FC2ブログ

記事一覧

『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』橋本環奈・新木優子・岩田剛典が明かす笑ってはいけない!?“福田組”撮影秘話 インタビュー映像解禁

【ニュース】
この度、初解禁となるメイキング映像を含んだ 3ショットスペシャルインタビュー映像が解禁。解禁となった映像は、福田作品に欠かせないスターでありミューズの橋本環奈、「SUITS/ スーツ」シリーズや「六本木クラス」といった話題作への出演が続く新木優子、『新解釈・三國志』に続く福田監督とのコラボレーションとなる岩田剛典が勢ぞろいし、未だかつてないグリム童話のキャラクターを演じてみての心境や“福田組”の撮影の舞台裏を明かすメイキング映像を含んだスペシャルインタビュー映像となっている。

橋本は元々原作を読んでおり、緻密なストーリーとミステリー要素を含む作品を福田監督が どのように映画化し、コメディ要素を取り入れるのか興味津々だったそうで、脚本の段階から既に「クスッ」と笑える仕上がりになっていたと明かす。また、グリム童話のキャラクターを演じると聞いた際に新木は「シンデレラを日本人がやっていいのかな・・・」と不安やプレッ シャーを感じていたようで、岩田も自身の役柄について「王子様ですよ、多分監督はいじってますよね(笑)」と戸惑いもあったものの、現場では「王子様、入りまーす!」「王子様、こちらへ!」と言われて気分が良かったと明かし、橋本も「王子様をスマートにこなすってでき ないですからね。でもちゃんとこなしていて存在感がありました」と賞賛しつつも「確かに監 督はいじってるふしはありました(笑)」と楽しそうに振り返った。

続いて新木は「橋本環奈ちゃんが赤ずきんを演じると聞いた瞬間にすごくしっくり来まし た。今まで福田組の中ではボケのイメージがすごかったので、どんな環奈ちゃんが見られるん だろうと、いち福田組ファンとして楽しみにしていました」と述べ、岩田も「少なからず本人の要素もあると思う。頭の回転が速い印象なのでハマっていました」と橋本が演じる赤ずきんのキャラクターについて触れている。


そして、話題は福田監督になり福田組初参加の新木が「監督は何回も撮るというより、1回か2回でOKがでちゃうので、そこに集中しなきゃという焦りもあって、本当にいいんですか!?」と驚いたとのことで、岩田も「分かるそれ!いっぱい撮らないよね」と共感し、ムロツヨシが本番でどれだけ面白いことをしても新木は「絶対に笑わないぞ!」と注意を払って撮影に挑んだという。続けて「だって笑ってもOKになっちゃうじゃない?」と新木が話すと橋本は「はい、使われますね(笑)」と大きく頷き、福田組の現場ならではのちょっとした苦労が明かされた。

また福田組常連の佐藤二郎との撮影に関して岩田は「アドリブですかね。(二郎さんから) ここだぞみたいな雰囲気を出してくるので、そこで俺喋っていいんですねっていう、その間の やり取りがありました」と顧み、橋本は「そうそうそう!二郎さんあるあるですね。カットか けるまで喋ったりするじゃないですか?これ言ったら止めてっていう最終ワードみたいなのを決めておいて、自由にやって最終ワード言ったらカットインするみたいなのがありました」と佐藤二郎独特のルールについて説明した。さらに、今作で人間ではない〈ネズミ〉という風変りな役を演じた同じく福田組常連のムロツヨシについて新木は「特殊メイクで鼻をずっとつけてたので、ちょっとだけ鼻声でそれがまた可愛くて、セリフの言い回しの〈チュ〉をどれくらい入れ込むのかを監督と話し合っているところが面白過ぎてすごい印象的でした」と語り、橋 本からは「本番はもうちょっとくるんで気を付けといた方がいいよ(笑)」とアドバイスをも らったことを振り返った。

そして岩田は本作について「頭をからっぽにして家族団らんで観られるアットホームな作 品」と福田監督ならではのライトで楽しいコメディ要素をミックスした本作について語り、新木も「スケールの大きさと映像の美しさが見どころ」と徹底的にこだわったロケーションや美術セット、CGで作り上げたゴージャスなグリム童話の世界観に自信をにじませた。一方 橋本は 「本当に個性の強いキャラクターたちがいきいきしています。そして飽きさせないストーリー 展開と伏線回収がすごいです!」と誰も見たことのない夢と冒険に満ちた本作への思いを語った。

まさしく、グリム童話の世界から飛び出してきたかのような、まばゆいばかりの 3人のインタビューと配信前に観ることで作品をより楽しむことができるメイキング映像を、ぜひお楽しみください。



出演:橋本環奈
新木優子 岩田剛典 夏菜 若月佑美 /桐谷美玲
ムロツヨシ
加治将樹 長谷川朝晴 犬飼貴丈
山本美月 キムラ緑子 真矢ミキ
佐藤二朗
原作:青柳碧人「赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。」(双葉社刊) 原作公式サイト:https://www.futabasha.co.jp/introduction/aoyagi/ 主題歌:SEKAI NO OWARI「タイムマシン」(ユニバーサル ミュージック) 監督:福田雄一
エグゼクティブ・プロデューサー:佐藤善宏(Netflix)
企画統括:佐々木基
プロデューサー:松橋真三(クレデウス)
鈴木大造(クレデウス)
制作プロダクション:クレデウス
制作著作:テレビ朝日
企画・製作 Netflix 
Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/赤ずきん、旅の途中で死体と出会う
9月14日(木)よりNetflixにて世界独占配信

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ