FC2ブログ

記事一覧

モキュメンタリー『PORTAL-X ~ドアの向こうの観察記録~』2024年1月放送

【ニュース】
WOWOWが新たに挑戦するモキュメンタリーの世界『PORTAL-X ~ドアの向こうの観察記録~』が2024年1月に放送・配信(第1話無料)することが決定。柄本時生と伊藤万理華が主演を務めることが決まった。

あの時、こうしていれば…人生は様々な選択と、ちょっとした後悔の積み重ねでできているのかもしれない。人の集まりを社会とするなら、この世の中は後悔の塊なのかもしれない。WOWOW『PORTAL-X ~ドアの向こうの観察記録~』は、そんな今の世の中にある様々な問題や社会の矛盾を、モキュメンタリーという手法で描き、真実に迫っていく。

突如発見された異次元への扉「ポータル」。何の変哲もないドアの向こうに広がっていたのは、この世界とは別の歴史を辿った並行世界。ドアの向こうの世界を「PORTAL」と名付け、その内部観察が始まってから今年で50年。「PORTAL-X」は、各ポータルの失敗事例を我々の社会に活かすことを目的に、長年に渡って放送されてきた番組だ。あらゆる並行世界をリポートする新人番組ディレクターのカイフ(柄本時生)と、番組カメラマンのルナ(伊藤万理華)。2人が取材する様々な並行世界・ポータルは歴史の転換点で選択を誤り、取り返しのつかない状況に陥っている世界ばかり。カメラに映るのは食糧難、不死が実現した世界、真の多様性を獲得できなかった社会、極端な少子化、運に頼り切る世界。カイフとルナは取材を通じて、何を感じ、何を伝えていくのか?取材を重ねるごとに、明らかになっていくのは、この世界の輪郭と並行世界「PORTAL」の秘密…。

本作で監督・脚本を務めるのは、2021年にWOWOWで放送・配信の「ザ・モキュメンタリーズ ~カメラがとらえた架空世界~」(2024年1月再放送予定/WOWOWオンデマンドで全話配信中)で放送文化基金の奨励賞を受賞するなど、大きな評価を受けた伊藤峻太監督。ポータルリポーター(ディレクター)のカイフ役には、映画・ドラマ・舞台など数々の話題作に出演し、独特の存在感と確かな演技力で異彩をは、映画・ドラマ・舞台など数々の話題作に出演し、独特の存在感と確かな演技力で異彩を放つ柄本時生。ポータルシューター(カメラマン)のルナ役は元乃木坂46のメンバーでグループ卒業後は映画やドラマを中心に俳優として活動する一方、クリエイティブな才能を生かし個展を開催するなどマルチに活躍する伊藤万理華が演じる。


監督、そして初共演となる柄本と伊藤より番組出演にかけるコメントも到着している。

監督・伊藤峻太コメント

すごいのが誕生しました。
せっかく作るなら、前作「ザ・モキュメンタリーズ ~カメラがとらえた架空世界~」とはまた種類の違う、さらに大きな規模の作品にしたいと意気込んで頭をひねり続けたこの企画。
主演の時生さんと万理華さんをはじめ、スタッフ・キャストみんなで試行錯誤を重ね、徹底的に「リアル」「ワクワク」「皮肉」「いま作る意味」を追求しました。
自分が今持っているクリエイティブの能力を総動員してお送りする、SFモキュメンタリーです。
現実と架空の境い目が曖昧になって脳が揺さぶられる感覚を、ぜひ味わってください。


ポータルリポーターのカイフ役・柄本時生コメント

伊藤監督の想像力が満載になっていて、こんな作品に携われたことをすごく嬉しく思います。
現代社会の問題をユーモラスに描いている作品になっております。
そしてまさか僕が、出演兼カメラマンをやることになるとは思っていなかったです。
そしてもう一人のいとうさんの落ち着きまくった姿、、、必見です。
是非楽しんでください。
 

ポータルシューターのルナ役・伊藤万理華コメント

ポータルリポーターと共に各ポータルを記録するカメラマンとして参加しました。
実際にカメラを回しながら撮影したので、ルナ目線でのポータルの世界が拡がっています。
一歩間違えたらそうなっていたかもしれない世界を体感して、いまだに好奇心と恐怖に揺れています!
「不思議」という一言では片付けられません。今ある常識は、常識ではないのかもしれません。
創作の無限の可能性が詰め込まれています。


スタッフ・キャスト
監督・脚本:伊藤峻太
出演:柄本時生、伊藤万理華 ほか

モキュメンタリー『PORTAL-X ~ドアの向こうの観察記録~』(全8話)
2024年1月放送・配信スタート(第1話無料)

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ