FC2ブログ

記事一覧

『SISU/シス 不死身の男』「殺し屋1」の山本英夫の描き下ろしイラストが到着!棚橋弘至の大絶賛コメントも

©️山本英夫

【ニュース】
舞台は、1944 年 第二次世界大戦の末期、ソ連に侵攻され、ナチス・ドイツに国土を焼かれたフィンランド。凍てついた荒野で金塊を掘り当てた男が金を隠し持ち、孤独な旅を続けるが、ナチスの戦車隊に見つかってしまう。絶体絶命の窮地に追い込まれたその男、かつて祖国を蹂躙したソ連兵を殺しまくった制御不能の伝説の老兵だった!! 

武器は使い古したツルハシ1本、そして最強硬度の “SISU”。銃でも戦車でも地雷でも縛り首でも絶対に死なない不死身の男は、最後の1人を潰すまで止まらない!空前絶後の映画体験がここにある!

その主人公、アアタミのあまりの不死身っぷりが過ごすぎる!!!! と、各界から戦慄と驚愕とリスペクト(そして時には笑い も!!)の声が沸き上がっている。

そんななか、深い人間観察から生み出された壮絶なバイオレンスアクション「殺し屋1」「ホムンクルス」などの傑作漫画を生み出してきた漫画家、山本英夫描き下ろしのイラストが到着。主人公アアタミがナチス戦車隊に捕まり、風の吹きすさぶ荒野で縛り首になるという絶体絶命の場面だ。背中には相棒ともいえるツルハシを背負ったまま絶命してるかに見える主人公。だが、画面いっぱいに描かれた主人公、アアタミの目は決して死んではいない。その眼差しの先に、いった いどんな脱出劇を目論んでいるのかーーー? 墨絵のように清冽で力強いタッチで描かれたモノクロのイラストに「不死身にも程がある...!!」 の文字。 究極のバイオレンスの世界を描き続けてきた山本英夫をして「程があるッ」と言わしめたその不 死身っぷり、劇場で確かめずにはいられない!!

配給会社の担当者は 「「殺し屋イチ」を手掛けた山本先生なら、『SISU/シス 不死身の男』の、想定外の方法でナチスを葬り 続けるという設定や血煙り爆アガリの大胆な暴力シーン、荒唐無稽な展開を思いきり楽しんで頂けるのではないか。アドレナリンみなぎる主人公アアタミを描いて頂けるのではと考えました」と依頼した理由を語る。作品を鑑賞した山本は、縛り首のシーンで、シリアスなシーンにも関わらず、「思いもよらぬ方法」で生き延びる主人公の姿に、笑いがこみあげてきたという。その後も主人公のバカ高いサバイバルスキルにツッコミをいれながら鑑賞し、描き下ろしの依頼を快諾したという。まさしく、この 映画の面白さのキモはそのとんでもない不死身っぷり。劇画調の渋さとカッコ良さでその不死身っぷりを謳いあげつつ、山本からは「“不死身とは、なんぞや?〝その答えは、この映画にはありません・・・〝不死身〟とは、面白い! が、あり。余計な回想シーン無し、想いにふける暇なし、ただただ不死身っぷりを目撃せよ!」というコメントも同時に到着。 この通り、縛り首からの生還は、四の五の言わずに楽しめる、とんでもない展開が待っているのだ! さらに、この主人公の戦いっぷり、想像の斜め上空をいくサバイバル劇に、新日本プロレス不撓不屈の闘士、棚橋弘至選手からも「生きづらい現代に、生き抜く強さを教えてくれる作品。これから、歳を重ねて「SISU」になります。」というコメントが到着。こんなリスペクト魂あふれるコメントから、「マジおもろっ❤︎ 」(くっきー!(野性爆弾)/芸人) 「タイトルに偽りなし!不死身すぎると笑えるんですね」(石野卓球(電気グルーヴ))という楽しんだぜ系、 「ナチス軍の視点で観るならば、本作は紛れもなくホラー映画だ!」(こがけん/芸人) という変化球的恐怖体験系、ひたすら痛快さにアドレナリン大放出の 「最後の最後まで血湧き肉躍りつつ浸りきりました」(春日太一/時代劇研究家)、「自分の中に眠るSISU、スクリーンで覚醒させちゃってください。痺れた!」(東紗友美/映画ソムリエ) 「人生の真実を垣間見せてくれるのである。あきらめるな! くたばるな!戦え!」(高橋ヨシキ/映画評論家・アートディレクター・サタニスト) 、「このシスをプレイヤーにしてゲームを創りたいくらい!これは超お薦め!君もシスれ!」 (小島秀夫 ゲームクリエイター) と痛快・快感・爽快体験派、と様々な角度の絶賛コメントが到着。どんな見方をしても楽しいということが、これらコメントから伝わってくる。

いったいこの縛り首のあと、主人公アアタミはどうやって窮地を脱するのか??? この不死身っぷりの楽しさ、痛快さを 劇場でぜひぜひ確認していただきたい!笑うもよし、慄くもよし、シビレるもよし、この不死身っぷりはもはやエンタメなのだ!


『SISU/シス 不死身の男』
© 2022 FREEZING POINT OY AND IMMORTAL SISU UK LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
配給:ハピネットファントム・スタジオ
10 月 27 日(金) TOHO シネマズ 日比谷ほか 全国公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ