FC2ブログ

記事一覧

佐藤寿保監督『火だるま槐多よ』特報、場面写真を解禁 W主演の遊屋慎太郎、佐藤里穂からコメントも到着


【ニュース】
W 主演の槌宮朔役には、『佐々木、イン、マイマイン』などの遊屋慎太郎、法月薊役には 『背中』で映画初主演を飾った佐藤里穂を抜擢。パフォーマンス集団の元村葉役に工藤景、民矢 悠役に涼田麗乃、庭反錠役に八田拳、早川笛役に佐月絵美が集結し、研究施設を脱走した 4 人を 観察する亜納芯役で田中飄、朔を見守る式部鋭役で佐野史郎が脇を固める。

この度、本作の公開を前に、特報、場面写真及び、W 主演の遊屋慎太郎と佐藤里穂よりコメントが届いた。

槌宮朔役:遊屋慎太郎コメント

こんにちは、遊屋慎太郎です。突然ですが、村山槐多という人物をご存知でしょうか?
この映画のオーディションを受けるにあたって、初めて彼の存在を知りました。彼の作品に触れた時、作中に登場する槌宮朔と同様に、その情熱に魅せられ、気分が高揚したことを覚えています。
それは、現代に表現者として生きる我々への挑戦状のようなものにも感じました。
槌宮朔を演じることが決まった時、体力を残したまま終わることだけはしてはいけないと思い、今あるエネルギーの全てを使い果たそうと決めました。
それが、村山槐多という人物への最大の敬意に繋がると信じて。スタッフ・キャスト一丸となり、あの瞬間に出しうる限りの情熱を、この映画に閉じ込めることができたと思います。
是非、劇場でご覧ください。

法月薊役:佐藤里穂コメント

この作品は、キャストやスタッフの方々はもちろんのこと、大自然や、なにより村山槐多の作品たちから沢山のエネルギーを頂いてできています。
私が演じた法月薊は、自分の欲望にどこまでも素直で純粋な人です。彼女の行動によって物語が大きく左右される感覚があったので、とても演りがいのある役でした。
ただ、間違うと自分勝手で傲慢な人にみえてしまうので、 薊の欲望への真摯なまでの純粋さが失 われないよう気をつけながら、カイタをはじめ他者とどう関わっているのか、薊にとって村山槐 多とは"何者なのか"を考えながら演じました。
また、佐藤監督から頂いた言葉「薊の花のように鋭く!!」を、現場に入る際に必ず何回も唱え て挑んでいました。(笑)
私たちの現実と妄想と、村山槐多の作品が入り混じり、ガランスに塗れていく様を是非是非、劇場にてご覧下さいませ!!


映画『火だるま槐多よ』は、22 歳で夭逝した天才画家であり詩人の村山槐多(1896 – 1919)の 作品に魅せられ取り憑かれた現代の若者たちが、槐多の作品を彼ら独自の解釈で表現し再生さ せ、時代の突破を試みるアヴァンギャルド・エンタテインメント。タイトルの由来は、槐多の友人・高村光太郎の詩「強くて悲しい火だるま槐多」である。


場面写真








遊屋慎太郎 佐藤里穂
工藤景  涼田麗乃  八田拳  佐月絵美
佐野史郎
監督:佐藤寿保 脚本:夢野史郎 音楽:SATOL aka BeatLive、田所大輔 撮影:御木茂則
照明:高原博紀 録音:丹雄二 美術:齋藤卓、竹内悦子 特殊造形・特殊メイク:松井祐一、
土肥良成
衣装:佐倉萌 ヘアメイク:佐々木ゆう 編集:鵜飼邦彦 VFX スーパーバイザー:立石勝
カラーグレーディング:廣瀬亮一 題字:赤松陽構造 ドキュメント撮影・スチール:諸沢利彦
助監督:伊藤一平 特別協力:窪島誠一郎 特別美術監修:村松和明
プロデューサー:坂口一直、小林良二、村岡伸一郎
制作プロダクション:コンチネンタルサーカスピクチャーズ  配給:渋谷プロダクション
製作:スタンス・カンパニー、渋谷プロダクション   東京工芸大学芸術学部協力作品
助成: 文化庁「ARTS for the future!2」補助対象事業
2023/日本/カラー/5.1ch/1:1.85/102 分
©2023 Stance Company / Shibuya Production
12 月 23 日(土)~1 月 12 日(金)新宿 Kʼs Cinema にて公開他全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ