FC2ブログ

記事一覧

映画『リバイバル69~伝説のロックフェス~』ロング予告編、新ビジュアルを解禁

【ニュース】
ロックンロールの復活を謳った音楽フェスティバル「トロント・ロックンロール・フェスティバル 1969」。紆余曲折の末、ロックの創始者たちだけでなく、シカゴ、ドアーズといった 当時大人気の大物やアリス・クーパー、さらにはジョン・レノンまでもが急遽参戦し、新旧のロック・スターたちによる圧巻のパフォーマンスが繰り広げられた。今や「ウッドストック」とも並び称されるが、その成立をめぐってはドタバタ劇を通り越してもはやカオスだった。関係者の口から明かされるウソのような本当の話とは!?未公開のバックステージやコンサート映像とともに当事者たちが初めて語る、半世紀ぶりに届けられ た必見の「お宝映像&エピソード」。情熱と偶然、危機と奇跡が織りなす笑いと涙の舞台裏が今、ついに明かされる!

この度解禁されたロング予告では、チャック・ベリー、リトル・リチャード、ジェリー・リー・ルイス、ボ・ディドリーらロックの創始者たちが一堂に会するという意図の音楽フェスであったが、開催まで 1 週間になってもチケットがあまり売れず、開催者のジョン・ブラウワーは藁をも掴む気持ちで急遽ジョン・レノンとオノ・ヨーコへ打診する様子が描かれる。当初は MC でのオファーであったが、ジョン・レノンが出演オファーと早とちりし、急遽バンドを結成することに。そのバンドメンバーがギターの神様エリック・クラプトンや後にイエスのドラマーとして活躍するアラン・ホワイト、そしてビートルズのジャケットなどをデザインし、下積み時代からの友人であったクラウス・フォアマン。なんと前日にオファーし、翌日飛行機の中で簡単なセッションをするという驚愕のエピソードが本編では詳細に語られるという。

新旧のロック・スターたちが一堂に会した「トロント・ロックンロール・ フェスティバル 1969」がいかに歴史的なイベントとなったのか、その過程を是非楽しんでほしい。 

また新ビジュアルには、「この日、ロックンロールは変貌を遂げた」とのコピーとともに、ジョン・レノンや出演アーティストが切り取られ、ジョン・レノン&プラスティック・オノ・バンドのイラストが描かれる。 ビートルズらの“新世代のロック”やフラワー・ムーヴメントによるフォークソングが大人気を博していた 1969 年、初期ロックンロールは死にかけていた。54 年前の今日 9 月 13 日、ロックンロールは変貌を遂げた。 そんな流れが変わるきっかけともなった歴史的瞬間を、是非劇場でリバイバル=追体験してほしい。


監督:ロン・チャップマン
2022 年/カナダ、フランス/英語/99 分/カラー/5.1ch/ビスタ/原題:REVIVAL69: The Concert That Rocked the World 
字幕翻訳:川田菜保子 字幕監修:萩原健太 
提供:東北新社/バップ 
配給:STAR CHANNEL MOVIES 
© ROCK N' ROLL DOCUMENTARY PRODUCTIONS INC., TORONTO RNR REVIVAL PRODUCTIONS INC., CAPA PRESSE (LES FILMS A CINQ) 2022
10月6日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ有楽町ほか全国公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ