FC2ブログ

記事一覧

映画『きっと、それは愛じゃない』日本版予告映像、ポスタービジュアルを解禁

【ニュース】
『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』、『ラブ・アクチュアリー』 、『ブリジット・ジョーンズの 日記』の制作スタジオ、ワーキング・タイトル・フィルムズ最新作『きっと、それは愛じゃない』。予告編、ポスタービジュアルが解禁された。

『シンデレラ』や『ベイビー・ドライバー』のリリー・ジェームズを 主演に迎え、出会いの選択肢が無限にある“今”を描いた、新たな価値観のラブストーリー
解禁となる予告映像は、リリー・ジェームズ演じるドキュメンタリー監督・ゾーイの「シンデレ ラは王子と出会いました」という台詞から始まる。無限にある選択肢の中で“自分なりの愛”を探 す彼女だが、おとぎ話のようには上手くいかない現実に悩む姿が映し出される。ある日、幼馴染の カズから見合い結婚することを告げられるが、彼女は「愛もなく結婚できるの?」という疑問から彼の結婚までの道のりをドキュメンタリー映画にすることになり、物語は動き出す。また、エキゾチックか つロマンティックな結婚式シーンも見逃せない。ラホールの美しい街並みや色鮮やかなドレス、心躍るダンスシーンも盛り込まれ、これまでのロマコメとは一線を画す物語の一旦を垣間見ることができる。マッチングアプリで運命の人を探すも失敗が続くゾーイと、家族のために両親が決めた相手と のお見合い結婚を受け入れるカズ、ふたりの見つけた「本当の幸せ」とは――?

あわせて解禁されたポスタービジュアルは、『君の名前で僕を呼んで』、『わたしは最悪。』、『イノセンツ』などのアートワークで知られるア ートディレクター、石井勇一が担当。ロンドンの街中で楽しそうに見つめ合うゾーイとカズの姿が切り取られている。枠の装飾には、鮮やかな赤が使用され、美しいアラベスク模様が散りばめられている。キャッチコピーに使われているように、本当に「恋はもう絶滅危惧種」なのか?まさしく「この冬最高のラブストーリー」にふさわしい、華やかなポスタービジュアルが完成した。


監督:シェカール・カプール
出演:リリー・ジェームズ、シャザド・ラティフ、シャバナ・アズミ、エマ・トンプソン、サジャル・アリー
提供:木下グループ 配給:キノフィルムズ
2022 / イギリス / 英語・ウルドゥー語 / 109 分 / カラー / スコープ / 5.1ch / 字幕翻訳:チオキ真理 / 原題:WHAT’S LOVE GOT TO DO WITH IT? / G © 2022 STUDIOCANAL SAS. ALL RIGHTS RESERVED. 公式 HP:wl-movie.jp
12 月 15 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ