常的にこの世界にいるのかもしれない。 どこからが作品でどこからが日常か、役として生きる方が多い人生かもしれないと思うと少し怖くなった。外連味の詰まったこの映画は観る人を思いもよらないところへ連れて行くことでしょう。


森川葵/麻倉雅美(あさくら・まさみ)役

私がお話しをいただいた時点では既に他のキャストの皆さんが決まっていて、今をときめく俳優が一堂に会して芝居をするという機会は滅多にないの で、そこがとても魅力的に映りました。雅美というキャラクターは独立しているようで孤立している、見る人によって受け止め方が変えられるキャラクターだなと感じました。強い意志を持っているようでありながら、どこかか弱い一面も持ち合わせた人間味の強いキャラクターなのかなと思っています。皆さん大人なので、それなりに大人な対応をし合う現場になっていくのかと思いきや、まさにじゃれあうという言葉が似合うコミュニケーションの取り方をしていました。ほぼ全員昔から知り合いの役者ですが、どんなに経験を積んでも中身の根っこの部分の人間性は皆変わらないなと感じることができ、 昔懐かしさでじわっと心が温まりました。
そのおかげもあってか芝居中には皆の呼吸が自然と合っていたように思います。 キャラクターの性格が細かく分かれていて、人間性が見えてくる時に、それぞれの役者が作ってきた役の芝居の細かさが見えます。たまには映画を客観的にその役者達の作ってきた"芝居"というものにこだわって見てみるのも面白いのではないでしょうか。本作を、是非、劇場でお楽しみいただきたいです。


間宮祥太朗/本多雄一(ほんだ・ゆういち)役

映画「ある閉ざされた雪の山荘で」本多雄一役を演じました、間宮祥太朗です。 自分が最初にこの話を頂いた時にはこの作品の全貌についてまだ殆どの事を聞いていない状態でした。以前もお世話になったプロデューサーの大畑さんから頂いたお話であるということ、そして主演が重岡大毅さんであるということ、この二点で是非とも参加したいと思った記憶があります。
それから原作や脚本を読み進める段階を経て、撮影期間に入り、この複雑に入り組んだ構造を映像という表現で可視化していくんだな、これは中々難しい事に挑もうとしているなと率直に思いました。
そして役者が役者を演じ、登場人物である役者もまた役を演じている。
という事においても、面白さと難しさを同時に感じました。
現場はバイタリティ溢れるシゲを中心に同世代のキャストが集まり、学園ドラマを彷彿とさせる和気藹々とした雰囲気で、楽しい日々になりました。一度目は初見の味を楽しんで頂き、味を知ったからこその楽しみ方が二度三度ある作品だと思います。
是非お楽しみに。



重岡大毅(ジャニーズ WEST) 中条あやみ 岡山天音 西野七瀬 堀田真由 戸塚純貴 森川葵 間宮祥太朗
原作 東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」(講談社文庫)
監督 飯塚健 脚本 加藤良太 飯塚健 音楽 海田庄吾
製作 小西啓介 島田浩一 松本智 藤島ジュリーK. 渡辺勝也 森川真行
エグゼクティブプロデューサー 小西啓介 企画プロデュース 大畑利久
プロデューサー 橋口一成 清家優輝 アソシエイトプロデューサー 関口周平 石塚清和
撮影 山崎裕典 初野一英 照明 岩切弘治 録音 反町憲人 美術 相馬直樹 装飾 西野共未 小道具 三﨑茉莉子
衣裳 白石敦子 ヘアメイク 内城千栄子 スクリプター 石川愛子 編集 森下博昭 VFX スーパーバイザー 斎藤大輔
音響効果 松浦大樹 キャスティング 杉野剛 助監督 黒田健介 制作担当 竹内哲也 後藤一郎 ラインプロデューサー 濱松洋一 製作幹事・配給 ハピネットファントム・スタジオ 制作プロダクション ファインエンターテイメント
©2024 映画『ある閉ざされた雪の山荘で』製作委員会 ©東野圭吾/講談社 
2024年1月公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ