FC2ブログ

記事一覧

映画『ドクちゃん(仮)』ベトナムの元結合双生児ベトちゃんドクちゃん 長編ドキュメンタリーでドクちゃんの人生を映画化

【ニュース】
ベトナムの元結合双生児 ベトちゃんドクちゃん 日越外交関係樹立50周年と分離手術35年を記念して ドクちゃんの人生を長編ドキュメンタリーで初の映画化
あの分離手術から 35 周年目を迎える 2023 年 10 月 4 日(水)よりクラウドファンディングを開始! 2023 年 10 月 4 日~11 月 18 日「CAMPFIRE」にて募集


前代未聞の分離手術から 35 年経過──元結合双生児のベトちゃんとドクちゃんとして知られるグエン・ドクさん(通称「ドクちゃん」)の壮絶な人生を描く長編ドキュメンタリー映画「ドクちゃん(仮)」の撮影が完了し、現在ポストプロダクション段階に入っている。

プロデューサーはドクさんと平和活動を長年続けているリントン貴絵ルース氏(Kingyo Films Pte. Ltd.、シンガポール)、監督はドキュメンタリー作家の川畑耕平氏(Ruff Films LLC, 日本)。映画は、ドクさんがベトナム戦争で使用された枯葉剤の影響で結合双生児として生まれた運命から、今も深刻な健康問題を抱えながら平和のアンバサダーとしての使命と共に生きる姿を捉えた作品で、日本人にも馴染み深い彼の実像を通じて平和の大切さを伝えることに挑戦している。

完成後は平和活動に貢献することを目指し、製作費のギャップファイナンシングのため、支援をクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で募集します。
「ドクちゃん(仮)」の完成発表を年度内に行い、2024 年春以降の一般劇場公開を予定している。

クラウドファンディングサイト 「CAMPFIRE」

fire.jp/projects/view/703859?utm_campaign=cp_po_share_
c_msg_mypage_projects_show

この歴史に残る映画プロジェクトにぜひご参加いただき、平和のメッセージを広めるご支援をお願い申し上げます。




ドクさんは夫として、父として、今年で 42 歳を迎え、結婚 17 年目を迎える妻のトゥエンさんと、双子の子供であるサクラちゃんとフジくん、そしてステージ 4 の癌を患う義母を介護しながら、自身も体調を崩して入退院を繰り返しながら一家の唯一の稼ぎ手として暮らしています。

そこには平和の必然性を体現する彼の生き様と言葉が織り交ぜられています。
日本とベトナムの「友好の絆」を象徴するドクさんの軌跡を伝え、現在を刻み未来の命の輝きを共に見つめるこの映画は、日越外交関係樹立 50 周年記念事業として認定され、記念の 2023 年度に制作しています。文部科学省のトビタテ!留学 JAPAN アルムナイの有志の皆様のお力も借り、この映画を、これからの未来を切り拓いていく若い世代へ届けるため特化したプロモーションも予定しています。

日本は戦後 78 年を迎え、自身の経験から平和を語る時代から「語り継ぐ」時代へと移行しています。35 年前、あの大手術をテレビ越しで見守った世代が今はドクさんとこの映画と共に平和の語り部となれることを目指し制作しています。



グエン・ドクさんのコメント

この映画では、幼少期から現在までの私の人生と本質を皆さんにお見せし、語るつもりです。
これは私にとって非常に大切な財産であり、人生の軌跡となるでしょう。
私の双子の子供たちや、これからの世代を担う多くの若者に、前向きに生きる力を与えられることを願っています。
それがこの映画を通じて伝われば幸いです。映画の完成を楽しみにしています。
この映画は、目には見えない「平和」を伝える私たちの挑戦


プロデューサー リントン貴絵ルースのコメント
10 年以上前、音楽を通じた平和活動の場でグエン・ドクさんに出会った際に、思い切って彼に聞いた質問があります。
「(枯葉剤を撒いた)アメリカのことは嫌いですか?」彼の答えは、「アメリカ人も、僕と同じように平和を愛してる」
でした。それ以来、彼から「生きる」ことの困難さと逆境に立ち向かう人間の本質的な強さを学びました。
彼は分離手術を受けた結合双生児として広く知られています。
しかし、その存在が多くの人にとって「過去の人」として捉えられ、一見、終わったドラマのように見えてしまっていることに私は危機感を感じています。
それではまた残念なことにも悲惨な歴史は時を超え場所を変え、繰り返されてしまうのではないでしょうか。
SDGs(持続可能な開発目標)が掲げる「持続可能な」平和の必要性を、ドクさんはよく知っていて、「これまで戦争の犠牲になった人の命が無駄になっている。」と言っています。
この混沌とした時代において、彼だからこそ伝えられる「平和」のメッセージがあります。
日本人とベトナム人が、あらゆる知識と技術を結集しヒューマニズムに溢れた協力でベトちゃんドクちゃんを救った経緯からも、日本とベトナムが外交関係樹立 50 周年を迎えるこの年に、彼の現在の姿を映画にすることは必然でした。
彼の体調は極めて悪いです。足は一本、骨盤は一つ、そして一つしかない腎臓は悲鳴をあげています。
42 年前から人々を引き寄せ続ける彼の明るい性格のおかげで、その事実を忘れそうにもなりますが、彼は重度の障がい者です。
彼は「あと 5 年生きれるかわからない」と言っていましたが、映画制作が進むにつれて、「この映画が完成したら、何十年も健康でいて、映画と一緒に平和活動に引き続き励もう」という気持ちで溢れています。
このドクさんの命をかけた真実のストーリーこそが人類に「平和」の意味を説き、「平和」への思いを呼び覚ますきっかけを生み出すと信じ、映画の制作に全身全霊で取り組んでいます。
この映画の使命を支えるためには皆様の協力が不可欠です。
どうぞご支援をよろしくお願い申し上げます。

@Kingyo Films 2023

2024 年春以降、劇場公開予定

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ