FC2ブログ

記事一覧

東京フィルメックス最優秀作品賞 映画『沈黙の自叙伝』ポスター、予告映像を解禁

【ニュース】
マクバル・ムバラク監督の長編デビュー作『沈黙の自叙伝』の公開日が9月16日に決定し、併せてポスタービジュアルと予告編が解禁された。
暴力と欺瞞に満ちたインドネシアの近現代史を寓話的に描いた本作は第79回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門で上映されるやいなや大きな話題となり国際批評家連盟賞を受賞、さらに第23回東京フィルメックスコンペティション部門では審査員長のリティ・パン監督から絶賛され。最高賞の最優秀作品賞を受賞した。
 

ある農村に君臨する“独裁者”に仕える青年 
ふたりの間に流れる奇妙な時間―そして静かに回る運命の歯車

青年ラキブの父は刑務所に、兄は海外に出稼ぎに出ている。彼は、インドネシアの田舎町で何世紀にもわたり一族で仕えてきた、退役した将軍プルナが所有する空き屋敷で、たった一人の使用人として働くことになる。プルナはラキブに対して立場を超えたように親身に接し、父親代わりの存在となりつつあった。ラキブ自身もプルナのアシスタントとして、仕事と生活の中で天職を見出す。そして、地元の首長選挙に立候補した将軍の選挙キャンペーンが始まり、二人の運命も大きく動き出す。
長編第一作となるインドネシアの新鋭マクバル・ムバラクが暴力と欺瞞に満ちたインドネシアの近現代を寓話的に描き、ヴェネチア映画祭国際映画批評家連盟賞、東京フィルメックス最優秀賞を受賞した衝撃の作品。



見事な演出による自信に満ちた映画スタイル。
巨大な網に対する個人の抵抗の探求が次第に権力構造の不穏な邪悪さへと変化する様子を描いている。
――リティ・パン (映画監督『消えた画 クメール・ルージュの真実』・東京フィルメックス審査委員長)
 
インドネシアの隠された闇の核心に迫る、しなやかで洗練されたスリラー
――VARIETY
 
 
【監督】マクバル・ムバラク
【出演】ケビン・アルディロワ、アースウェンディ・ベニング・サワラ、スワラ・ユスフ・マハルディカ、ルクマン・サルディ
2022年|インドネシア、 ポーランド、ドイツ、シンガポール フランス、フィリピン、カタール|インドネシア語|カラー|115分 英題 : AUTOBIOGRAPHY
東京フィルメックス上映題「自叙伝」
©2022. Kawan Kawan Media, In Vivo Films, Pōtocol, Staron Film, Cinematografica, NiKo Film
9月16日(土)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ