FC2ブログ

記事一覧

DMM TV『ケンシロウによろしく』主題歌はガールズ・ラウドロックバンド 花冷え。に決定! ツッコミ満載の主題歌予告も解禁

【ニュース】
DMM TVオリジナルドラマ『ケンシロウによろしく』の主題歌をガールズ・ラウドロックバンド 花冷え。に決定! 花冷え。初となるドラマ主題歌は、イマジン・ドラゴンズの「Believer」を堂々カバーする。

結成から8周年を迎えた今年2023年7月26日にアルバム「来世は偉人!」にてメジャーデビューを果たし、直後8月には欧米ツアーへ進出。ハードコアとメタルコアを昇華させたオリジナルジャンル”原宿コア”を核に一気に世界へ羽ばたく注目のガールズ・ラウドロックバンドだ。

そんな勢い止まらぬ花冷え。がイマジン・ドラゴンズが17年にリリースしたサード・アルバム『Evolve』の第1弾シングル「Believer」をラウドでサイケデリックなアレンジで完全カバー。イマジン・ドラゴンズは2012年メジャーデビュー。その後シングル「It’s Time」で人気を確立。デビュー・アルバム『Night Visions』の第2弾シングル「Radioactive」は、米ビルボード・ロック・チャートで1位、2014年の第56回グラミー賞で“最優秀ロック・パフォーマンス賞”を受賞した。その後も数々のヒット曲をリリースし、17年にリリースした「Believer」を含む、4曲のシングルが米ビルボードHOT 100に1年間チャート・イン(※)という史上初の記録を持つ。デビューから5作すべてのアルバムが全米・全英トップ10入りを果たしているオルタナティブ・ロック・バンドだ。(※「Radioactive」(最高位3位)、「Demons」(同6位)、「Believer」(同4位)、「Thunder」(同4位))
解禁にあたり、花冷え。メンバーからのコメントが到着。ボーカル・ユキナは「祝・初タイアップです!イマジン・ドラゴンズさんのあの名曲をセレクトさせていただきました」。と初の主題歌を担当する喜びを語り、リーダーのマツリが「花冷え。節全開のカバーに仕上げました!隅々まで聴いて下さい♪」と楽曲について自信を覗かせ、「本家のBelieverを『ケンシロウによろしく』に合わせてカッコ良くメタルにほぐしてみました!」とヘッツも続けた。チカは「お前はもうハマっている!」とケンシロウ台詞に因んだコメントしている。
 
プロデューサー櫻井雄一コメント
「花冷え。」という名前からは想像がつかない彼女たちのパワーが、この想像もつかないドラマにはピッタリだと思いました。そんなバンドが「Believer」という名曲をカバーしたら化学反応がおきて面白いものができるのではないか、そして主人公の沼倉という男を表しているんじゃないかという勝手な妄想の元カバーをお願いしました。想像以上の仕上がりにただただ驚いております。


北斗神拳でマッサージ!?ツッコミ満載の主題歌予告も解禁!!
合わせて解禁された主題歌予告映像では、「絶対殺す」と復讐の決意を固めた表情の主人公・沼倉孝一(松田龍平)の姿が。
幼い頃に母を奪ったヤクザの木村猛志(中村獅童)への復讐のため、北斗の拳を読み込みケンシロウの肉体と技を手に入れた…筈だったが、お馴染み「お前はもう死んでいる」のケンシロウのセリフを言う事すら出来ぬまま復讐計画は失敗。晴れて(?) マッサージ店を開業した。

そんなやべー理由でマッサージ師になったと聞く沼倉にドン引きしながらも、父親を救い、人をマッサージで幸せにしたいと沼倉の弟子になった坂本里香(西野七瀬)だが、「やべーよこいつ」「『ねぇ』のトーンで言うなよ」「北斗神拳って何?」と、沼倉へのツッコミが心の中で止まらない。そんなやべー男沼倉は、秘孔を突いて憎き木村を倒す事は出来るのか!?花冷え。が力強く叫び奏でる主題歌「Believer」が、沼倉の復讐劇を更に盛り上げていく!!


原作:ジャスミン・ギュ『ケンシロウによろしく』(講談社「ヤングマガジン」連載)
脚本:バカリズム
監督:関和亮、スミス、中山佳香
出演:松田龍平
西野七瀬 倉科カナ 矢本悠馬 斉木しげる / 勝村政信 野間口徹 松井愛莉 大鶴肥満 
義江和也 / 筒井真理子 / 中村獅童
公式サイト
著作権表記
©ジャスミン・ギュ/講談社 ©DMM TV
2023 年 9 月 22 日(金)より DMM TV にて独占配信

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ