FC2ブログ

記事一覧

『極限境界線 救出までの18日間』ファン・ジョンミン、ヒョンビンらのインタビュー含むメイキング映像解禁

【ニュース】
この度、韓国映画としては初めて約2カ月に及ぶヨルダンでの大規模撮影を敢行し、「韓国で母国語を使って撮影するより4~5倍困難な条件がそろっていた」とイム・スルレ監督が語るほど大変だった撮影を乗り越えた、ファン・ジョンミン、ヒョンビン、カン・ギヨンらキャストと監督・スタッフの貴重なインタビュー含むメイキング映像が解禁された。



「極限の状況に立ち向かった人々の話。そこにすごく惹かれました」とファン・ジョンミンが語る本作は、「人質救出交渉を緊張感もって描けるかにかかっていました」というイム・スルレ監督のこだわりもあり、今回、劇中全体シーンの約80%以上を占めているアフガニスタンのシーンを作り上げるため、一番雰囲気が似ているヨルダンをロケ地に選び、韓国映画としては初めてヨルダン大規模撮影にのぞんだ。
しかしコロナ禍で入国許可も困難を極め、さらに撮影地の気温は40度を超え、「一番つらかったのは砂漠の暑さです。それに韓国で母国語を使って撮影するより4~5倍困難な条件がそろっていた」(イム・スルレ監督)と振り返り、砂漠で移動すら苦労する様子や、砂嵐にスタッフが翻弄される姿も。それでも「ヨルダンで撮影した確かな理由がこの映画にはある」(ファン・ジョンミン)「CGではどうしても表現できない壮大で素晴らしいロケ地だった」(カン・ギヨン)、「異国的な風景も観客の皆さんに楽しんで頂ける見どころの一つ」(ヒョンビン)とキャストも絶賛するハリウッド級のロケーションは必見。

また、貴重な撮影現場の映像では、ファン・ジョンミンが劇中、現地のテロに巻き込まれ、身体ごと吹っ飛ぶ場面も!爆発で顔を真っ黒にしたままモニターを真剣にのぞき込む場面や外交官としての英語のセリフに苦労する様子もあり、まさに大奮闘の撮影だったが、その様子を見ていたヒョンビンは「(ファン・ジョンミンさんが)一つひとつのシーンをきっちりと丁寧に作り上げていく姿勢に驚きました」と大変感銘をうけたよう。ヒョンビン自身も「デシクは過去に自分の目の前で人質が殺された経験があり、その時何もできなかったことがトラウマになっている。それで今回の交渉作戦を誰よりも切実に感じているんです」と役どころをしっかりとらえ、身体を張ったアクションふくめ熱演!さらにパシュトー語の通訳カシムを演じたカン・ギヨンは「パシュトー語のセリフを全て覚えていた」と監督を驚かせ、ハリウッドからアフガン人俳優を呼び寄せるなど国際色豊かな現場では、ファン・ジョンミンやヒョンビンが率先して撮影を盛り上げる様子などが垣間見られ、イム・スルレ監督も「共に作品を作り上げようとするエネルギーがあり、本当に助けられた」と感謝。キャスト、スタッフが一丸となって作り上げた本作を、ぜひ劇場のスクリーンで!!


監督:イム・スルレ
出演:ファン・ジョンミン『哭声/コクソン』、ヒョンビン「愛の不時着」、カン・ギヨン「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」
原題:교섭/英題:The Point Men/109分/韓国/カラー/シネスコ/5.1CHデジタル/字幕翻訳:根本理恵 PG12
配給:ギャガ 
ⓒ 2023 PLUS M ENTERTAINMENT, WATERMELON PICTURES ALL RIGHTS RESERVED. 
10月20日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

カテゴリ