FC2ブログ

記事一覧

初共演の安藤サクラ×山田涼介が濃密な撮影期間を回顧! 映画『BAD LANDS バッド・ランズ』完成披露舞台あいさつ

【イベント】
予測不能なクライムサスペンスエンタテイメントが遂にそのヴェールを脱ぐ!!
入口からステージを繋ぐレッドカーペットの上を華々しく歩いて登場した安藤、山田を始めとするキャスト一同。まさに今、初めて本作を観終えた興奮冷めやらぬ観客で満席の会場は、すぐ近くを歩く安藤や山田たちの姿を見るやボルテージがマックスに!頭を下げたり手を振ったりしながら順番に登場した 8 人全員がステージに到着すると、割れんばかりの拍手が会場中に鳴り響き、イベントがスタートした。




熱気溢れる会場の様子を前にした主演の安藤は 2 階席を見上げ「上まで!」と、驚きと嬉しさの入り混じった様子を見せながら、「こんなに大勢の皆様とともに今日迎えられることがすごく嬉しいなと心から感じております。」と、ついにこの日を迎えた喜びを表現。続けて「原田監督、素敵な作品に出会わ せていただきまして、本当にありがとうございます。」と高まる思いに感極まる様子を見せた。続く山田も「本当に毎日が刺激的な日々で、安藤さんはじめ素敵なキャストの皆さんと一緒に芝居で来たことが、僕のこれからの力になるなという風に思っております。」と撮影の日々を振り返った。



ステージに並んだキャスト一同に対し、原田監督は「ステージに上がってきたら、これうちのキャスト!?っていうぐらい、みんな映画とイメージが違っていますよね。やはりみんな俳優だなという感情を、強く持ってます」とコメント。続いて客席を見渡し「マスクがほ とんどない観客を前にして、こうして完成披露試写会ができるということが一番嬉しいです。本当にありがたいですね、3年ぶりで す。」と笑顔を綻ばせた。 「毎日が幸せなロケーションでした。撮影現場で安藤さんからいつも元気をもらっていました」と切り出したのは、幼い頃からネリを 良く知る元ヤクザ・曼荼羅を演じた宇崎。山田と撮影したシーンも思い出深かったそうで「2人で走るシーンがあったのですが、 (山田が)ものすごく早くて、追いつけないんです。年長者への忖度が全くない!」とその裏話を披露すると、山田は思わず苦笑い。突如として飛び出した思わぬエピソードと、それにたじたじになる山田の様子に、会場は笑いの渦に包まれた。 

ネリとジョーに仕事を紹介する名簿屋を名乗る男・高城を演じた生瀬は「本当に楽しくてすごく濃い時間で、出来上がった作品を観た時にこんなかっこいい作品に出られたんだなと思いました」、姉弟を追う刑事を演じた吉原は「熱い、泥臭い作品になっていると思うので、今日観ていただいたみなさんにもまた観て頂きたいです」とそれぞれに挨拶。そんな吉原は役作りの一環として実際にロケ地へ足を運んで歩いたり宿泊したりしたと言い、「その場所の歴史みたいなのを感じさせていただける匂いが残ってるロケ地が多くて、その場所に行って実際に演技をするというのは、本当にいつも幸せで(原田監督は)すごいなと思います」と、今回自身は三度目のタッグとなる原田監督への信頼を垣間見せた。 特殊詐欺の道具屋として、その出演そのものが話題ともなった天童は「素晴らしい、本当に凄みのある映画に出演させていただ きました」と感謝の気持ちも表現しつつ、「自分で言うのもなんですけど、こんな可愛いイメージの私が、とんでもない役をやらせて頂きました。すごく緊張しました!」と冗談交じりに自身が演じた役柄について触れ、会場の笑いを誘う一場面も。



今回原田監督の大抜擢で、映画初出演にしてその存在感が光る謎多き女・林田を演じたサリ ngROCK は冒頭「初めまして!」と観客へ 挨拶。「本当にはじめましてです。映画に初めて出させていただきました。今日こんな所に立たせてもらえる人生になるなんて、本当にビックリしています」と、キャストの中でも一際興奮している様子を見せた。 



本作がようやくお披露目となったことについて今の気持ちを聞かれた安藤は「こうしてご覧いただいたことによって、より一層、もっともっと多くの皆さんに公開したら見ていただきたいなと言う気持ちがすごい湧き上がっています」としながら、「山田君と共演できると聞いてすごく楽しみでした。きっと自分も知らない自分のお芝居に出会えるんじゃないかなっていう期待を持って現場に挑んだのですが、こうしてジョーのなんと素晴らしいことでしょう!」と、今作で姉弟役で初共演となった山田を大絶賛。一方の山田も「安藤さんとするお芝居は本当に楽しかったですね。」と答えると、「楽しかったね!」と二人で顔を見合わせて息ぴったりの様子を見せ、映画本編でも余すところなく発揮されていた安藤×山田の化学反応をここでも見せつける一幕となった。 「姉弟が向かう先は“天国”か“地獄”か?」という本作のキャッチコピーにちなみ、それぞれに本作の撮影中に感じた“天国”な瞬間と“地獄”な瞬間を聞いてみると、安藤は「雪」と回答。撮影中にロケ地で記録的な雪が降ったといい、大変な面もあったものの、その雪景色のおかげで急遽生まれたシーンがあったそうで「地獄であり天国であり、の雪だったのかなと思います」と振り返った。一 方、安藤とは全く違ったテンションで会場を再びの笑いの渦に巻き込んだのは生瀬。「近江のあたりで撮影をしたんです。近江牛は有名ですがちょっとお高いので、近江ちゃんぽんがおススメです。天国ですよ」とシンプルな一言で、イベントのラストへ向け会場を見事に温める形となった。 


最後に、キャストを代表して安藤が「台本手にして、この役に出会って、久しぶりに私自身すごく心が震える出会いでした。山田涼介とジョーの出会いというのも、これからの映画の歴史に残るような出会いだったんじゃないかなと感じています。原田監督の描く、いろんな味わいのあるこのエンタテイメントをとにかくたくさんの方に見ていただきたいです。」と挨拶。「今日この時間を共有した からには皆さんも仲間だと思ってます。よろしくお願いいたします。」と観客へ最後のアピールも忘れず、大盛況のうちにイベントは終了した。
(オフィシャルレポート)


映画『BAD LANDS バッド・ランズ』完成披露舞台あいさつ
場所:丸の内 TOEI1(東京都中央区銀座3丁目2−17)
登壇者(敬称略):安藤サクラ、山田涼介、宇崎竜童、生瀬勝久、吉原光夫、天童よしみ、サリ ngROCK、原田眞人監督


安藤サクラ 山田涼介
生瀬勝久 吉原光夫 大場泰正 淵上泰史 縄田カノン 前田航基
鴨鈴女 山村憲之介 田原靖子 山田蟲男 伊藤公一 福重友 齋賀正和 杉林健生 永島知洋 サリ ngROCK 天童よしみ / 江口のりこ / 宇崎竜童
監督・脚本・プロデュース:原田眞人
原作:黒川博行『勁草』(徳間文庫刊)
製作:村松秀信 ウィリアム・アイアトン 勝股英夫 藤島ジュリーK.
エグゼクティブ・プロデューサー:柳迫成彦 上木則安 企画・プロデュース:鍋島寿夫 プロデューサー:小杉宝 小笠原宏之 原田遊人 プロダクション統括: 吉田尚剛 秋本つばさ
音楽:土屋玲子 ラインプロデューサー:大日方教史 撮影:北信康 照明:柴田雄大 美術:金勝浩一 録音:鶴巻仁 編集:原田遊人 装飾: KEN 衣装:宮本まさ江
ヘアメイクディレクション:酒井啓介 ヘアメイク:塩谷英里 スタントコーディネーター:中村健人 B カメラ撮影:堂前徹之 VFX スーパーバイザー:オダイッセイ
整音:矢野正人 音響効果:柴﨑憲治 スクリプター:川野恵美 キャスティング:石垣光代 助監督:土肥拓郎 制作担当:伊藤栄
「BAD LANDS」製作委員会:東映 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント エイベックス・ピクチャーズ 制作協力:スカイホーク アミューズメントメディア総合学院 制作プロダクション:AMG エンタテインメント
配給:東映/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
2023 年/143 分/カラー/シネスコ/5.1ch ©︎2023「BAD LANDS」製作委員会
9月29日(金) 公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ