FC2ブログ

記事一覧

映画『ぼくは君たちを憎まないことにした』予告、本ポスタービジュアルを解禁

【ニュース】
本作は、家族3人で幸せに暮らしていたアントワーヌが、テロ発生から2週間の出来事を綴った世界的ベストセラー『ぼくは君たちを憎まないことにした』を映画化。最愛の人を予想もしないタイミングで失った時、その事実をどう受け入れ、次の行動に出るのか。
誰とも悲しみを共有できない苦しみと、これから続く育児への不安をはねのけるように、アントワーヌは手紙を書き始めた。妻の命を奪ったテロリストへの手紙は、息子と二人でも「今まで通りの生活を続ける」との決意表明であり、亡き妻への誓いのメッセージ。一晩で20万人以上がシェアし、新聞の一面を飾ったアントワーヌの「憎しみを贈らない」詩的な宣言は、動揺するパリの人々をクールダウンさせ、テロに屈しない団結力を芽生えさせていく。


この度解禁する予告映像は、愛する妻をテロリストによって突然奪われてしまったアントワーヌが、悲しみや不安、怒りを押し殺し「僕と息子が幸せで自由な人生を送ることで、君たちは恥じ入るだろう。君たちは負けだ、人生は続く。
君たちに憎しみを送らない」と、SNSを通してテロリストへの手紙を投稿し、その強いメッセージが全く間に世界中を駆け巡る様子が描かれる。小さな息子・メルヴィルが母の動画を見て喜んでいるシーンや、母親のお墓の前でアントワーヌとメルヴィルが抱き合う場面が差し込まれ、人間の強さを感じると同時に、父子のこれからに想いを馳せる予告映像となっている。
 
解禁された本ポスターも見つめ合うアントワーヌとメルヴィルの幸せな時間を閉じ込めたデザインと、“ふたりなら、きっと大丈夫”というキャッチコピーから、心揺さぶる感動作であることが伝わってくる。


監督・脚本:キリアン・リートホーフ『陽だまりハウスでマラソンを』
原作:「ぼくは君たちを憎まないことにした」
2022 年/ドイツ・フランス・ベルギー/フランス語/102 分/シネスコ/5.1ch/原題: Vous n‘aurez pas ma haine/英題:YOU WILL NOT HAVE MY HATE /日本語字幕:横井和子/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム/ 後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ
©2022 Komplizen Film Haut et Court Frakas Productions TOBIS / Erfttal Film und Fernsehproduktion nikumanai.com
11 月 10 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ