FC2ブログ

記事一覧

香港新旧世代のオールスター総出演映画『香港の流れ者たち』12月16日公開

【ニュース】
香港アカデミー賞 11 部門、台湾アカデミー賞 12 部門を席捲し、日本では全国5都市にて開催された「香港映画祭 2022」で動員数 No.1 となった注目作香港映画『香港の流れ者たち』(原題:濁水漂流)が、2023 年 12 月 16 日(土)よりユーロスペース、2024 年 1 月 6 日(土)大阪シネ・ヌーヴォほか全国順次公開が決定した。


“新世代の香港映画” 俊英ジュン・リー監督が 実際のホームレス荷物強制撤去事件から人間の尊厳を問いかける社会派ヒューマンドラマ
フランシス・ン主演作!香港映画ファン必見!!ロレッタ・リーのカムバック作


香港の下町・深水埗(シャムスイポー)で暮らすホームレスたちは、出所祝いにヤクを打ち、こっそり万引きする。そんな彼等の日常は、突然やってきた食物環境衛生署による“清掃”により失われてしまう。ソーシャルワーカーの助けを借り、政府に賠償を求め裁判を起こすが、和解金を前に意見が割れてしまい…。


日本でも宮下公園のホームレス排除により人権を巡る議論が巻き起こったが、香港でも同様の社会問題が起きている。本作は 2012 年に高架下のホームレスが強制退去させられ、政府への賠償請求の裁判が起こされた「通州街(トンジャウ)
ホームレス荷物強制撤去事件」をベースに制作された。再開発のかげで追いやられるホームレスの排除問題を軸に、移民
問題、そして薬物に蝕まれる貧困層など様々な社会問題を浮き彫りにしていく。
“新世代の香港映画”の俊英ジュン・リー監督は、デビュー作『トレイシー』(2018)が、東京国際映画祭で上映された注目の監督。長編2作目となる本作で、過酷な状況の中にも人間の「尊厳」、お互いを思いやる「心」を見出し、社会派ドラマという枠を超え、ヒューマンドラマとして深い余韻を引き出した。


新進気鋭のジュン・リー監督の元に集まったのは、香港の新旧世代を代表するスターキャストたち。80 年代から香港映画界で活躍し、『エグザイル/絆』(2006/ジョニー・トー監督)等で知られる香港のベテラン俳優フランシス・ンが、ヤク中のホームレスの人生の悲哀を表現し新境地を切り拓いた。最近はイケオジ俳優としても名高いツェー・クワンホウ、90 年代を代表するロレッタ・リー、『風の輝く朝に』(1982/レオン・ポーチ監督)で知られるセシリア・イップの特別出演も話題となった。そして若手キャストは、 『燈火は消えず』(2022/アナスタシア・ツァン監督)『返校 言葉が消えた日』(2019/ジョン・スー監督)等の話題作への出演が続くセシリア・チョイ、 『別叫我“賭神”』でチョウ・ユンファの息子役に抜擢された注目俳優ウィル・オー、 『私のプリンス・エドワード』や『星くずの片隅で』で注目されるチュー・パクホン等、注目俳優が集結した。


香港の片隅で生きるファイたちの孤独を捉えたビジュアルが完成。どこか憂鬱な表情でフェリーから香港の街を見渡す、
フランシス・ンとロレッタ・リー。ふと現れたハーモニカを吹く不思議な青年の寂し気な視線が印象的なビジュアルになっている。










ジュン・リー監督コメント
深水埗(シャムスイポー)のホームレスを初めて取材したのは、まだ大学生頃だった。当時、彼らは翡翠市場の前で野宿していた。彼らと同じテーブルに座り語り合い、彼らが今まで癒されたことのない心の傷、忘れられない痛みを抱えていることを知った。
その後、僕は一時香港を離れていたが、再び彼の元を訪ね時、木造の家はさらに密集して、囲いはどんどん高くなり、様々な人々が行き来していた。部外者の僕にとって、彼らとの接触はますます難しくなってしまっていた。僕は外部の要因によって激変したその地域の変化を、あらゆる善意と敵意も含めて書き留めることにした。
多くの人は僕がこの映画を撮ることを知って、聞いてくる。彼らがなぜ路上で生活することになったか?ホームレスたちにはどんな過去があったか?と。
この映画について、僕はそうした質問に答える必要がないと思う。なぜなら僕は彼らを非難したり、同情したりするつもりはないからだ。僕が関心を持っているのは、彼らの「現在」の生活と状態だ。彼らがどこの出身であれ、過去に何をしてきたかには関係なく、自分の尊厳のために戦う権利があり、人間として扱われ、尊重されるべきだと信じている。




フランシス・ン(吳鎮宇)
ツェー・クワンホウ(謝君豪) ロレッタ・リー(李麗珍)
セシリア・チョイ(蔡思韵) チュー・パクホン(朱栢康) ベイビー・ボウ(寶珮如) ウィル・オー(柯煒林)
監督:ジュン・リー(李駿碩)
プロデューサー:マニー・マン (文佩卿)
脚本:ジュン・リー(李駿碩) 撮影:レオン・ミンカイ(梁銘佳) /HKSC 美術・衣裳:アルバート・プーン(潘燚森)
編集:ヘイワード・マック(麥曦茵)、ジュン・リー(李駿碩)
音楽:ウォン・ヒンヤン(黃衍仁) サウンドデザイン:サイラス・タン(鄧學麟)
日本語字幕:小木曽三希子 宣伝デザイン:阿部宏史
配給:cinema drifters・大福 
宣伝:大福
原題:濁水漂流 英題:Drifting 2021|香港|カラー|DCP|5.1ch|112 分 (C)mm2 Studios Hong Kong
公式HP:https://hknagaremono.wixsite.com/official
2023年12月16日(土)よりユーロスペースほか全国ロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ