FC2ブログ

記事一覧

『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』巨匠スコセッシ監督が“本当に描きたかった悲劇”とは?主演ディカプリオらのコメントで解説する特別映像を解禁

【ニュース】
この度、巨匠マーティン・スコセッシ監督が自ら明かす“本当に描きたかった物語”、主演ディカプリオらのコメント含む特別映像が解禁となった。

特別映像の冒頭には、列車に乗りオクラホマへとやって来たアーネストが、叔父であるウィリアム・ヘイル(ロバート・デ・ニーロ)の家に迎え入れられるシーンが。そこから始まる悲劇の物語を、スコセッシ監督が語っている。
勢いよく噴き出すほどに湧き続ける石油という“財産”を巡り実際に起こった恐ろしく悲しい連続殺人。「語られてこなかった悲劇を伝えたいと思った」と、これまで語られてこなかったアメリカの暗部に勇気をもって光を当て描いた監督。本作で重要なのは「友情や愛に生きる人々の身に搾取や殺人が起きたことだ」という。主演を務めるディカプリオも「彼らの歴史は語るべきテーマだ」と話し、監督との撮影を「誠実に描くことを監督は常に意識していた」と振り返る。

さらに映像では、物語の軸となる2人、アーネストが、町で見かけたオセージ族の女性モリー・カイル(リリー・グラッドストーン)に運転手を買って出るという出会いのシーンも。アーネストは持ち前のユーモアのセンスで出会ったばかりの冷静で物静かなモリーを笑わせ、2人の出会いは平和かと思われた。しかし、そんな2人の出会いに目を付けたのがアーネストの叔父ヘイル。結婚を勧めるヘイルだが、彼のもくろみを「石油の受益権のため」と監督は言い切る。すぐに夫婦となった2人だが、アーネストの側には、地元の有力者である叔父ヘイルの存在が。そして、夫婦のすぐ近くで不可解な連続殺人事件が起き始める…。

オセージ族の人々に起きた悲劇を「彼らを正当に描くことで壮絶さを伝えたかった」という巨匠スコセッシ監督。主演ディカプリオも「監督は使命感を抱いてこの物語を真摯に描いた」という。決して繰り返してはならない歴史的悲劇を描くスコセッシ監督がこの現代に生きる我々に問うメッセージを、かつてない壮大なスケールで描いた本作。ぜひ大スクリーンで体感して欲しい。


監督:マーティン・スコセッシ
キャスト:レオナルド・ディカプリオ、ロバート・デ・ニーロ、ジェシー・プレモンス、リリー・グラッドストーン、タントゥー・カーディナル、カーラ・ジェイド・マイヤーズ、ジャネー・コリンズ、ジリアン・ディオン、ウィリアム・ベルー、ルイス・キャンセルミ、タタンカ・ミーンズ、マイケル・アボット・ジュニア、パット・ヒーリー、スコット・シェパート、ジェイソン・イズベル、スターギル・シンプソン
脚本:エリック・ロス、マーティン・スコセッシ
プロデューサー:マーティン・スコセッシ、ダン・フリードキン、ブラッドリー・トーマス、ダニエル・ルピ
エグゼクティブプロデューサー:レオナルド・ディカプリオ、リック・ヨーン、アダム・ソマー、マリアン・バウアー、リサ・フレチェット、ジョン・アトウッド、シェイ・カマー、ニールス・ジュール
配給:東和ピクチャーズ
公式サイト:http://kotfm-movie.jp
10月20日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ