FC2ブログ

記事一覧

『第36回東京国際映画祭』Amazon Prime Video テイクワン賞 審査委員長は行定勲監督、審査委員には玉城ティナ ファイナリスト作品が決定


【ニュース】
10月23日(月)~11月1日(水)にて開催となる第36回東京国際映画祭にて上映される「Amazon Prime Video テイクワン賞」のファイナリスト作品が決定した。この賞は、国内外で優れたオリジナル作品を製作し多様な映像作品を配信するPrime Videoの協賛を得て、東京国際映画祭が更なる才能の発掘を目指して2021年から設立された。

これまで商業映画の監督・脚本・プロデューサーを担当したことのない、日本在住の映画作家が制作した15分までの短編作品を対象としたもので、本年7月5日から9月4日までの2か月間で143作品の応募があった(昨年83本)。その中から、厳正なる審査の結果下記の8作品がファイナリスト作品として選ばれた。



©東京藝術大学大学院映像研究科

1 監督:坂本憲翔(さかもとけんしょう)『窓辺のふたり』
10歳の少年・蓮には腹違いの姉・茜がいた。
母・那月は、血縁関係のない茜の存在を無視し、蓮を溺愛している。ある朝、蓮と茜は那月の目を盗んで家を出る。
何気ない二人の一日が、特別な逃避行へと変わる…。


©2023 「GIRLS BRAVO」 株式会社 UNBLINK

2 監督:木口健太(きぐち けんた)『GIRLS BRAVO』
抑圧された世界の中で、正しく生きようとする山﨑。
その不確かな感覚を求めて、彼女は一つの行動をとる。
連鎖する理不尽な出来事。そんな彼女に、手を差し伸べる金田。その手は、彼女にとっての救いとなるのか。


©Wild Nèko Pictures

3 監督:岡本多緒(おかもと たお)『サン・アンド・ムーン』
父親の葬式で30年ぶりに顔を合わせた異母兄妹。
別々に育った2人の長年の溝はやはり埋められないのだろうか?すれ違ったまま、それぞれの人生へと戻る2人は別れ際に少しだけ親心に触れる…


4 監督:平田雄己(ひらた ゆうき)『凛として』
高校生の茜は昔から金縁の丸メガネを着けている。
ある日彼氏の和樹から「コンタクトにしないの?」と聞かれ、茜はその一言に傷ついてしまう。


5 監督:ヤン・リーピン(楊礼平)『Gone With The Wind』
パリで置引きに合った若い女性と、ホームレスの男の間に起きた、束の間のロマンス。


6 監督:安村栄美(やすむらえみ)『ビー・プリペアード』
高校の頃からの付き合いの美佳、繭子、恭子、祥子の4人は
久しぶりの小旅行で湯河原にやってきた。しかしなぜか美佳の夫の不倫現場を押さえるための待ち伏せに付き合わされることに。


7 監督:大黒友也(おおぐろ ともや)『ゴミ屑と花(short ver.)』
精神的な理由により自衛隊のパイロットを辞め、ゴミ収集の仕事に転職した浩一。指導員・花とともに深夜のゴミ収集を担当し、周囲の『批判』や『無関心』といったさまざまな人々の反応に遭遇する。


8 監督:ジミー・ミン・シャム『TALK TO ME』
大都会で孤独に独り生きるフミは、人とのつながりを求めていた。突然、見知らぬ男から掛かってきた一本の電話が、ふたりの世界を変えていく。


映画祭での上映は初日の10月23日(月)午前11時半からTOHOシネマズシャンテにて行い、受賞結果は11月1日(水)のクロージングセレモニーで発表されます。今年度の審査委員長は昨年に続き行定勲監督が務め、その他の審査委員は玉城ティナ(俳優)、芦澤明子(撮影監督)、森重晃(プロデューサー)、戸石紀子(Amazon スタジオプロデューサー)が務める。

受賞者には、Prime Videoから賞金100万円が贈られるほか、Amazonスタジオと長編映画の製作を模索し、脚本開発に取り組む機会も提供される。


第 36 回東京国際映画祭 開催概要
開催期間:2023 年 10 月 23 日(月)~11 月 1 日(水)
会場:日比谷・有楽町・丸の内・銀座地区
公式サイト:http://www.tiff-jp.net

TIFFCOM2023 開催概要
開催期間:2023 年 10 月 25 日(水)~27 日(金)
会場:東京都立産業貿易センター浜松町館
公式サイト:http://www.tiffcom.jp

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ