FC2ブログ

記事一覧

映画『アントニオ猪木をさがして』予告映像解禁! 福山雅治が主題歌・ナレーションを担当!アントニオ猪木との思い出写真も


【ニュース】
『アントニオ猪木をさがして』のナレーションと主題歌にシンガーソングライター、俳優など様々な分野で活躍し続ける福山雅治が参戦!! ラジオパーソナリティとしての顔を持つ福山は猪木の波乱万丈の人生を、落ち着いたトーンで、時に優しく時に熱く、見る者の心のひだに触れてくるように語りかける。

また昭和の時代からプロレスファンであり、アントニオ猪木をリスペクトする福山は猪木の入場テーマ曲「炎のファイター」を主題歌「炎のファイター~Carry on the fighting sprit~」として新たにプロデュースし、映画に令和の闘魂を注入する。


故郷・長崎から上京し、ピザ屋でアルバイトをしながら自身の夢を叶えるために日々を過ごしていた福山が初めて遭遇した著名人が、アントニオ猪木であったという。今回猪木と福山がアルバイト先で撮影した記念写真も提供された。その後、芸能界で躍進を続ける福山は、東京ドームライブを開催する際、ドーム興行を何度も成功させていたアントニオ猪 木との対談も実現したという。元々プロレスファンとしてだけではなく、人生の転換期での偶然の出会い、その際にかけられた言葉など、福山の人生に少なからず影響を与えたといっても過言ではないアントニオ猪木という存在。本作のナレーションと主題歌の打診をプロデューサーよりされた頃、福山はコロナ後数年ぶりの発声ライブの開催準備など超多忙を極めた中ではあったが快諾したという。一言一言、確かめるようにそして丁寧に発せられるナレーションは、猪木の言葉と相まって映画を見る者の心に染み入り、深く刻まれていくのが印象的だ。そしてエンディングに流れる主題歌「炎のファイター」を令和の時代に合わせ、アレンジをアップデイト。オリジナルの猪木の発声は残しつつ、時代に応じて常に闘い続けた猪木のファイティングスピリッツ同様に、老若男女を問わず現代(いま)を生きる全ての闘うものの胸を熱くするアンセムにしあがっている。

今作への参加について福山は、30年以上にわたる芸能活動の中でも大きな驚きであり大きな喜びであると語る。福山にとってアントニオ猪木は、物心ついた頃から現在そして未来に至るまで、いつの時代においても最強のスーパーヒーローであると、氏への強い思いを明かしている。



解禁された予告映像には、アントニオ猪木のブラジル時代を知る人の貴重な証言や、生前の猪木VS猛者たちとのファイトシーン、オンオフ含めたショットの数々に加え、彼に影響を受けてきた出演者たちの熱い語りや思いなどで様々な視点・表現方法で構成され、それを福山のナレーションとプロデュースした主題歌でまとめ上げることにより、アントニオ猪木を知る人知らぬ人、全ての人に元気と闘魂が注入される超胸アツの内容となっている。



また同時に解禁されたポスタービジュアルは、ティザーと同じアントニオ猪木の横顔写真を踏襲しつつ、その下に本作に出演する出演者の顔写真で構成される。それをベースに猪木がいつも我々に投げかけてくれた「元気ですか?」というシンプルかつストロングなコピーは歯を食いしばって現代を生きる我々に厳しくも優しく問いかけてくる。

猪木とは我々にとっていかなる存在だったのか?彼の発した言葉を切り口に、挑み続けた男の真実に迫っていくドキュメンタリー。

福山雅治コメント全文

この度、映画『アントニオ猪木をさがして』のナレーションおよび主題歌のオファーをいただいたことは、30 年以上にわたる僕の活動の中で も、とても大きな驚きであり大きな喜びでした。僕にとって猪木さんは、物心ついた頃から現在そして未来に至るまで、いつの時代においても最強のスーパーヒーローです。今作では猪木さんの入場テーマ曲である「炎のファイター」をプロデュースするという大役をいただいたことに、誠に勝手ながらご縁を感じております。
というのも、僕が「音楽で食べていくんだ」という、周りからしてみれば馬鹿げた夢を持って 18 歳で長崎から上京した直後、東京で初めて出会った著名人が猪木さんだったのです。当時、新宿区百人町でアルバイトをしていたピザ屋さんのオープン記念に猪木さんがいらっしゃったんです。その時、集合写真の撮影では図々しくも猪木さんの隣に立たせていただきました。
その写真は僕にとって一生の宝物となっています。
2023 年の今「炎のファイター」という楽曲を、54 歳の自分がプロデュースし演奏できるということに深い感慨を抱いております。 その喜びと猪木さんへのリスペクトから、今回のレコーディングはいつも以上に気合いが入り、予定していたスケジュールを大幅に超えるほど夢中になって演奏やサウンドディレクションをしていました。
結果、心揺さぶるサウンドに仕上がったと自負しております。
『アントニオ猪木をさがして』。
つまりそれは「自身に受け継がれた闘魂の現在地、そして道行をさがす」ということと解釈しています。
プロレス、ビジネス、発明、政治。
猪木さんの闘魂を源泉とした数々の表現は、これからも僕の心を焚き付け続けることでしょう。
福山雅治




監督:和田圭介/三原光尋
プロデューサー:筒井竜平/若林雄介
出演:アントニオ猪木
アビッド・ハルーン 有田哲平 海野翔太 オカダ・カズチカ 神田伯山 棚橋弘至 原悦生 藤波辰爾 藤原喜明 安田顕
番家天嵩 田口隆祐 大里菜桜 藤本静 山﨑光 新谷ゆづみ 徳井優 後藤洋央紀 菅原大吉 
ナレーション:福山雅治
主題歌「炎のファイター~Carry on the fighting spirit~」(福山雅治)
Ⓒ2023 映画「アントニオ猪木をさがして」製作委員会
制作プロダクション:パイプライン/スタジオブルー
配給:ギャガ
2023年10月6日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ