FC2ブログ

記事一覧

映画『蟻の王』「この国に同性愛者は存在しない」とされていた、過酷な時代に恋に落ちた詩人と青年。」予告編、場面写真を解禁

【ニュース】
イタリアの名匠ジャンニ・アメリオ監督の最新作にして、第 79 回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され独立賞 5 部門を受賞した『蟻の王』。この度、予告編が完成し、場面写真も解禁された。

人と人との繋がりを、時に冷徹に、時に繊細に描き続けてきたヨーロッパを代表する名匠ジャンニ・アメ リオ監督の最新作は、同性愛者の存在すら認められなかった時代に恋に落ちた、実在した詩人で劇作家のアルド・ブライバンティとその教え子を巡る史実、“ブライバンティ事件”にインスパイアされた、“人間の尊厳”を問い直す、魂を揺さぶる物語。


主演アルドを演じたイタリア映画界が誇る名優ルイジ・ロ・カーショは、本作で主演を務めることについて「どんな困難があっても尊敬するアメリオ監督と仕事をしたかった。脚本を読んで、ブライバンティのことを知り、この作品がもつ社会的な重要性を知るにつれて、自分が出来る最大限のことをしたいと思った」と真摯な熱い想いを語っており、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞とナストロ・ダルジェント賞の 主演男優賞にノミネートされた。そして、アルドとの愛を貫き通そうとするエットレ役には、アメリオ監督に、その全身全霊の演技を「映画の奇跡」と称された、本作が映画デビューとなる新星レオナルド・ マルテーゼが抜擢され、ヴェネチア国際映画祭では独立賞で新人賞 2 冠を受賞。ナストロ・ダルジェント賞では、今後のイタリア映画界での活躍が期待される俳優に送られる新人賞を見事受賞した。


既に日本のイタリア映画ファンからも注目を集めており、5 月に開催されたイタリア映画祭でのプレミア上映でのアンケートでは「エットレ役のレオナルド・マルテーゼの迫真の演技に心が震えた。」「エットレの純粋な心と、表情の表現が本当に素晴らしかった」といった賛辞の声が多数寄せられた。本年度のカンヌ国際映画祭に正式出品されたマルコ・ベロッキオ監督の最新作『RAPITO』(原題)にも重要な役で出演しており、今後ますますの活躍が期待されている。

解禁となった予告編は、アルドとエットレが互いに惹かれ愛し合いながらも、家族や法によって引き裂かれ、アルドが“教唆罪”に問われ法 廷に立つ様子、エットレが“治療”と称した電気ショックを受ける姿が映し出された。二人が愛を貫き、不当に抗う強い意志を感じられるも のになっている。

また、法廷での二人の姿や、裁判を取材する記者エンニオの姿を切り取った場面写真も解禁となった。


監督・脚本:ジャンニ・アメリオ
脚本:エドアルド・ペティ、フェデリコ・ファバ 編集:シモーナ・パッジ 撮影:ルアン・アメリオ・ウイカイ 美術:マルタ・マッフッチ 
出演:ルイジ・ロ・カーショ、エリオ・ジェルマーノ、レオナルド・マルテーゼ、サラ・セラヨッコ
2022 年/イタリア/イタリア語/ビスタ/カラー/Dolby Digital Digital/140 分 映倫:G
原題:Il signore delle formiche 英題:Lord of the Ants 字幕翻訳:吉岡芳子
配給:ザジフィルムズ 
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館
HP: http://www.zaziefilms.com/ arinoo ©Kavac Srl / Ibc Movie/ Tender Stories/ (2022)
11月10人(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ