FC2ブログ

記事一覧

二宮和也の喜びは「お客さんに会場で会えた事」、藤原丈一郎は「おばあちゃんからのたくさんのプレゼント♡」映画『アナログ』初日舞台あいさつ

【イベント】
ビートたけしの原作小説を、主演に二宮和也、ヒロインに波瑠を迎えて映像化した映画『アナログ』が、公開初日を迎え、10月6日、キャスト登壇による初日舞台あいさつが都内劇場にて実施された。

舞台あいさつには、 二宮和也、波瑠、桐谷健太、浜野謙太、藤原丈一郎、板谷由夏、タカハタ秀太監督が登壇し、公開初日を迎えた感想や、いつの時代も変わらない愛の原点=大切な人にただ会える喜びを描いた本作にちなみ、 WEB 上で募集した「大切な人と直接会えた時の喜び」を集めたメッセージボードを前にトークを繰り広げた。


念願の公開初日を無事に迎えたことに主演の二宮は「数ある映画の中から『アナログ』を選んでいただき、本当にありがとうございます。今日 10 月 6 日に無事公開されたことを感謝しています」と感無量。ステージ上に設置されたのは、WEB 上で事前に募集した「大切な人と直接会えた時の喜び」を集めたメッセージ入りのパネル。そこには「お客さんに会場で会えた事」(二宮)、「海外での長期ロケの時に家族が会いに来てくれた こと」(波瑠)、「高校の友だちと久しぶりに集まってめっちゃ楽しかった!」(桐谷)、「桐谷さんと朝ドラで仲良くなったぶりに会えて、たーーーーくさん話せた!♡」(浜野)、「おばあちゃんからのたくさんのプレゼント♡」(藤原)、「舞台公演で大阪に行っていた時、東京から会いに来てくれた子供たちがホームを走って抱きついてきた時」 (板谷)というキャスト陣のエピソードメッセージも記されていた。

二宮は自分のメッセージに触れて「なんだか自分だけ絵日記みたいになった。」と照れながら、メッセージの数々に「皆さんが嬉しいことを細かく書いてくれていて...。共感できます」と喜んでいた。
       
一方、波瑠も自身のメッセージに触れて「年末年始に海外で一人で過ごしていた時期があって、その時に家族が私の撮影のスケジュールに合わせて会いに来てくれた。ゆっくり食事をしたりして心が柔らかくなりました」と家族愛にほっこり。藤原は「年末年始におばあちゃんに会う時に自家製の美味しい和食をくれる。料理名はわからないけれど、温かみがあっていつも感謝しています」と祖母の愛に感激していた。

公開直前イベントでは“大切な人と一緒に観よう試写会”を実施した。それにちなんで「本作を誰と一緒に観たいか」というトークを展開。二宮は「僕は発想が逆で、誰か特定の人と行くよりも一人で観終わった時にどんな人を思い浮かべるのか、それを考えるのが一つの楽しみ方だと思う」と一人鑑賞の良さをプレゼン。波瑠は 「この作品は変に恥ずかしくなる場面もないので、恋愛映画ではあるけれど家族と観ることができる。親と一緒に観るのもいいかも」と家族での鑑賞を勧め、桐谷は「(二宮、桐谷、浜野の)『アナログ』親友 3 人組でオーディオコメンタリーのようにワイワイと観たい」と提案。これに二宮も「そういう会があってもいいかも」と乗り気だっ た。

本作撮影中に二宮と桐谷に相談した上でロケ場所のジュエリーショップで妻への 10 周年記念指輪を購入したという浜野。「僕は妻と一緒にこの映画を観たい。指輪を買ったお店が出てきたら『ここだよ~ん』と教えたいから」とのろけるも、桐谷から「何故だろう、気持ちが悪い」とバッサリ切り捨てられていた。
藤原は「僕はなにわ男子 7 人で観たい。自分が出ている作品を観られるのは緊張するけれど一緒に観たい」と明か し、「実は今日は...」と言いかけると、急に二宮が「なにわ男子の結成 5 周年だもんな」とカットイン。祝福の拍手 が沸き起こるも、当の藤原は「いや、嬉しいけれど自分の口から言おうと思っていた...」と食い気味で報告を奪われて悔しそうな様子も。それでも藤原は「なにわ男子の結成日と『アナログ』の公開日が重なるなんて縁起がいい。幸せな日を皆さんと過ごせて嬉しい」と喜び、キャスト陣からも結成 5 周年を祝福されていた。

本作では、時代が変わっても変わらない“会いたい気持ち”が描かれている。長年にわたって大切にしているもの を聞かれた二宮は「人の話を聞くときに否定から入らないようしている。自身の考え方が独特だからなのか僕は否定から入られがちだったので、そうじゃない人になりたいと思って肯定から入るようにしています」と強調。波瑠は「できるだけ普通に生活することを大切にしています」といい、桐谷は「フワフワお昼寝」、浜野は「ダンス」、 藤原は「初めての景色を忘れずにいること」、板谷は「サヨナラしたときに相手が見えなくなるまで見送る」とそれぞれ大切にしているモットーを述べた。


最後に主演の二宮は「一日一日同じ日はないし、大変な一日もあれば嬉しい一日もある。毎日一生懸命生きるべきだとこの映画を観た時に改めて思わされました。何が起こるかわからない中で自分たちは生きていくんだと思っていたら、今日この会場に来る途中に元気に歩いている大野智に出会いました」とまさかの再会を報告した。



客席が驚きでどよめく中「彼は街中を凄く元気に歩いていました。なんか見たことのある人が歩いているなと思ったらビックリ。こんなことってあるんだなと。『何しに行くの?』と聞かれて『今から舞台挨拶だ』と伝えたら、 『へ~、頑張って~!』と言われた。縁で繋がっていると思わざるを得ないシチュエーションで、毎日一生懸命生きていくものだなと改めて思った。面白い出会いでした」としみじみ。観客に向けて「『アナログ』はそういうことを改めて感じさせてくれる映画で、大切な人が自然と浮かんでくる映画になっています。何度でも観ていただき たいです」と呼び掛けていた。
(オフィシャルレポート)


二宮和也 波瑠
桐谷健太 浜野謙太 / 藤原丈一郎(なにわ男子)
坂井真紀 筒井真理子 宮川大輔 佐津川愛美 
鈴木浩介 板谷由夏 高橋惠子 / リリー・フランキー
監督:タカハタ秀太 
原作:ビートたけし『アナログ』(集英社文庫) 脚本:港岳彦
音楽:内澤崇仁 インスパイアソング:幾田りら「With」(ソニー・ミュージックエンタテインメント)
製作:「アナログ」製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース AOI Pro.
配給:東宝 アスミック・エース
(C)2023「アナログ」製作委員会 (C)T.N GON Co., Ltd.
公式サイト: https://analog-movie.com/
絶賛公開中

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ