FC2ブログ

記事一覧

映画『BAD LANDS バッド・ランズ』安藤サクラ×山田涼介×宇崎竜童 最高に愛おしいトリオ!また彼らに会いたくなる新場面写真を解禁

【ニュース】
ネリ&ジョーの行く末を見守る曼陀羅。“最高に愛おしいトリオ”が紡いだ歪で温かい愛の物語
9月29日の公開初日舞台挨拶で、主演の安藤サクラが「劇場で見られて“ラッキー”と思える映画」と自信を覗かせていた本作だが、その言葉通りに、公開されるやいなや「えも言われぬ疾走感…!」「ストーリーを追うのに必死になる程、見応えが詰め込まれた作品」「転がり落ちるようにのめり込んだ」「ラストは言葉にならない想いだらけ」とSNS上で早くも絶賛の声が相次いでいる本作。犯罪に手を染め、裏社会でしか生きることの出来ない“持たざる者”である姉弟を主軸に据えたフィルム・ノワールである本作が、実際はその域を飛び越えるほど、どこか心が温まり爽快感のあるラストに辿りつく作品となっている。

それは、大きく巻き起こる巨悪な事件の裏に、家族を持たない者たちが紡いだ本当の家族のように温かくも歪な愛の詰まった物語が垣間見えるからだ。主人公のネリ(安藤サクラ)と、弟のジョー(山田涼介)は血が繋がらない姉弟で、ジョーの出所を期に数年ぶりに再会する。

そんな二人のそれぞれの思惑を汲み取り、物語の中盤から二人の行く末の重要な鍵を握る存在ともなっているのが「ふれあい荘」に住む曼陀羅(宇崎竜童)だ。曼陀羅はネリを幼いころからよく知る元ヤクザで、ネリ自身も年齢を重ねた曼陀羅を気にかけながら、時には父のように絶大な信頼を寄せている。

ネリとの再会により曼陀羅とも関わっていくこととなるジョーも、次第に彼に心を開いていく。唯一の家族であり心の拠り所であるネリを守りたいというジョーと、誰よりも近くでネリと過ごしてきた曼陀羅。二人がついに手を組み始めたとき、物語は大きく動き出していく。
「まだらぼけの老人を演じるつもり」と、撮影に臨み、撮影が終わって2年近くたった今でも「曼陀羅が抜けない」と言う宇崎の熱演は、とびきりキュートで最高にクールな一人の人間の生き様をスクリーンに刻み付けている。


そして今回、そんな3人がプールバー「BAD LANDS」で話しているシーンと、曼陀羅の部屋にネリが訪ねてくるシーンの新面写真も解禁となった。

舞台挨拶でも息ぴったりの様子を見せ、安藤サクラが「最高に愛おしいトリオです」とその想いを語ったネリとジョー、そして曼陀羅の関係性は必見!!


映画『BAD LANDS バッド・ランズ』は大ヒット公開中
配給:東映/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
©2023『BAD LANDS』製作委員会

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ